【クラス】

キャスター

【真名】

食蜂操祈@とある科学の超電磁砲

【パラメーター】

筋力E- 耐久E- 敏捷E- 魔力A 幸運B 宝具A

【属性】

混沌・善

【クラススキル】

陣地作成 C

道具作成 E

【保有スキル】

虚弱 C
一般を遥かに下回る身体能力を持つ。
ジョギング程度の速度で走ることすらままならない。

【宝具】

『とある科学の心理掌握(メンタルアウト)』

 ランク:A 種別:対軍宝具 レンジ:1~50 最大補足:200
記憶の読心・人格の洗脳・念話・想いの消去・意志の増幅・思考の再現・感情の移植など精神に関する事なら何でも出来る能力。
操作の精度によって同時操作可能人数は変わるが、プログラムに従ってオート動作をさせるだけなら三桁、全身を完全に掌握するような精密操作でも十人は同時に操作可能。
能力使用時には常に持ち歩いているリモコンのボタンに様々な命令を割り当て、それを操作することで能力を安定させている。
効果があるのは人間のみで、ロボットなどの無機物や動物に対しては無力である。

【weapon】

能力使用時に使う複数のリモコンと、それを入れているハンドバッグ。

【人物背景】

学園都市最高レベルの能力区分レベル5の一人で、常盤台中学の学内最大派閥の女王。
星の入った瞳、背に伸びるほどの長い金髪、長身痩躯、そして巨乳と中学生離れした容姿をしている。
実際に作中で「本当に中学生なのか」と問われたことがあるが、食蜂曰く彼女の能力による改竄力ならば年齢設定などどうにでも出来るとのこと。
倫理観や常識が欠けており、極めて自分勝手な性格をしている。無邪気に周囲への迷惑行為をすることもザラ。
身体能力がかなり低く、御坂美琴のジョギング程度の速度にもまるでついていくことができない。

【サーヴァントとしての願い】

不明

【基本戦術、方針、運用法】

極めて強力な宝具を持っているが、逆にこれが唯一の戦闘手段である。
もしも近接戦闘を強いられることになればキャスターに勝ち目はない。
特に対魔力を持つ三騎士クラスはキャスターの天敵であるため、サーヴァントとまともに相対することは自殺行為である。
敵マスターを宝具によって操作し、令呪による間接的な干渉を狙うくらいのことしか出来ないだろう。
手駒として利用できるマスター・サーヴァントを見つけることが出来れば三騎士との戦闘も可能かもしれない。

|