校内委員会

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

特別な支援が必要だと思われる子どもに対して、校内の関係者が検討する会である。

教職員がチームを組んで学校全体として取り組む必要性がある。

管理職や、担任、特別支援コーディネーター、養護教諭などによって組織される。

 

校内委員会では、

・支援が必要な児童生徒の早期発見

・実態把握、支援方法の確定

・個別の教育支援計画の作成

・個別の指導計画の作成

・保護者との連携を取る

・外部の専門家との連携

などが行われる。