デルトロ監督の説明


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「この映画をモンスターマスター レイ・ハリーハウゼンと本多猪四郎に捧ぐ」

親愛なる日本の皆様へ
私は日本のポップ・カルチャーに、ごく幼い頃から親しんできました。『フランケンシュタイン対地底
怪獣(バラゴン)』『フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ』などの映画で、すごい怪獣たちを
見て育ち、とりわけ本多猪四郎監督(『ゴジラ』)の作品に夢中になりました。
アニメでは『鉄人28号』。また円谷プロの特撮シリーズには特に大きな影響を受け、『ウルトラマン』
『ウルトラQ』『ウルトラセブン』などに登場する怪獣たちが大好きです。
私は『パシフィック・リム』の製作に当たり、敬愛してやまない日本のマンガ、ロボット、そして怪獣
映画の伝統に敬意を表する映画となるよう全力を尽くしました。日本の皆さんが気に入ってくださる
ことを願っております。                   ギレルモ・デル・トロ
 

「I have daughters and I would love for them
to be able to dream of being equal and
not having to fall in love with every bastard that shows up…
One of the decisions we made as we went along the process
of the movie was, let’s not have a love story.
Let’s have a story about two people.」

「私は自分の娘たちが、男性と対等な関係を築く事に憧れてくれていたら、
ついでに、そこらのダメ男といちいち恋愛に陥る必要は無いのだと
考えていてくれていたら良いな、と思っています。
ですから、皆でこの映画を作る時の決め事のひとつは
ラブストーリーにはしない、という事でした。
2人の人間同士の物語にしよう、と決めたのです。」