ノ・ミヌ、もっと愛してくれ! 僕の原動力は患者(ファン)!


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「X JAPAN」のYOSHIKIがプロデュースしたバンド“TRAX”のドラマーとして芸能界デビュー。ドラマ「フルハウスTAKE2 DVD」「僕の彼女は九尾狐」、映画「霜花店」でブレイク。

現在、俳優としてまた、アーティストとして日本でも絶大な人気を誇るノ・ミヌが、最新主演ドラマ「最高の結婚」の撮影中というタイトなスケジュールの中、快くインタビューに応じてくれた。

俳優、アーティスト、モデル、さらに音楽監督等、多彩な才能を発揮し、活躍中のノ・ミヌが出演した話題の韓国映画「鳴梁」(原題)は観客動員数1600万人(8/24付)を突破する大ヒットを記録、俳優ノ・ミヌとして名声を博した。

― 映画「鳴梁」動員数1600万人突破、おめでとうございます。ノ・ミヌさんが演じているハル役も話題になっていますが、どんなキャラクターかご紹介お願いします。

日本の将軍、来島(くるしま)が唯一信頼をする“ハル”という狙撃手の役です。

― 狙撃手のハル役ではどんな役作りをされましたか?

顔を隠し、目だけを見せるキャラクターなので、目だけで感情を表現するのが最初は難しかったです。それにこの時代にスナイパーがいたということがすごく興味深かったし、“カッコイイ”と思ったので、姿勢などを研究しながら練習しました。

―ドラマ「刀と花」のヨンナムセン役に次いでの時代劇ですが、時代劇はいかがですか?

時代劇好きですよ。時代劇は夏や冬に撮ると大変だという思い出があります。でも、普段は着られないカッコイイ衣装を着るので、それぐらいは我慢しないといけませんね (笑)

― 李舜臣将軍役の俳優チェ・ミンシクさんとのSNSが日本でも話題になっていますが、チェ・ミンシクさんと共演した印象はいかがですか?

チェ・ミンシクさんは本当に謙虚な方でムードメーカーです。焼酎が好きな方ですね。最初は大先輩なので近づきづらかったのですが、最後にはチェ・ミンシク先輩もロックが好きだということで打ち解けられました。

― 演技について直接アドバイスされたことはありますか?

本質を忘れてはいけないということを現場で常に聞かされていました。本質、難しいですよね。

― 日本水軍の将軍、来島通総(くるしまみちふさ)役の俳優リュ・スンリョンさんとのシーンが多かったと思いますが、いかがでしたか?

すごく大好きな先輩だし、出演される作品が出るたびに絶対に観に行っています。

こんなふうに一緒に呼吸を合わせることができ、横で感じることができるというのは本当に貴重な経験だったと思います。