言語と認知の交互作用説


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

言語の獲得と、認知の発達は、交互に作用しながら発達していく。

 

ことばの遅れがある子どもに対しては、ことばの面だけでなく

認知機能も評価することが重要となる。