語用論


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

発話は実際の文脈に組み込まれて使用されるものであり、文脈が異なれば同じことばでも意味が異なってくる。

語用論は、文脈に組み込まれた発話の内容を解釈する領域のことを指す。

言語的知識だけでなく、文脈との関係性や、話者の意図を推論して解釈する。

 

語用論的アプローチは、ことばの使用に関する指導を行うこと。(伝達や会話など)

あるいは、ことばの使用を基盤として、意味や文法の獲得を促進する指導のこと。

 

▼語用論的アプローチによる指導方法

○自然なコミュニケーション

○インリアル法

○共同行為ルーティン法(スクリプト法)

○S-S法