※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アガデスタ滅亡の星を負わされた王
本名 テトラ・ル・エル・タリア・デデスカ
年齢 21歳
身長 167cm
外見特徴 褐色の肌、目の覚めるような金髪、すべてを見透かすかのように細いヘーゼルの瞳。
腹筋は綺麗に六つに割れており、アガデスタ人にしては小さな身体とは裏腹に、強靭な肉体としなやかな敏捷性を併せ持つ。
身体中に刻印された刺青の数は、全部で63個存在する。そのうち一際目立つのは、心臓の部位にあたる左乳房の刺青である。
得意な武器は槍、斧、メイスなど。斬るよりもぶち殺す系。おっかない。
略歴 1877年生誕。生まれると同時に神子一族の元へと呼び出され、予言を授けられる。
1890年デデスカ武闘大会にて一度目の優勝。
1891年カガヂステへ転居。
1893年デデスカ武闘大会にて二度目の優勝。
1894年王位継承。傭兵少女王テトラ誕生。
予言 アガデスタを滅亡させるために、アガダが遣わしたとされる呪いであり祝福の星を負っていた。
本能的にこれからの数年でアガデスタが終わることを知っている。(口外はしていない)
性格 あまり余計なことを話さず、この上なく淡白な態度を取る。恐らく肉親が死んだところで眉一本動かさない。
冷たいのではなく、テトラの中に確固たる感情が薄いだけ。
関係性 エルラシャ:母であり妻であり娘でありただ唯一のひと。
メルセリウス:そこな雑種。