国語教育と他国語教育


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

話し言葉だけでなく、書き言葉、リテラシーを身につける教育を国語教育で行っている。

 

「日本語」ではなく「国語」と表記するのは、他国ではあまり見られない。

(日本では母語と国家語だがともに日本語であることが当然とされているから。

 諸外国では母語と国家語が同じでない子どもも多く、そのような子どもへの言語教育には難しい問題がある。)

 

母語や国家語とは異なる言語の習得(多国語教育)は、グローバリゼーションにともなってますます重視されている。

日本では中学生期に、多くが英語を学んでいる。