※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アスタリカ神国





正式名称 アスタリカ神国
神に愛された国
地理的特徴 大陸とつながっているほうをオーディン、島となっているほうをシャルーアという。
オーディン側は他国との交流が盛んだが、シャルーア側は自国のみの交流となっており文化が違ってきている。
政治形態 魔力が一番強い女が巫女となり統治している。補佐を最高神官が担っているが、実質的には最高神官が支配者となっている。
外交情勢 ステラクスとは深いつながりがある。
また、ヤギホと貿易が盛んでありヤギホから水晶などを輸入している。
主要産業 小麦を作っており、特にオーディンが盛んである。海産物も豊富であり、小麦と海産物が主な輸出品とされている。
経済情勢 不明
文化的特徴 神を崇拝しており、神の言うことは絶対である。
身分制度 神官が高位にあるが、あとはほとんど差がない。
宗教 国を守護するといわれる神を崇拝している。シャルーアでは顕著であるが、オーディンは人によりまちまちである。
巫女は神からの言葉(神託)を代わりに告げる立場であるが、神からの言葉を聞けるのは巫女だけであるため巫女も崇拝の対象とされている。
教育水準 魔力の使い方と四則演算、読み書きを教える場所がある。
歴史 2000年ほど前に島が統一され一つの国となる。
人物 アスタリカ神国の人たち
担当者 アイ