メタ認知


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

自身の認知的な活動(記憶や思考など)を対象とした、より高次な認知機能

 

自身の能力の活用や工夫に関する能力である。

自身の能力と、その活用方法について気付いている・知っている必要性がある。

また、活用するには本人の意欲や努力を必要とする。

 

言語面による活動で、特に内言が重要となる。

そのため、言語発達の遅れがある知的障害ではメタ認知の活用は弱い。

 

メタ認知知識(認知特性、方略など) と

メタ認知活動(コントロール、モニタリング) がある。

 

▼メタ認知の発達

6~7歳で方略を自発的に使用するようになり、8~9歳でほぼ全員が方略の自発使用を行う。(適切な方略でない場合もある)

9~10歳になると、適切な方略を自身で選択するようになる……自己意識(自己の思考への意識)が発達するため。

 

▼メタ認知と発達障害

発達障害児は一般の人と認知の方法が異なるため、メタ認知で補う必要がある。

 方略の発見を促したり、方略を使用するための意欲を支える支援が求められる。

知的障害児へは、選択肢の比較をさせる・結果を予想させるなどの問題解決トレーニングを行う。