虐待的人間関係の再現性

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

トラウマに対して、トラウマと同じ場面を再現しようとすることが良く見られる。

 

虐待児の場合、虐待後に養育者が変わったとしても、虐待的な人間関係を再現し、

また同様に虐待を受ける傾向がある。

 

虐待児の場合、子どもの挑発的な言動に過度に応じない、

あるいは再現する傾向が高いことを理解して関わる必要がある。