ドラマ『君の声が聞こえる』イ・ジョンソク インタビュー


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『君の声が聞こえる』KNTV日本初放送! イ・ジョンソク オフィシャルインタビュー!!

KNTVの視聴者に挨拶をお願いします。

こんにちは。ドラマ『君の声が聞こえる』でパク・スハ役を演じたイ・ジョンソクです。ドラマを通してお会いできて本当にうれしいです。3月に日本初放送するドラマ『君の声が聞こえる』をたくさん愛してください。楽しんでいただければ嬉しいです。
ドラマ『君の声が聞こえる DVD』終了後、どのように過ごしていましたか?

韓国ドラマDVD『君の声が聞こえる』終了後、映画『観相(原題)』、『ノーブレッシング(原題)』、『血沸く青春(原題)』と3作品続けて活動しています。映画『観相(原題)』は初めての時代劇で、大先輩方と共演させていただくことが意味深く、多くのことを学ぶことができました。反面『ノーブレッシング(原題)』と『血沸く青春(原題)』は、僕と同年代の俳優と一緒に演技ができたので、楽しく撮影することができました。現在は4月放映予定のドラマ『ドクター異邦人(仮題)』に出演することになって一生懸命準備しています。
ドラマ『君の声が聞こえる』のストーリーとパク・スハという役を紹介してください。

ドラマ『君の声が聞こえる』では国選弁護士のヘソン(イ・ボヨン)が、人の目を見れば心を読めるという特殊な能力を持つ青年スハ(イ・ジョンソク)に出会い、ヘソンが変化し成長しながら、事件を解決していくドラマです。

パク・スハは、相手の目を見ればその人の心が読める能力を持っている高校生で、10年前に自分のために恐怖を乗り越えて法廷で証言してくれたヘソンを守ってあげるという約束をします。再会したへソンは10年前の勇気ある姿からは想像できない、やる気のない弁護士になってしまっているのですが、スハはそんなヘソンのそばで、あきらめずに再びヘソンを変化させる人物です。