内的作業モデル(internal working model)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

IWM:Internal working model

 

ボウルビィが提唱した。

乳幼児期に経験した親子での愛着関係の中で形成される、他者との関係性に関するモデルのこと。

生後6カ月~5歳頃に形成される。

 

対人関係の中で、他者の解釈や、自分の行動を決める際に無意識に活用するモデル。

内的作業モデルに基づいて、一貫した形で行動を行う。

 

乳児期に形成された内的作業モデルが、その後の対人関係に影響する。

精神的、情緒的な安定のもととなる。

 

表象モデルとも言う。

自分の中に表象モデルを内在化させる。