障害受容の段階のモデル


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ショック期:感情が鈍磨した状態、茫然

 ↓

否 認 期:心理的な防御反応として、病気・障害を否認する

 ↓

混 乱 期:病気や障害の現実を否認できず、強く落ち込んだり悲しんだり怒ったりする

 ↓

解決への努力期:攻撃したり感情的になったりしても解決しないことを知り、前向きに努力しようとする

 ↓

受 容 期:自身の価値観が代わり、障害のある自身を前向きにとらえ生きようとする

 

 

時期は一方向ではなく、進んだり戻ったりを経験する。

親の障害受容のプロセスと同様である。