QRectF


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

見出し


QRectF クラス

QRectF クラスは浮動小数点精度の平面上の長方形を定義します。
公式リファレンス

性質


メンバ関数

コンストラクタ

+ ...

この長方形の各辺の座標を取得する

+ ...

コピーコンストラクタ

QRectF::QRectF(const QRect & rectangle)

この長方形の各頂点の座標を取得する

+ ...

この長方形の大きさを取得する

+ ...

有効な長方形かどうか調べる

+ ...

長方形や点がこの長方形に含まれるかどうかを調べる

+ ...

この長方形の各辺の座標を設定する

+ ...

この長方形の各頂点の座標を設定する

+ ...

この長方形の大きさを設定する

+ ...

この長方形の各辺の座標を移動する

+ ...

この長方形の各頂点の座標を移動する

+ ...

この長方形全体を移動する

+ ...

その他

QRectF QRectF::normalized() const
正規化した長方形を返します。つまり、この長方形を非負の幅及び高さを持つ長方形に変形します。
width() < 0 の場合は関数は左側の各頂点と右側の各頂点を交換します。height() < 0 の場合は上側の各頂点と下側の各頂点を交換します。

QRect QRectF::toAlignedRect() const
この長方形を含むもっとも小さい整数精度の長方形を返します。

QRect QRectF::toRect() const
この長方形にもっとも近い整数精度の長方形を返します。

この長方形の左上と右下の頂点の座標に加算する

+ ...

長方形同士の共通部分を取得する(AND演算)

+ ...

長方形同士を結合する(OR演算)

+ ...

長方形同士を加算する

+ ...

長方形同士を減算する

+ ...

長方形同士を比較する

+ ...