バザー


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

冒険者バザー

冒険者バザーとは

プレイヤーが名声レベルに応じ、決められた枠数(最大8個)の商品を出品し、
その値段が気に入った別のプレイヤーが購入することができるシステムになっています。
取引が成立した時点で、手数料5%を差し引かれた金額が、出品者の郵便に届きます。

大陸ごとのバザー

オーグリード、ウェナ、エルトナ、ドワチャッカ、プクランド、レンダーシアの6つのバザーが存在します。
大陸事の特色を見ていきます。

オーグリード

現在最も盛んなバザー。
ここ以外に出品してもいわゆる「情弱商法」にしかならないのが現状で、
基本的には装備もアイテムも、ここの値段がすべての基準となっています。

ウェナ

一部のウェナのキラキラで採れるアイテムのみ最安値なことがあるバザー。
その他裁縫職人の日替わり用に裁縫針がお祭り価格で出品されていることも。
鉱石が安いこともあるので、足を伸ばすのもまったくなくはないかと。

エルトナ

死亡寸前のバザー。
木工職人用の素材が安かったり高かったりするだけで、他の特色はほぼありません。
職人用装備がまれに安く売られていることもありますが、個人の気まぐれですぐに状況が変化するレベルです。

ドワチャッカ

もっとも荒廃感の強いバザー。
すべての値段が防具職人の日替わりや、始めたての初心者を狙った価格になっており、
売るならまだしも、ここで素材を購入する意味はほぼないと言えます。
ドワチャッカバザーにかかれば、単価50Gしかしないような素材も200Gで売っていたりなど日常茶飯事です。
もちろんハッタリ価格なので、そんな値段ではそうそう売れませんが、
オーグリードとくらべて多少割高でも、他に異常なお得感があるので、売れるときは簡単に売れます。

プクランド

オーグリードの次にまともな出品数と、まともな価格設定の商品のあるバザー。
オーグリードを見たら、次にここを覗くといいかもしれません。
まれに掘り出し物の良い錬金の装備が見つかるかも。

レンダーシア

錬金職人が気まぐれに失敗錬金品を大量に流しているバザー。
もしくは、錬金職人用に☆1品が大量に割高で流れているバザー。
または、錬金職人用に錬金素材が割高でry
商品の値動きが読めた時はワンチャンでそこそこ設けることもあるバザーですが
基本的には情弱商法しかないため、あまり利用価値の無いバザーです。

バザーでの商品の選び方

検索機能を利用する

素材だけは検索機能が貧弱ですが、装備品は詳細な検索機能を使っていいものを探しましょう。
基本的にはオーグリードのみを見ればよく、足を使って少しでも安くという場合に
他の大陸を覗いていく感じになります。

素材を大量に買い付ける

職人をする場合、素材を大量に買い付けることになります。
この場合、主にオーグリードバザーを使っていくことになりますが、
あまりに大量の場合、競合相手が商品を滅ぼしてしまって市場に流通が無くなることがあります。
各大陸を回って安いところを探すのも有効ですが、商品一掃後は大抵高値になっているので、
落ち着いてしばらく後か、次の日などにまた覗くことが大切です。

一週間の商品の値動き

細かいことには触れませんが、商品ごとに一週間や一日の中で安い時期と高い時期があります。
大雑把に言うと、プレイ人数が多い時間帯・日に商品は安くなり、また売れ行きも上がることになります。
つまり土日や夕方は薄利多売の時期、平日や昼間は高値で地道に売り抜ける時期と言えます。

装備品を売る

作った装備品を売りたいでしょうか?
それならばまず考えるポイントがいくつかあります。

素早く売りたい

こう考える場合にはいくつかあります。
  • 安い装備を薄利多売したい
  • 高額装備の在庫を抱えたくない
  • とにかく名声・評価を稼ぎたい
多くの人が同じことを考えています。
一番上は、いわゆる「結晶装備」などが該当し、この場合現状の最安値より1G下げる
いわゆる「1G下げ」が有効になります。
次の真ん中、これはよほど「終わってる」ぐらい安く設定しないかぎり素早く売れることはないので、
安くするのではなく売れる時期を見計らうのが大切です。
最後は、名声と職人評価を稼ぎたいがために、採算度外視で市場に流す行為です。
特にテクニックは必要ありませんが、嫌われる行為とだけ覚えておきましょう。

高く売りたい

なるべく高く売りたいなら、現実問題として承認の値動きを逐一チェックする必要が出てきます。
そのうえで、最安値ではなく「少し上の価格」で出品するといいでしょう。
少しでも高くしたいような高額商品ならとくにそうですが、「安いから売れる」というのは大間違いです。
「自分の懐事情のいい時期に安くて必要だった」から売れるのです。
少しでも高く、そして少しでも速く売りたいのであれば、常にバザーに張り付いて
最安値の1G下で出品を繰り返すことになります。

以下執筆中