回想法


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

主に高齢者を対象にした心理療法である。

過去の思い出、自己の人生の歴史について受容的・共感的・支持的な聞き手に話すことで

人生の再評価をしたり過去の出来事に折り合いをつけたりして、心理的な安定や記憶力の改善をはかる。

 

○個人回想法

聞き手(セラピスト)と話し手(高齢者)が1対1で行うもの。

良い聞き手とともに過去を整理し、区切りをつけて当たらなアイデンティティを形成することを目標とする。

 

○グループ回想法

6~8名の高齢者と、2~3人のスタッフで行われる。

テーマが設定され、そのテーマに基づいた回想が行われる。

他者とともに過去をふりかえり人生を受け止めて、心の安定をはかることが目標とされる。