母子家庭や寡婦への無利息融資


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

どういう人が、無利息融資が可能なのでしょうか。利息のつかない融資を探すことは難しいですが、寡婦や、母子家庭に限定した場合、無利息での融資ができるところがあります。母子家庭というのは配偶者のいない女子で、20歳未満の子どもがいる家庭のことです。母子家庭で20歳未満の子供を育てたことがあり、結婚していない女性を、寡婦という言葉で定義しています。地方公共団体が母子家庭や寡婦に無利息融資を行っています。安定した子どもの生活と健全な育成のために融資されるもので、母子福祉資金、寡婦福祉資金貸付があります。全部で13種類の母子福祉資金及び寡婦福祉資金貸付があり、大半は無利息での融資となります。利息はつくけれども貸付条件がいいものに生活資金、住宅資金、転宅資金、結婚資金があります。全てが無利息というわけではありません。生活資金に関しては1か月の融資に制限があります。医療介護資金を利用している時や、技能修得中には条件の制約がありますので気をつけてましょう。償還期限が守れず滞納が合った場合には無利息融資でも違約金が発生するので気を付けたほうが良いでしょう。母子家庭や寡婦への無利息融資の条件は地方公共団体によって異なりますので、事前に融資条件などをしっかりと調べておきましょう。

肌のテカリをなくすには