注目のイケメン俳優アバン・ジョーギア主演ドラマ「ねじれた疑惑」が打ち切りに


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

米国のティーンエイジャーに人気のイケメン俳優アバン・ジョーギアが主演するテレビシリーズ「ねじれた疑惑」の制作打ち切りが決定し、すでに放送が終了したシーズン1(全19エピソード)で幕を閉じることになった。日本では、前半11話をシーズン1、後半8話をシーズン2として放送している。

叔母を殺害した容疑で少年鑑別所に入れられていた16歳の少年ダニーと幼なじみのジョー&レイシーの友情を軸にしたミステリー。米ABC Familyで2013年6月から放送され、ダニー役を演じるジョーギアが今年のティーン・チョイス・アワードでテレビシリーズ男優賞(ドラマ部門)にノミネートされるなど注目を集めていた。しかし、視聴者数は下降の一途をたどっており、今年4月の最終回では第1話の半数ほどに減少していた。

同局は「ねじれた疑惑 DVD」の終了を決めた一方で、「スイッチ 運命のいたずら」のシーズン4にゴーサイン。同作は、若手女優ケイティ・ルクレール&バネッサ・マラーノの主演で、出生時に病院のミスで取り違えられた2人の少女の数奇な人生をドラマティックに描くヒューマンドラマだ。また、同局の人気海外ドラマ「プリティ・リトル・ライアーズ」はシーズン6&7の制作が決まり、16年まで継続されることになった。

カナダ・バンクーバー出身、現在22歳のジョーギアは、スパイクTVが制作する古代エジプトを舞台にしたミニシリーズ「King Tut(原題)」にツタンカーメン王役で出演することが、1週間ほど前に決定している。