※暫定です!


【夜科アゲハ@PSYREN -サイレン-】

 参戦時期はコミックス最終巻(16)から。
 アニメ化はしていないがvomic化はしている。
 PSYREN VOMIC
 ttp://vomic.shueisha.co.jp/psyren/

 PSYREN wiki
 ttp://www23.atwiki.jp/psy_ren/



【纏流子@キルラキル】

 原作はオリジナルアニメ(漫画もあり)
 戦闘シーンに関しては動画参照。(3話、15話、23話、24話の戦闘シーンをみれば大体把握できると思います)
 以下戦闘シーン動画例
 ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm22739908



【紅月カレン@コードギアス 反逆のルルーシュ】

 参戦時期はアニメ1期終盤から。



【リンク@ゼルダの伝説 時のオカリナ】

 原作はゲーム。



【タダノヒトナリ@真・女神転生 STRANGE JOURNEY】

 ゲーム本編では無個性の模様。会話の流れから堅物の描写あり。
 台詞wikiがありますので、参照ください。
 ttp://www21.atwiki.jp/sjwiki/



【モリガン・アーンスランド@ヴァンパイアシリーズ】

 多くのクロスオーバーゲームに参加しているため、掛け合いや台詞は把握しやすいかもしれません。
 設定の解説等はニコニコMUGENwikiが解りやすいようです。
 ttp://www30.atwiki.jp/niconicomugen/pages/765.html



【浅羽直之@イリヤの空、UFOの夏】

 原作小説全4巻。



【穹徹仙@天上天下】

 原作漫画の9、13巻を読めば把握可能です。
 8巻で初登場、11巻で水氣が使えなくなっていることに気付くくだりがありますがどちらもワンシーンのみの登場。無理に読む必要はないと思います。
 アニメには登場していません。



【ウォルター・C・ドルネーズ@HELLSING】

 該当キャラだと2巻を読めば。
 心情や設定は2,7巻がオススメ。
 なお、OVA版は原作に忠実ですがアニメ版は異なるようです。



【レミリア・スカーレット@東方project】

 キャラの把握ならば東方儚月抄(全3巻)。



【朽木ルキア@BLEACH】

 死神代行編(初期)からの参戦。
 該当コミックスは1~8巻。


【前田慶次@戦国BASARA】




【鹿目まどか@魔法少女まどか☆マギカ】

 参戦時期は確定されいないが杏子及びさやか死亡後のため後半。
 漫画版も本編と物語が同じです。



【モンキー・D・ルフィ@ONE PIECE】

 宝具である「ギア」の関係性だとウォーターセブン編及びエニエス・ロビー編を読むor見れば大丈夫だと思います。
 しかし固有結界の話になると全体を大まかに把握しないと厳しいかもしれません。



【虹村形兆@ジョジョの奇妙な冒険】

 原作漫画30巻。
 2016年4月に該当部がアニメ化。3話及び4話に登場。



【エドワード・ニューゲート@ONE PIECE】

 該当時期がコミックス56~59巻。



【犬飼伊介@悪魔のリドル】

 原作ならば1巻で把握が可能。
 アニメの8,9話に戦闘シーンあり。



【食蜂操祈@とある魔術の禁書目録】

 とある科学の超電磁砲7~10巻を読めば把握可能です。
 また10月発売の新約とある魔術の禁書目録にてメイン。
 そちらでは主人公である上条当麻(不参加)との出会いが描かれた他、能力の解説やキャラの掘り下げ、戦闘描写もあり。




【暁美ほむら@魔法少女まどか☆マギカ】

 まどか、さやかとあわせて本編全話視聴推奨。
 中心になるのは10話以降、戦闘描写は3話及び11話



【フェイスレス(白金)@からくりサーカス)】

 戦闘が19、28、39、40巻。過去描写が15、16、24~27巻。
 『最後の四人』に関しては35巻で初登場。39、40巻で全員が戦闘、42、43巻でディアマンティーナを除く3人が戦闘。



【エレン・イェーガー@進撃の巨人】

 参戦時期は確定ではありませんが、少なくても10巻辺りが目処です(現14巻)



【ジャファル@ファイアーエムブレム 烈火の剣】




【人吉善吉@めだかボックス】

 原作漫画13~14巻付近まで。



【垣根帝督@とある魔術の禁書目録】

 原作15巻を読めば把握可能です。
(新約とある魔術の禁書目録にて復活した彼が出ますが、現段階では必要ありません)


【間桐雁夜@Fate/zero】

 原作小説1巻で願いが、4巻で戦闘が、5、6巻で内面及び末路が書かれています。



【一方通行@とある魔術の禁書目録】

 垣根帝督とセットで15巻だけでも把握は可能ですが、その前後を読むことをおすすめします。 



【美樹さやか@魔法少女まどか☆マギカ 叛逆の物語】

 叛逆の物語出展のため、アニメではなく映画及び漫画の視聴が必要になります。



【不動明@デビルマン】

 漫画版は全5巻で他の媒体は平行世界のキャラになります。
 キャラや戦闘は1巻で大丈夫ですが全巻推奨。
 デビルマンレディー(漫画)地獄篇において死後の不動明が描かれており、キャライメージはそこが最も近い。該当巻は8~10巻、文庫なら4~5巻。


|