役割引き渡しの原理


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

母親が新しい手続きを導入し、それを実行するために

子どもの技能の発達に対応して役割を引き渡していく方法のこと。

 

元々は母親がスクリプトの中で演者だったものを、

子どもの発達に応じて徐々に子どもを演者の舞台へ上げていく方法である。

 

「発達の最近接領域」と「足場づくり」がもとなった原理である。