虐待による感情体験の歪み


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

虐待を受けた子どもに見られる特徴の1つに、感情が爆発しやすいという傾向がある。

 

些細な刺激に対して、激怒する等、非常に激しい情動的反応が生じる。

さらに発展して、破壊的行動や自傷行動として表現する場合もある。

 

▼原因

トラウマ性の感情:虐待体験への未処理な強い感情

感情調整機能の障害:不適切な養育環境のために情動調整の学習が阻害されたため