特性逆引き

特性とその特性を持つポケモンの一覧。

○○系統とは、そのポケモン(○○)とその進化前のポケモンを指す。
ただし進化前が同じ場合はそれらをまとめて扱うこととする。
また便宜上メガシンカも含めてメガ○○系統とすることもある。
+
パールル・ハンテール・サクラビスはハンテール・サクラビス系統と括る。
ユキカブリ・ユキノオー・メガユキノオーはメガユキノオー系統と括る。
ニドクインとニドキングの進化前はニドランだが図鑑No.がそれぞれ違うため括らない。

本家データ集より一部改変。


青字 のポケモン:隠れ特性(解禁時ゲーム内入手可)
赤字 のポケモン:隠れ特性(解禁時配布など)
※隠し穴やフレンドサファリ、図鑑サーチが青字




隠れ特性に関係する主なイベント

ここでは隠れ特性に関係するイベントについて記載する。
なおBWのPDWに関しては現在は使用することが出来ない。

第5世代

イベント 解禁日
BW発売 2010/09/18
PDWちいさな森 2010/09/18
PDWひらけた空 2010/09/18
PDWかがやく海 2010/09/18
PDWポケモンカフェの森 2011/05/25
PDW古びた洋館 2011/09/28
PDWごつごつ山 2011/11/16
PDWひんやり穴 2012/06/21
BW2発売 2012/06/23
隠し穴 2012/06/23
テツ(ルリ)との交換 2012/06/23
ARサーチャー 2012/06/23
PDWゆめパーク 2012/11/21

第6世代

イベント 解禁日
XY発売 2013/10/12
フレンドサファリ 2013/10/12
群れバトル 2013/10/12
ポケモンバンク 2013/12/25
ORAS発売 2014/11/21
サーチ機能 2014/11/21

第7世代

イベント 解禁日
SM発売 2016/11/18
仲間呼び(乱入バトル) 2016/11/18

未解禁または過去作限定の隠れ特性

第6世代のみでは入手できないポケモンを述べる。

ポケモン 隠れ特性 現状
ライコウ せいしんりょく 未解禁
エンテイ せいしんりょく 未解禁
スイクン せいしんりょく 未解禁
ルギア マルチスケイル 過去作限定
ホウオウ さいせいりょく 過去作限定
ヒードラン ほのおのからだ 未解禁
化身トルネロス まけんき 過去作限定
化身ボルトロス まけんき 過去作限定
化身ランドロス ちからずく 過去作限定

特性が変更されたポケモン


対象 変更前 変更後 変更世代
ムックル するどいめ(隠れ) すてみ(隠れ) 第6世代
ペンドラー系統 はやあし(隠れ) かそく(隠れ) 第6世代
バスラオ(青筋) すてみ(特性2) いしあたま(特性2) 第6世代
ゲンガー ふゆう のろわれボディ 第7世代

※バスラオ(青筋)の特性2は第5世代では赤筋と同じすてみで、Wのシナリオ中の通信交換で貰えるものとBW2の野生個体の一部のみいしあたまであったが、第6世代ではいしあたまに統一された。青筋のすてみの個体をポケムーバーで転送した場合もいしあたまに変更される。
※ムックル、ペンドラー系統の隠れ特性の個体をポケムーバーで転送した場合も、同様に第6世代の隠れ特性に変更される。
※シャンデラ/サンダー(第6世代で解禁)、ライコウ/エンテイ/スイクン(未解禁)は解禁前に変更

似た効果の特性

フィールドで効果のある特性

「ものひろい」「みつあつめ」以外は手持ちの先頭にいると発揮する。
「あくしゅう」「はっこう」「ものひろい」以外の効果はエメラルド以降に追加された。

特性 フィールドでの効果
あくしゅう
しろいけむり
はやあし
野生ポケモンの出現率が1/2になる。
ありじごく
はっこう
ノーガード
野生ポケモンの出現率が2倍になる。
いかく
するどいめ
先頭のポケモンよりレベルの低い野生ポケモンが出にくくなる。
はりきり
プレッシャー
やるき
先頭のポケモンよりレベルの高い野生ポケモンが出やすくなる。
きゅうばん
ねんちゃく
釣りの成功率が上がる。
じりょく はがねタイプのポケモンが出やすくなる。
せいでんき でんきタイプのポケモンが出やすくなる。
シンクロ 先頭のポケモンと50%の確率で同じ性格の野生ポケモンが出るようになる。
ふくがん 道具を持った野生ポケモンが出やすくなる。
メロメロボディ 先頭のポケモンと逆の性別のポケモンが出やすくなる。
すながくれ 砂嵐が吹いている場所での野生ポケモンの出現率が1/2に下がる。
ゆきがくれ 雪が降っている場所での野生ポケモンの出現率が1/2に下がる。
ほのおのからだ
マグマのよろい
タマゴの孵化に必要な歩数のカウントが2倍になる。
みつあつめ バトル終了時にあまいミツを拾ってくることがある。
ものひろい バトル終了時に10%の確率でどうぐを手に入れる。
かいりきバサミ いあいぎりでより広範囲の草むらを刈り取ることが出来る(エメラルドのみ)。
ひらいしん ポケナビの呼び出しが多くなる(エメラルドのみ)。
むしのしらせ フィールドで野生ポケモンの鳴き声がより多く聞こえるようになる(エメラルドのみ)。

第4世代までの「するどいめ」は先頭のポケモンよりレベルが5以上低い野生ポケモンが出なくなる効果。

天候を変える特性

ひでり 戦闘に出ると5ターン晴れになる。
あめふらし 戦闘に出ると5ターン雨になる。
すなおこし 戦闘に出ると5ターン砂嵐になる。
ゆきふらし 戦闘に出ると5ターン霰になる。
おわりのだいち 戦闘に出ると強い晴れになる。
はじまりのうみ 戦闘に出ると強い雨になる。
デルタストリーム 戦闘に出ると乱気流になる。

  • 天候変化は5ターン。おわりのだいち、はじまりのうみ、デルタストリームは特性を持つポケモンが場にいなくなるまで永続。
  • 天候変化の特性を持つポケモンが同時に戦闘に出た場合、素早さが低い方の天候になる。

スキン系特性

特性 効果
ノーマルスキン 全ての技をノーマル技にする
スカイスキン ノーマル技をひこう技にする
フリーズスキン ノーマル技をこおり技にする
フェアリースキン ノーマル技をフェアリー技にする

  • 第6世代まで「ノーマルスキン」以外は上記効果に加え適応技の威力を1.3倍にする。
  • 第7世代から「ノーマルスキン」含めて上記効果に加え適応技の威力を1.2倍にする。
  • タイプ一致補正は特性発動後のタイプにより判定される。
  • 特定のタイプを無効化するタイプ・特性を持つポケモンに対しても無効化されずに攻撃を当てられる。(例:「ノーマルスキン」によりガブリアスに「でんじは」が有効)
  • ただし「どくどく」→はがねタイプや「おにび」→「みずのベール」など、「タイプ相性によって無効化」ではなく「状態異常そのものに耐性がある」場合は無効化される。

変更やコピーができない特性

特性 いえき ミイラ シンプルビーム なやみのタネ なかまづくり スキルスワップ トレース なりきり
なまけ × × ×
かわりもの
イリュージョン
× × × ×
ふしぎなまもり × × ×
FC関連特性 × × × × × × × ×
※要検証。「かわりもの」は「いえき」状態などで発動していない時。

フォルムチェンジ関連の特性

  • 該当するのは「てんきや」「ダルマモード」「マルチタイプ」「バトルスイッチ」。

  • 「かたやぶり」の影響を受けない。
  • 本特性は特定のポケモンのみ有効。
  • 本特性によりタイプや姿や種族値が変わる。
    例:「みずびたし」状態のギルガルドが「ブレードフォルム」から「シールドフォルム」に変化した場合もタイプが「はがね/ゴースト」になる。

  • 本特性を互いに変更やコピー出来ない(「へんしん」は除く)。
  • ただしヒヒダルマが通常特性も持つ関係上「ダルマモード」は変更出来る(コピーするだけの「なりきり」「トレース」は無効)。
特性を変更やコピーするもの
いえき、ミイラ、シンプルビーム、なやみのタネ、なかまづくり、スキルスワップ、トレース、なりきり

  • 「へんしん」で本特性持ちに変身する場合のみ本特性を持つことができる。
    第4世代以前では、相手と同じ姿になるが特性が発動して状態に応じた姿に変化する。
    第5世代以降では、相手と同じ姿になるが特性が発動せずその姿でずっと固定される。
    例1:「りゅうのプレート」持ちメタモンがノーマルタイプのアルセウスに「へんしん」すると、第4世代ではドラゴンタイプになり第5世代以降ではノーマルタイプになる。
    例2:メタモンがポワルンに「へんしん」すると、第4世代以前では天候が変わるごとにフォルムチェンジするが第5世代以降ではフォルムチェンジしない。

能力ダウンを防ぐ特性

相手の技や特性の効果によるランク低下を無効化する。

特性 防げるランク低下
クリアボディ すべて
しろいけむり すべて
するどいめ 命中
かいりきバサミ 攻撃
はとむね 防御

  • すでにランクがマイナスになっている状態でこれらの特性になってもランクは元に戻らない。
  • 自分の技の追加効果による能力低下は防げない。

状態異常を防ぐ特性

それぞれ、以下の状態異常・状態変化になるのを防ぐ。

特性 防ぐ状態異常
めんえき 「どく」「もうどく」状態
ふみん
やるき
スイートベール
「ねむり」状態
じゅうなん 「まひ」状態
みずのベール 「やけど」状態
マグマのよろい 「こおり」状態
リーフガード 「どく」「もうどく」「ねむり」
「まひ」「やけど」「こおり」状態(晴れ時)
マイペース 「こんらん」状態
せいしんりょく 「ひるみ」状態
どんかん 「メロメロ」「ちょうはつ」状態
アロマベール メンタル攻撃

  • すでに状態異常のポケモンがこれらの特性になった場合、状態異常はその瞬間に治る。
  • これらの特性のポケモンは特性「かたやぶり」のポケモンの技による状態異常を防げないが、状態異常になった直後に治る(「せいしんりょく」以外)。
  • 「ふみん」「やるき」「スイートベール」「リーフガード(晴れ時)」のポケモンが「ねむる」を使うと失敗する。
  • 「ふみん」「やるき」「スイートベール」「リーフガード(晴れ時)」のポケモンは「あくび」状態も防ぐことができる。
  • 「スイートベール」「アロマベール」はダブル・トリプルバトルで味方のポケモンにも効果がある。
  • 「どんかん」のポケモンは技「ゆうわく」による特攻ダウンも防ぐことができる。特攻が下がった後に特性が「どんかん」になっても特攻は元に戻らない。
  • 「マイペース」のポケモンが技「いばる」「おだてる」を受けた場合は攻撃アップ・特攻アップの効果のみ受ける。
  • 「アロマベール」で防げるメンタル攻撃は「ちょうはつ」「アンコール」「メロメロ」「かなしばり」「いちゃもん」「かいふくふうじ」。

直接攻撃を受けると発動する特性

相手の直接攻撃を受けたときに一定確率で発動する。

特性 発動確率 効果
さめはだ
てつのとげ
100% 最大HPの1/8ダメージを与える
どくのトゲ 30% 「どく」状態にする
せいでんき 30% 「まひ」状態にする
ほのおのからだ 30% 「やけど」状態にする
ミイラ 100% 特性を「ミイラ」にする
メロメロボディ 30% 「メロメロ」状態にする
のろわれボディ 30% 「かなしばり」状態にする
ほうし 各10% 「どく」「まひ」「ねむり」いずれか

  • タイプ・特性・すでにかかっている状態異常・性別などによる無効化が優先される。
  • これらの特性による状態異常は「しんぴのまもり」状態を無視する。
  • これらの特性を持つポケモンが「みがわり」状態の場合は発動しない。
  • 逆に、「みがわり」状態のポケモンが直接攻撃をしてきた場合には発動する。
  • 自分が相手の直接攻撃によって「ひんし」状態になった場合にも発動する。
  • 連続攻撃技に対してはダメージ毎に判定がある。技の途中で技を使用したポケモンが「ねむり」「ひんし」状態になった場合、技は中断される。
  • 「さめはだ」「てつのとげ」は、特性「マジックガード」のポケモンに対しては効果なし。
  • 道具「きあいのハチマキ」「きあいのタスキ」は無効。
  • 「のろわれボディ」は、非接触技にも有効。

相手の攻撃を無効化する特性

各タイプの技を無効化し、それぞれ次の効果を得る。

特性 無効化する技のタイプ 効果
そうしょく くさ 攻撃ランク+1
ちょすい みず 最大HPの1/4回復
もらいび ほのお 炎技の威力1.5倍
ちくでん でんき 最大HPの1/4回復
でんきエンジン でんき 素早さランク+1
ひらいしん でんき 特攻ランク+1
よびみず みず 特攻ランク+1

いずれも連続攻撃技を受けても1回しか発動しない。

「めざめるパワー」「しぜんのめぐみ」に対して(要検証)
  • 「そうしょく」「ちょすい」「もらいび」「ちくでん」「でんきエンジン」は「めざめるパワー」「しぜんのめぐみ」も無効化する。
  • 第4世代では「よびみず」「ひらいしん」は「めざめるパワー」「しぜんのめぐみ」を引き寄せない。
    第5世代以降は発動する

「ちくでん」「でんきエンジン」「ひらいしん」について
  • 「でんじは」に対しても発動する。また、「みがわり」「しんぴのまもり」状態でも「でんじは」に対して発動する。
  • でんきタイプのポケモンは「まひ」状態にならず「でんじは」を無効化できるが、特性の発動が優先される。
  • じめんタイプのポケモンが「ちくでん」「でんきエンジン」「ひらいしん」になった場合、でんきタイプの技を受けても発動しない。

「もらいび」について
  • 「おにび」に対しても発動する。また、「みがわり」「しんぴのまもり」状態でも「おにび」に対して発動する。
  • ほのおタイプのポケモンは「やけど」状態にならず「おにび」を無効化できるが、特性の発動が優先される。
  • 「こおり」状態のときは発動せず、ほのおタイプの技を受ける。
  • 「はじけるほのお」の火花によるダメージに対しては発動しない。

「よびみず」「ひらいしん」について
  • 各タイプの技を吸い寄せる(全体技を除く)。味方の技にも発動する。
  • 第5世代から特攻ランクが+1されるようになった。
  • 効果は「このゆびとまれ」が優先される。
  • ダブル・トリプルバトルで複数のポケモンが「よびみず」「ひらいしん」を持つ場合、最初に処理されるポケモンに技が当たる。

交代を制限する特性

ありじごく 相手のポケモンを入れ替えられないようにする。
かげふみ 相手のポケモンを入れ替えられないようにする。
じりょく 相手のはがねタイプのポケモンを入れ替えられないようにする。

3種共通の仕様。
  • 特性「にげあし」のポケモンにも有効。
  • 味方には無効。
  • 「きれいなぬけがら」を持っているポケモンには無効。
  • 「バトンタッチ」「とんぼがえり」「ボルトチェンジ」「ほえる」「ふきとばし」「ドラゴンテール」「ともえなげ」による交換は制限されない。
  • 「だっしゅつボタン」を持っているポケモンが攻撃を受けたときの交換も制限されない。
  • 一方のポケモン(甲)が入れ替えを選んだターンに、もう一方がこの特性を持つポケモン(乙)を出すorメガシンカよってポケモン(乙)がこの特性を得た場合(メガシンカしたターンのみ)、ポケモン(甲)の入れ替えは制限されない。
  • 相手が単ゴースト、若しくはゴースト複合タイプの場合は無効(第6世代以降)。

以下は「ありじごく」のみの仕様。
  • ひこうタイプ、特性「ふゆう」、「でんじふゆう状態」のポケモンには無効。
  • 「ふうせん」を持っているポケモンには無効。ただしふうせんを割れば有効。
  • 「テレキネシス」状態のポケモンに有効かどうかは不明。

以下は「かげふみ」のみの仕様。
  • 相手のポケモンの特性も「かげふみ」の場合は無効(第4世代以降)。

以下は「じりょく」のみの仕様。
  • はがねタイプ以外のポケモンには無効。
  • 相手のポケモンの特性も「じりょく」の場合は無効。

議論所

SM仕様にはまだ一部しか対応していません。

複数箇所で表記揺れしていますが修正はお待ち下さい。すみません。

この下は前に作成されていたページです。
ページが完成するまでは残しておきます。


→リンク先ページ含め削除完了しました(管理人)