※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



通称 スナ
本名 生まれ故郷で『鬼っ子』『白鬼』と呼ばれていたため、本人も最初は『おに』と名乗っていたが、「いくらなんでもそりゃねーだろ」と思ったクレアが、彼女の髪や瞳の色とクレアの故郷の大地を象徴する石灰質の砂の色が似ていることから『スナ』と命名した。最近になってアオに「人間に『砂』ってどうなの?」と言われクレアが「あっ」となったが、スナ本人が気に入っているため『スナ』で続行中。そのうちアオがヤギホ古語から綺麗な意味の当て字を考えてくれるつもりらしい。
年齢 15歳。15歳。(大事なことなので2回言いました)
身長 143センチ
生業 家事手伝い
現住所 ジウロン城砦ネグラ地区
出身地 ヤギホノミヤマ王国の北部、貧しい農村。
性格の特徴 極めてマイペースと言うかゴーイングマイウェイと言うかマイワールド・イズ・オーバー・ザ・ワールド。基本的には心優しい少女であり小さくて可愛らしいものや丸っこくてやわらかいものを好む。ぽやんとした斜め上の発言をするのでドリーマーかと思いきや、案外現実主義の合理主義でもあり、かつては宵越しの金は持たない主義であったクレアから財布を奪取しちっちゃい体でおっきい売人のおっちゃんとわたり合おうとするなど、結構な剛胆の持ち主でもある。けして見た目ほど儚げではない。たまにあざとい。クレアに「生理前のイライラしたスナは冬眠明けのクマみたいなもんだから気をつけろ」と喧伝されている。
外見の特徴 先天性の色素欠乏症。メラニンがまったくないわけではないため、髪も瞳も若干赤みのある灰色。肌は乳白色に近く、皮膚の薄い頬や耳は赤みが強くて、唇はほぼ血の色、爪も肉の色。大きな目に小さな鼻と口と小動物めいている。ついでに言うと、運動しない上よく食べるので若干ぷにっと……
略歴 先天性色素欠乏症のため、生まれてすぐに母親が「呪われた子供を産んだ」という理由で村人に殺される。父親は逃亡。以後人間扱いされず村人たちに販売目的で育てられた。9歳で予定どおり人買いに買われ、大勢の幼女たちとともに歓楽街行きの荷馬車に積まれて紛争地帯を通過していたところ、盗賊団の襲撃に遭遇。人買いの業者が盗賊たちに殺され、幼女たちはまとめてとある廃墟の街へ。それから数ヵ月の間に一緒に売られた幼女たちが栄養失調や性病で次々と死去、盗賊の頭領を名乗る少年クレアに養われていた彼女だけが生き残る。以来ずっとクレアと血のつながらない兄妹の感覚で一緒に暮らしており、特にこのところはクレアに対してああでもないこうでもないと文句を言いながらわりと面白おかしく炊事洗濯をする毎日を送っている。
備考 日差しの強い日は火傷してしまうため屋外に出られないが、曇りや雨の日は帽子をかぶった上で傘を差しうろちょろすることもある。夜は今度視覚の問題で結局危険。
目が光に弱く視力もかなり低い。耳や指先が敏感なので日常生活に支障はなく、むしろ器用でちょっとした小物類ならば自分で端切れを縫い合わせて作れる。ご飯も美味しい。
色素欠乏症が理由で周囲から身体的な接触を嫌がられていたので直接的な暴行を受けたことはないものの、目の前で同世代の子供たちが悲惨な目に遭っているのを長らく見てきたため、知識と恐怖心だけは植え付けられている。体に触れられること自体を怖がっていた頃もあったが、クレアが基本スキンシップ過剰野郎なので良くも悪くも慣れた。最近は「やられる前にやっちゃえー!」をモットーにむしろ積極的にハグをしていく方針。みんなでぷにぷにしよう。
紛争地帯の住民とは思えないほど高級な生地の華やかな衣服を着ているが、8割はクレアが盗ってきた戦利品。隠れ家にいる時はクレアやクレアの盗賊仲間のお下がりを着ていることが多い。
ヤギホがどうとか全然覚えていないし考えたこともない。
一人称:スナ、二人称:相手の通称(年上には「さん」、年下には「ちゃん」をつけることが多い)。クレアは呼び捨て、アオだけはなぜか「アオちゃん」。『クレヤ』を上手く発音できない奴代表。舌足らずな発声と語彙の少なさから実年齢より相当年下に見られそうな話し方をする。乱暴な言葉遣いは極力避けているが、クレアの口調がうつってたまにものすごいスラングを発することがないわけでもない。柔らかく聞こえるようにと語尾をやたらと伸ばしてしまう辺りとてもあたまよわそう。



添付ファイル