指差し


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

初語と同時期、あるいはそれより少し早期から出現する。

 

指差しの発達も、二項関係から三項関係へと移行して発達する。

まず、驚愕など、珍しいものに対しての指差しが見られる。

その後、人とのやりとりとしての指差しや、要求のための指差しが出現する。