賢者の扉season2から天の学舎への変更点

2014/01/23 バージョンアップとして「QMA天の学舎」が発表されました。
賢者の扉season2を導入している店舗は2014/1/23にオンラインバージョンアップにて自動的に天の学舎になるようです。(装飾キットの変更もあります)

  • まだまだ稼働初期なので不明な点が多くあります。

QMA賢者の扉season2からの変更点


新要素

協力プレーモードに「アシストポイントシステム」が導入された。
  • 協力プレーで正解したりアイテムを使用する等でアシストポイントが得られ、アシストポイントを貯めることでアシストレベルが上がる。レベルに応じて報酬が得られる。
アバターのカスタマイズやコメントとは別に設定が可能な「通り名」が得られるようになった。
  • トーナメントや検定など様々なモードで獲得でき、マイルームで設定が可能。


キャラクター関連

生徒キャラクター・先生キャラクター

  • 「QMA天の学舎」で追加される新キャラクターは、「妖精」
    • ティアル(CV:赤崎千夏)とセレスト(CV:島崎信長)
      • 「QMA天の学舎」はこの妖精たちを中心に物語が展開していきます。
      • QMA4と同じく、魔法石を集めて昇格することでストーリーが進んでいく。
  • その他の従来からのキャラクターは変更なし。PC21人・NPC9人でキャスティングも変更はない。

  • マジックペットは今のところないが、引継ぎキャンペーン特典の「魔龍のタマゴ」(カスタマイズアイテム)が、クイズに正解するとがっかりし、クイズに間違えると喜ぶアクションがある。

ゲームシステム

  • ディスプレイやタッチパネル等、ハード的なものはQMA賢者の扉Season2から変更なし。(オンラインアップデートのため)
    • 筐体の装飾は変更されている。
    • 組み込みOSもWindows XP EmbeddedのままだがこのOSのサポート自体は2016年1月13日まで続けられるのでそれまではセキュリティ面の心配はしなくてもよい。
  • 2014/03/19のアップデートにより、消費税増税に伴う対策の一環として、デフォルト設定時は1プレー120PASELIとなり、PASELI使用時の料金が約20%程引き上げられた。
    • その見返りとして、PASELI使用時は全てのプレーモードにおいて魔法石が20%ボーナス、マジカが2倍になり、検定で復習モードが使えるといったPASELI使用時の特典も追加された。
    • PASELI購買部のアイテムは本体価格が据え置かれ、4/1より3%分値上げとなる。

ゲーム内容

ボイス・BGM

多くのBGMがQMA7・8・賢者の扉の流用。背景はQMA6や5の流用もあり。
  • 以前は1つの楽曲がトーナメントの複数の舞台のBGMとして使用されていたが、今作は予選・準決勝は舞台毎にBGMが異なっている。
  • 決勝戦BGMは新曲である「星屑のキロク」
  • 引き続きPASELI限定のBGMチケットを利用し旧作の決勝BGMを使用できる
    • アップデートで賢者の扉の3曲(扉決勝「戦いの刻」/「天上の果て」、扉2決勝「灼熱の翼」)も選択可能に。

  • 一部声優が休養中等で新録できない関係もあるためか、ほとんどのボイスはQMA8/賢者の扉からの流用。

初回プレー時

  • データの読み込み及び暗証番号入力、ゲーム開始時の演出の変更
    • カードをかざすと天の学舎遠景が現れる。背景も花畑のような場所になり、暗証番号の入力ボタンが大きくなっている。時間帯によって背景が昼間、夕方、夜間の3パターンで変化する。
  • カードの引継ぎについての説明が入り、キャラクター選択画面になる。
    • 初回プレー無料を実施している店舗では、引き継ぎ直後のプレーは初回無料が適用される。そのため初回では協力プレーなどPASELIが必要なモードは遊べない。
      • 初回無料を実施していない店舗では通常通り。
      • 賢者の扉(無印)やQMA8からの引継ぎでも引き継げるとの報告有。
  • キャラクターセレクト画面は11列×2段の枠にキャラクターの顔のアップが一覧表示される。
  • 画像をダブルタップするか、画像選択後「選択中のキャラクターを確認」ボタンを押すと、キャラクターの立ち絵・プロフィール・ちびキャラ・声優が表示される。
    • 一覧表示で「!?」を選択すると、一覧からランダムに選択される。
      • ちびキャラをタッチすると、任意のキャラクターのボイス(3パターン)が聞ける。本作でやっとサンプルボイスが聞けるとの解説文がついた。
レオン セリオス カイル ラスク サンダース タイガ ユウ ハルト リック アイコ メディア
ルキア シャロン クララ アロエ マラリヤ ユリ ヤンヤン リエル ミュー マヤ !?
  • 引き続いてパートナーとなる妖精を選択する。
    • まじめなティアル/元気なティアル/クールなセレスト/気弱なセレストの4種。
    • 条件を満たすとマイルームで変更できるようになる?

  • 所属する組は、賢者の扉Season2からの引き継ぎの場合、前作の所属組から「キング」「ナイト」を除いた無印の組になる。
    • QMA8や賢者の扉無印からの引き継ぎもこれに準じる?


自キャラ情報の表示

  • 「CN、階級など」「正解率グラフ」「検定試験」「協力プレー進捗状況」「所属サークル」の5つを表示。
  • 通り名」が使用できるようになった。
  • レイアウトは「賢者の扉」とほぼ同じ(邪神封印は本作稼働中にアップデートで追加)。
学籍番号 ちび
キャラ
階級
通り名
カードネーム
組・レベル 邪神封印
地域 学校名
所持マジカ 情報切り替え
(ボタン)
  • [情報切り替えボタンを押すごとに]
    CN・階級等→正解率グラフ→検定試験→クマフィー取得率→協力プレー→サークルの順にループ。
  • 前作まではセンターモニターのランキング等で表示されていたほかのプレーヤーの所属するクラスが今作では表示されていない。
  • 現在魔龍討伐のオーブは実装されていないが、組表示の横に追加できそうなスペースがある(賢者の扉では稼働中番のアップデートで追加された経緯がある)
    • 検定はランクごとに獲得個数を表示する形式になった。


モード選択

以下の通り。
残り時間 インフォメーション
多人数対戦 全国オンライン
トーナメント
イベント 購買部
マイルーム
協力プレー 検定試験 (キャンペーン) キャラ情報
  • 各モードの左下に「オンライン」「店内」「1人用」「サークル」のうち該当するものが示されている。
  • 各モードを選択すると解説が表示される。このとき表示されるスクリーンショットは3枚あり、左右スワイプ・下のスクロールバーのフリック・左右の巻物部分のタッチにより切り替わる。
  • 「サークル活動」は「四人対戦」および「協力プレー」に統合された。
  • 現時点ではアカデミーアドベンチャーは実装されていない。

出題ジャンル

賢者の扉Season2と同様。

問題形式

賢者の扉Season2より変更なし。

予習

  • QMA6~賢者の扉season2と同様、無保証予習の最中にトーナメントに召集された場合、フェードアウトが終わるまでに合格点を超えていれば合格扱いになる。
    • 上記のパターンで難易度が上昇した場合、直後の決勝戦でも上昇した★の数が適用される。
  • ★の数を上げる為の必要合格数はQMA8、賢者の扉と同様。
  • 選択画面が丸型に変更。

難易度 難易度上昇条件
★★★★★ -
★★★★ 4回合格
★★★ 3回合格
★★ 2回合格
1回合格
階級 解禁される形式
修練生 ○×・四択・連想
見習魔術士 並べ替え・文字パネル
初級魔術士 スロット・タイピング
中級魔術士 エフェクト・キューブ
上級魔術士 順番当て・線結び
魔導士 一問多答・グループ分け
大魔導士 サブジャンル
賢者 ランダム

  • 賢者昇格や旧作からの引継ぎによって、前作で全ての形式が解禁されたカードを天の学舎へ引き継いだ場合は、始めから全ての形式が解禁された状態となっている。
  • 予習の周回数は「残りX回」と明確に表示される。
  • PASELIを使用して予習回数を1回増やすことが出来る(1クレあたり最大5回まで)。
    • 予習1周目開始前に1回ずつ購入する形となる。2周以上設定の店は、1回終了後も購入可能。
    • 必要ポイント数(標準設定は20P)、回数は店舗側で設定可能。
  • これとは逆に、「予習を飛ばして、即マッチングに入る事」も可能。
    • PASELIで増やした後も、予習を飛ばす事は可能(この際、返金はされない)。

購買部・マイルーム

  • 購買部は「購買部」選択後に「マジカ」「PASELI」から選択する事になる。
    • 購買部とマイルーム、マジカ購買部とPASELI購買部との行き来等の仕様は前作と同じ。

  • カスタマイズアイテムの装備部位等の仕様は前作と同じ。
  • マイルーム内に[通り名]を設定するタブが追加された。


全国オンライントーナメント

  • 前作までの16人マッチングシステムで16人→10人→4人と絞る形から、予選は合格点システムに変更。
    • 現時点では低めに設定されており、ほとんどのプレーヤーが予選を突破できることも珍しくない。合格点に届かずとも組によっては最低予選通過者数が決まっており、通過できることもある。

  • 誕生日杯は扉season2と同様、全国オンライントーナメント上で、キャラクターの誕生日当日と前後3日ずつ開催される。
  • ライバルシステムの仕様と、ライバルのレベル分けは前作と同じ。



トーナメント参加者発表
  • 賢者の扉Season2と同様、4行×4列で一度に表示される。
    • 自キャラは右下固定のため、自分がホストがどうか判断できない点は変わらず。
  • ちびキャラにタッチするとボイスを発する。発声中に別のキャラにタッチしてさえぎることも可能。
    • 対戦相手の所属組・レベルが表示される。

予選
  • 予選の準決勝進出が、10位以内から点数ボーダーライン制に変更
    • 人数が少ないときにボーダーライン以下でも最低8人は準決勝進出できる
  • 偶数問終了時に途中順位発表が行われるようになった。妖精の位置が自分の順位。
  • 賢者の扉Season2とは前半・後半各5問100点ずつの計200点満点だったが、各5問50点ずつで計100点満点に変更された。
    • それに伴い、前半と後半が連続して行われるようになった。(準決勝と同様の仕様になった)
賢者の扉 天の学舎
前半 100点 50点
後半 100点 50点
合計 200点 100点
  • 発表順は横2列から縦一列のスクロールに変更。QMA4もこのような演出。
賢者の扉Season2
1st 2nd 3rd 4th 5th
6th 7th 8th 9th 10th
天の学舎
1st
2nd
3rd
4th
(予選通過した人数分が並ぶ)

準決勝
  • 賢者の扉Season2と同様、前半4問+後半4問(5問目でジャンル・形式が変わる)。
  • 予選と同じく2・4問終了時に途中順位発表が行われる。

決勝戦
  • 賢者の扉と同様のレイアウト。
  • 出題形式選択画面のジャンル選択は、予習と同様に丸いボタンに変更。
  • Season2と同じく「キャラクター記念」等の突発イベントが発生します。

リザルト
  • トーナメントの結果に応じた組経験値によってレベル・組が変化する。
    • 経験値はドラゴン組9位以下、それ以外の組では11位以下で下がり、決勝進出以上で上がる模様。
      • キング~組所属の予選落ち16位敗退で最も大きく経験値が下がり、対人フルゲの~王記念にキング・ナイトがつかない状態で参加しグランドスラム(予選・準決勝で区間賞を取り優勝)で最も大きく経験値が上がる。
      • 区間賞、優勝時に経験値ボーナスがある模様。
    • 予選落ちペナルティがガーゴイル、ミノタウロスで発生していることを確認。
      • 予選通過11位と予選落ちの11位で後者のほうが組経験値が下がり、ガーゴイルで0点最下位だとゲージの4割以上を持ってかれるのを確認。
      • 恐らくドラゴンの9位以下、それ以外の11位以下のときのペナルティに追加されている?
    • 予選通過時の経験値配分はフェアリー組~フェニックス組においては扉season2よりは緩和された模様。
    • トーナメント優勝時のプラチナメダルの支給内容が「ドラゴン杯で1枚、竜王記念(キングドラゴン組所属者3名以上)発生で2枚」と変更となった。

復習
  • QMA8や扉と同様に、PASELI使用時はトーナメント終了後に復習が可能。(必要ポイント数は店舗によって異なる。標準は20P)
  • 1回につき6問なのは扉と同じ。
  • 2014/03/19のアップデートによりPASELI使用時は検定試験でも1回だけ復習できるようになった。

協力プレー

  • 協力プレーに「協力アシストシステム」が追加になる
    • 他のプレーヤーを助けたり、協力することで「アシストポイント」を獲得でき、アシストポイントを貯めていくと「アシストレベル」が上昇します。
    • アシストレベルを上げることで、魔法石やプラチナメダルなどを取得できます。
    • 取得条件、アシストレベルが下がるかどうか等は現時点で不明
    • 月ごと(ダンジョンごと?)にリセットされる。

  • 各階のリザルト画面では「魔法石・マジカ加算」の表示の前に「アシストポイント加算」が表示される。

  • その他の仕様は前作と同じ。
    • ボスを倒すと形式ボーナスのお守りを獲得できる可能性がある。
    • アシストポイント以外のプラチナメダルは最終ボス撃破の一枚のみ。

検定試験

  • SSランクの上に「SSSランク」が登場。スコア・獲得魔法石は、以下の通り。
ランク スコア 獲得魔法石
SSS 3500点 45個
SS 3000点 40個
2500点 30個
1500点 20個
800点 10個
5個
  • また、1ヶ月単位で過去に登場した検定を「検定アーカイブ」としてランキング対象外でプレー可能になった(こちらはほぼ月替わり)。

多人数対戦モード

  • 格段触れられていないので、変更はないと思われる。
ワールドホウキレース
  • 格段触れられていないので、変更はない。
    • 海外側ともマッチングする(海外側で通り名を表示する等のバージョンアップするかどうかも現時点は不明。)

アカデミーアドベンチャー

  • 特にアナウンスは無いが、無くなっている模様。

イベント

全国大会など、期間限定で開催されるイベント。


全国大会
  • 第1回はチームバトル
  • なおバルーンコンテストのパーツは引き継がれており、関連クマフィーも存在することから、今後バルーンコンテストも開催されるものと思われる。

邪神封印戦
  • 2014年8月に第1回開催の新イベント。詳細はリンク先にて。

魔龍討伐
  • 2014年3月現在開催予定は未定。

階級

  • 引き継ぎの場合でも、階級はリセットされ修練生10級からのスタートとなる。
  • 扉season2と同様、宝石賢者以上に昇格すると転生が可能(公式HPより)
    • キャラ・名前が変更でき、階級がリセットされる。転生章も扉2のもの同様?
  • 今回のエンディングは「大賢者昇格」となる。

その他