泣き・ぐずり―なだめの行動系列


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

乳児は泣きやぐずりによって、養育者の注意を引きつけ、生命活動に必要な世話を求める。

 

生後2年までに、数多くの「泣き・ぐずり―なだめ」という相互交渉を行い、

その中で養育者との愛着関係を築き、情動調整の発達の基盤となる。