ニューヨーク縦断研究

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

トマスとチェスによって行われた、気質の個人差の研究のこと。

ニューヨークによる縦断的な研究によって、気質尺度を9つ抽出した。

①活動性

②規則性(睡眠や空腹などの)

③接近・回避傾向

④順応性

⑤反応の強さ

⑥反応の閾値(反応するために必要な刺激の度合い)

⑦機嫌(快・不快の感情表出度合い)

⑧気の紛れやすさ

⑨注意の幅と持続性

 

子どもの気質から、4種類に子どもを分類した。

①扱いやすい子:規則性が高く、順応性・接近性が高い

②扱いにくい子:規則性・順応性が低く、回避傾向が高い

③順応が遅い子:規則性は高いが、順応性が低く、回避傾向が高い

④平均的な子