校長室で手首切る…PTA役員の女、包丁所持容疑で逮捕


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


2013.11.27 01:14

校長室で手首切る…PTA役員の女、包丁所持容疑で逮捕


 京都府警宇治署は26日、小学校の校長室に包丁を持ち込んだとして銃刀法違反の疑いで、京都府宇治市の無職の女(45)を逮捕した。

 逮捕容疑は26日午後3時10分ごろ、宇治市の市立小学校で、刃渡り16・5センチの包丁を所持していた疑い。

 宇治署によると、女はこの小学校のPTA役員で、子どもが通学している。女は校長室で校長と面会し「役員を辞めさせてほしい」と頼んだ後、かばんから包丁を取り出して自分の手首を切ったという。校長や児童に被害はなかった。校長が通報した。(共同)