アクション


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アクションとは

GUIアプリケーションにおける実行項目を抽象化したものです。
「ファイルを保存」アクションの場合は、ファイルを保存するという実行項目を表しています。
この場合アクションの内容は「ファイルを保存する」という実装ではなく、「ファイルを保存」という実行項目を表します。
アクションは通常はメニューの各項目やツールバーのボタンなどから選択して実行します。

アクションのメリット

他のフレームワークでは、「ファイルを保存する」という同じ実行項目でも、メニュー、ツールバー、コンテキストルメニューなど異なるインターフェースに実行項目を設定する場合は、それぞれ項目を作成して設定する必要があったりします。
しかし、Qtでは「ファイルを保存する」という実行項目に対応したアクションを一度作成すれば、それをメニュー、ツールバーなどの項目として追加することができます。
これらの項目はひとつのアクションを参照しているので項目に表示されるテキストを変更した場合にメニュー、ツールバーなどの項目の表示も一度に変わります。
このように実行項目を一元的に管理することができます。
添付ファイル