最恵モデル


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ヴィゴツキーによるモデルである。

障害者が持つ、典型発達の人とは異なる道具、異なる思考を見つけ、それを最大限に促進させること。

典型発達の発達段階を求めないという対処方法を指す。

 

障害に限らず、異文化コミュニケーション領域においても吟味されているモデルである。