※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



さいえん


真夜中の さいえんパーティ
暗闇一人 レインボーロード駆けるよ

在日


┝┥┌──────────────────┴┐
│┝┥┌──────────────────┴┐
││┝┥┌──────────────────┴┐
│││┝┥┌──────────────────┴┐
││││┝┥┌──────────────────┴┐
│││││┝┥Zainichisoft                   [×]|
┤│││││┝━━━━━━━━━━━━━━━━━━| \カチ
└┤│││││┌───―┐                   ´||`| カチ
  └┤│││││ Λ_Λ | 在日に住み着かれました。  │ カチ
    └┤││││<=( ´∀`) |  謝罪と賠償するまで      │ カチ
      └┤│││(    ) │ 終了はできません。       |  カチ
        └┤│└────┘                    |  カチ
          └┤          [謝罪する]  [賠償する]    |   カチ
            └───────────────────┘

座席


友人達と四人で汽車に乗った時のこと。
その時の車両の座席は、通常全席が汽車の進行方向を向いているものを
回転させる事で四人が向かい合っても座れるような仕組みのものだった。
どうせなら皆一緒に座ろうと友人が座席を回転させると、
座席と一緒に新聞を持ったおっさんが回転しながら現れた。
友人はそのままその椅子を回転させ、
おっさんは再び回転しながら元の位置に戻っていった。

Substitute



You think we look pretty good together
(オレたちなかなかの似合いだと思うだろ)
You think my shoes are made of leather
(オレの靴、本革製だと思うだろ)
But I'm a substitute for another guy
(ところがどっこい、オイラは代用品、他のオコトの代わりだと)
I look pretty tall, but my heels are high.
(オレってけっこう身長あるように見えるだろ、クソ高いヒールのせいだよ)
The simple things you see are all complecated.
(物事ってのは単純そうに見えてみんな複雑なんだぜ)
I look pretty young, but I'm just back dated, yeah.
(オレがけっこう若く見えるのも、頭の中が幼いだけ、そうなんだぜ)


Substitute for your lies for fact.
(オマエの嘘が真実を超える)
I can see right through your plastic mac.
(そのビニールのコートを見てりゃ、オマエのことなんか、すぐにお見通しさ)
I look all white, but my dad was black.
(オレはどっからみても白人にしか見えないけど、親父はクロだぜ)
My fine looking suit is really made out of sack.
(このかっこいいスーツだってズタ袋で作ったものさ)


I was born with plastic spoon in my mouth.
(オレなんか、そこいらの生まれで)
North side of my town faced east, and the east was facing south.
(オレの住んでるとこなんか、北が東で東が南なんだぜ)
And now you dare to look at me in the eyes.
(そうやってマジな顔してオレの目え見詰めたりして)
Those crocodile tears are what you cry.
(どうせ嘘泣きじゃんかよ、オマエの涙なんてよ)
If it's a genuine problem, you won't try to work it out at all.
(それが大問題だとしても、ちゃんと考えたりなんかしないだろ、オマエは全然な)
Just pass it by, pass it bay.
(ただ、ほったらかして、過ぎ去ってくがままにする)


Substitute me for him.
(あの野郎の代わりのオレなんだよな)
Substitute my coke for gin
(そのコーラだってジンの代わりなんだぜ)
Substitute you for my mam
(オマエだってオフクロの代わりなんだぜ)
At least I'll get my washing done.
(さっさと洗濯すませとけよ)



54 : 名無したん(;´Д`)ハァハァ :2006/08/21(月) 15:04:39 ID:QaaXW6RD
鮫はコラーゲンたっぷりだが、妊娠したら食わせちゃダメだぞ
僅かだが水銀が多くとか何とか

55 : 名無したん(;´Д`)ハァハァ :2006/08/21(月) 15:50:43 ID:8Y2A+67Z
お前らのくだらん会話はシャークに触る

56 : 名無したん(;´Д`)ハァハァ :2006/08/21(月) 15:57:07 ID:Kxp8VhPf
( ゚д゚ )

57 : 名無したん(;´Д`)ハァハァ :2006/08/21(月) 15:59:33 ID:aKRvjoWo
一気にサメた

58 : 名無したん(;´Д`)ハァハァ :2006/08/21(月) 16:07:19 ID:t6v4zw8h
( ̄□ ̄;)

59 : 名無したん(;´Д`)ハァハァ :2006/08/21(月) 16:07:40 ID:XnZL1mjB
馬鹿かお前等、もっとジョーズなネタを振れ!

60 : 名無したん(;´Д`)ハァハァ :2006/08/21(月) 16:14:11 ID:h2fw7GZ7
(;・`д・´)

61 : 名無したん(;´Д`)ハァハァ :2006/08/21(月) 16:34:18 ID:K03Ey/8y
フカくにもワロタ

62 : 名無したん(;´Д`)ハァハァ :2006/08/21(月) 16:35:27 ID:yTZFGIg5
  _, ._
( ゚ Д゚)

サンタ



GZ


「GZ」の読み方講座

あなたは「GZ」と聞いて何を想像しますか?
人の名前?何かの単位?それとも流行りのネット用語?

いいえ、実はどれも違うんです。
現代に生きる私たちは「GZ」の読み方について、案外知らないものなのです。


つまり、そういうことなのです。

シーフ


  • お前ら待望のスクエニ新作。

ジムニー



清水くん


小学生のころクラスに凄い真面目な清水くんってのがいて
学級委員もやってたしふざけるやつには本気で注意するような子だった

その日は何年か前に阪神大震災があった日付らしくて
授業中に「黙祷してください」って放送が流れた
清水くんは真面目だから「めんどくせー」とかいうやつに
「亡くなった人が悲しむだろ」とか言って注意してた

だけど俺はめんどくさくて薄目を開けたんだよ
そしたらクラス中が下を向いて目を瞑ってたんだけど
先生の後ろで清水くんが変顔でシェーのポーズをしてた

シャウエッセン


実家に居たときはシャウエッセンをばりばり食ってた。うめぇうめぇ言いながらシャウエッセンを食べてた。
鍋に、チーズフォンデュに、目玉焼きのお供に、お弁当に、シャウエッセンが食卓にあるだけでテンションがあがった。
家族が寝静まった後に夜食としてこっそり冷蔵庫から出してレンジで暖めて食べた事もあった。
プシュぅ!ばしゅ!とかシャウエッセンの皮が破れてレンジの隙間からシャウエッセンのいい匂いが出てきて、
シャウエッセンの音と匂いでシャウエッセンを勝手にたべようとしてることが親にバレないかとそわそわした。

んで一人暮らし始めたらシャウエッセンが高いのなんのって。
こんな高い物(←シャウエッセンのこと)をいつも食ってたのかって驚愕したよ。シャウエッセン高すぎるよ…。
んでシャウエッセン買いたいけど高いから良くわからん地元メーカーの粗挽きウインナーで我慢してる。シャウエッセン食べたいけどな。
いつもウインナー売り場でグラム単価をみながら100g=100円なら買う。ほんとはシャウエッセン食べたいけど…。
給料でたあとで金有るときでもまぁ100g=120円が限界。ほんとはシャウエッセン食べたいけどね。


Journey Home




The journey begins, Starts from within,Things that I need to know.
(旅立ちは自らの心から始まる 自分だけの答えを見つけるために)
The song of the bird, Echoed in words,
(鳥の歌声が問いかける)
Flying for the need to fly.
(ただ飛ぶためだけに 羽ばたくのかと)

Thoughts endless in flight, Day turns to night, Questions you ask your soul.
(昼も夜もただ飛び続けながら 自分の心に問いかける)
Which way do I go? How fast is to slow?
(何処へ向かっている?いつ辿り着くのか?)
The journey has it's time, then ends.
(旅の終わりはきっと来る)

If a man can fly over an ocean, and no mountains can get in his way.
(大海を渡り 高峰を越えても)
Will he fly on forever, searching for something to believe?
(なぜ信じるものを追い求め人は飛び続けるのか)
From above I can see from the heavens, Down below see the storm raging on.
(はるか天上から眺める 激しき苦難の嵐)

And somewhere in the answer, There is a hope to carry on.
(探し求めた答えは 希望があるはず)
When I finally return, Things that I learn, Carry me back to home.
(この想いを託し故郷に帰るとき)
The thoughts that I feed, planting a seed, in time will begin to grow
(やがて大地に植える一粒の種の 時と共に育ち上がる)
The more that I try, The more that I fly,
(心ある限り 私は挑み飛び続ける)
The answer in itself, will be there.
(それこそが答えになる)

Just a day



Waking up at twelve in my clothes again
(12時にまた同じ服で目が覚めた)
Feel my head explode from a night of gin
(昨日のジンで頭が爆発したみたいだ)
Another night out late
(また夜遊びをする)
I don't wanna drink, don't wanna be a clown
(酒は飲みたくないし、馬鹿な奴にはなりたくないんだ)
Gotta get my feet back on the ground
(しっかりと地に足をつけなきゃならない)
Before it pulls me in
(引きづりこまれてしまう前に)

How come it ended up like this?
(どうしてこうなってしまったんだろ)
And who's gonna catch me when I'm coming down
(また俺が酔いつぶれて地面にぶつかりそうになったら)
To hit the ground again
(誰が受け止めてくれるんだろ)

All by myself(Waking up at twelve in my clothes again)
(全部俺のせいだ(12時にまた同じ服で目が覚める))
Cause I don't wanna drag you down
(お前の足を引っ張りたくはないから)
Hold you down, cause you're a friend
(だってお前は友達)
I blame myself(Feel my head explode from a night of gin)
(自分自身を責めるのさ(昨日の夜のジンで頭が爆発したみたいだ)
I guess you think it's funny now, funny now
(お前はばかばかしいことだって思ってるんだろうな)

On the underground with the freaks and frowns
(イカれた奴としかめっ面の不機嫌な奴らと一緒に地下鉄に乗って)
Looking at the world through silver clouds
(絶望の中に希望を求めながら世界を眺めてみても)
But then it all came down
(全部崩れていった)
I gotta rise above the emotional flood
(自我を保たないと)
Gotta cut these ropes around my hands
(俺の手の周りを縛ったロープを切りほどいて)
Pull myself around
(生気を取り戻すんだ)

How come it ended up like this?
(どうしてこんなことになったんだろう)
And who's gonna be there when I've lost control I'm heading to crash land
(俺が気を失って地に崩れ落ちるとき、そこに誰がいてくれるんだろう)


All by myself(Waking up at twelve in my clothes again)
(全部俺のせいだ(12時にまた同じ服で目が覚める))
Cause I don't wanna drag you down
(お前の足を引っ張りたくはないから)
Hold you down, cause you're a friend
(だってお前は友達)
I blame myself(Feel my head explode from a night of gin)
(自分自身を責めるのさ(昨日の夜のジンで頭が爆発したみたいだ)
I guess you think it's funny now, funny now
(お前はばかばかしいことだって思ってるんだろうな)

All by myself(Waking up at twelve in my clothes again)
(全部俺のせいだ(12時にまた同じ服で目が覚める))
Cause I don't wanna drag you down
(お前の足を引っ張りたくはないから)
Hold you down, cause you're a friend
(だってお前は友達)
I blame myself(Feel my head explode from a night of gin)
(自分自身を責めるのさ(昨日の夜のジンで頭が爆発したみたいだ)
I guess you think it's funny now, funny now
(お前はばかばかしいことだって思ってるんだろうな)
It's such a shame
(本当に恥ずかしい)

All by myself(Waking up at twelve in my clothes again)
(全部俺のせいだ(12時にまた同じ服で目が覚める))
Cause I don't wanna drag you down
(お前の足を引っ張りたくはないから)
Hold you down, cause you're a friend
(だってお前は友達)
I blame myself(Feel my head explode from a night of gin)
(自分自身を責めるのさ(昨日の夜のジンで頭が爆発したみたいだ)
I guess you think it's funny now, funny now
(お前はばかばかしいことだって思ってるんだろうな)
It's such a sin
(ホント馬鹿げてるよ)

All by myself(Waking up at twelve in my clothes again)
(全部俺のせいだ(12時にまた同じ服で目が覚める))
Cause I don't wanna drag you down
(お前の足を引っ張りたくはないから)
Hold you down, cause you're a friend
(だってお前は友達)
I guess you think it's funny now, funny now
(お前はばかばかしいことだって思ってるんだろうな)


社長が訊く ケイブ編



1. 死ぬがよい
2. 竹槍から核兵器
3. 戦車出せ! 戦車!
4. うぁぐぐぐぉおあぇ!
5. “いつもの感じとも言えますし、いつもの感じとも言えます”

重大発表


                   ∧,, ∧
                   (`・ω・´)
                     U θ U
                 / ̄ ̄Ⅰ ̄ ̄\
                |二二二二二二二|
                |        |
パシャ パシャ  パシャ パシャ パシャ  パシャ パシャ パシャ パシャ パシャ
   パシャ パシャ パシャ パシャ パシャ  パシャ パシャ パシャ  パシャ  パシャ
 ∧_∧      ∧_∧     ∧_∧  ∧_∧    ∧_∧     ∧_∧
 (   )】      (   )】    (   )】 【(   )    【(   )    【(   )
 /  /┘ .   /  /┘.    /  /┘ └\ \   └\ \   └\ \
ノ ̄ゝ     ノ ̄ゝ      ノ ̄ゝ     ノ ̄ゝ    ノ ̄ゝ     ノ ̄ゝ

樹海行きバス


           _____________
          /          /        \
   ____/_______/_ _ _ _ _ _ ヽー―ヽ______
   | ̄||   樹海行きバス   || | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄i二||
   || ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄. :┌|:| || ̄|| | ̄ || || || ̄|||.______| ̄| ̄| ̄| ̄|i二||
  [||       ||         [:]| | ||  || |   ||._.||._.||  |||.| ̄|| | |_|_|_|_|i二||
   ||   ∩_∩|||.       .:  | | ||  || |   ||   .||  |||.|  || | |   .|   |.i二||
   ||  (´ー.`|||\.       .:  | | ||  || |   ||   .||  |||.|  || | |   .|   |   |
   ||  ⊆⊇⊂||||  \.     ;  | | ||  || |__||_____ ||_|||.|_|| | |二二 |二二|   |
   |二二:二二二二:二二二ニニ| ||  ||  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |   | |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   |
   |                   |   || ||  || /⌒.∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   |
   |―――\/――――‐.|― || ||  || || . (´∀` )< 樹海行き臨時便用意すますた。
  [|口口 ┌―┐   口口| [] || ||  || .|||:0(    )  \_______  |〕
  |二口二└―┘二二二口二ニ|| ||_||__||| | | |  |_ | | _||| : ||    _/
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ゝ_ゝノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ゝ_ゝ(_(__) ̄ ̄ ̄ ̄ゝ_ゝノ ̄ ̄ ̄
   /)  /)
  /  ⌒  ヽ
  |      :::|   < お先に・・・
 (      :::::|
 /     :::::::::|  
 |  |_/  ::::::::::|

シュレディンガーの猫


殺伐としたスレにシュレディンガーの猫が!
     ______
   /          /|
  ┃ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ┃< にゃー
  ┃          ┃ ┃
  ┃          ┃/
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  _人人人人人人人人_
 >  生 存 確 認  <
  ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

衝撃の一万円札


1 : TEKKAMAKI(岡山県) :2014/02/06(木) 12:24:57.08 ID:uSec6Rsy0
今日発見した衝撃の一万円札。

9 : ジャンピングエルボーアタック(東日本) :2014/02/06(木) 12:26:40.21 ID:T/Xy+o3a0
バカだろこいつ落書きして印鑑まで押して


しょぼん太


我が名はしょぼん太 別棟の中の王
父と母よ我が業をみよ そして絶望せよ

新聞


■新聞購読を止めてみる?年間約5万円の節約に

なんとなくダラダラと購読し続けてしまう新聞・・・テレビ欄やスポーツ欄くらいは見るし、近くのお店の
チラシは入っているし、たまには興味のある特集記事が掲載されていたり・・・

「契約の更新のときも、なんとなくサインしてしまっていませんか?」

メジャーな全国紙を朝刊・夕刊のセットで購読すると「月額約4,000円、年間で5万円近い出費」となります。
また、毎日出る読み終わった新聞をまとめて捨てるのも意外と小さな手間に。さあ、思い切って新聞購読を止めてみませんか?

「浮いたお金と時間を、より有効的に活用」することで、人生が変わるかもしれません。」


ヒトラー「新聞はピアノの鍵盤である。たたき方によって、天国を地獄に、地獄を天国に思わせることも出来る

ゲッベルス「新聞を手にする者は、世論を手にする。世論を手にする者は、真実を手にする。真実を手にする者は、権力を専有するようになるのだ
われわれの目標は報道することではなく、刺激し、焚きつけ、煽り立てることであった



新保さん


高校の頃、英語の授業に20代前半アメリカ人のイケメン教師が来た。
授業は一人一人先生に名前を呼ばれ、前に出て対話形式で進められていった。
先生には授業前に生徒の名前をローマ字に直したプリントが渡されていた。

授業が始まると片言の日本語で挨拶をする先生に女子連中はキャーキャー。
だが、それを結構厳しい口調で注意するような真面目な先生だったので、みんな真剣に授業に取り組んだ。

授業は順調に進み、結構人気のあった 女子の「新保(しんぽ)さん」の番になった。
先生はそれまでやってきたように大きな声で彼女の名前を呼んだ。
「ジャアツギノヒトネ。ンーーアーー・・・チンポ!ちんぽサン!」
生徒は一瞬凍りついた。

教室にいた全員が瞬時に「笑ってはいけない!」と思った。
たぶん「シンポ」と言っているんだろうけど、どう聞いても日本語の「ちんぽ」だったし、
「それまで片言だったのに、なぜよりによって「ちんぽ」の発音だけがこんなにもネイティブなのか」とか「なぜ「ちんぽ」に敬称を付けているのか」等を考えだすとみんな耐えられなくなった。
結局新保さん以外の全員が爆笑。

新保さんは顔を真っ赤にしてうつむいていた。
その様子を見ていた先生は状況が飲み込めていないようだったが、
生徒の一人がみんなの笑いものになっている状態だけは理解できたのだろう。

突然般若のような顔になり、その爆笑をかき消すかのような大声で
「シャァァラッップッ!!」と全員を一喝した。
その表情とテンションの凄さに、 教室は水を打ったように静まり返った。
しかし先生の怒りのボルテージは上がったまま。

新保さんの肩に手を置くと「ナデ?ナンデミナチンポヲワラウ?ちんぽガナニカシタ?」
全員が「お前のせいだ!wあと男性生殖器の名称を連呼 するのをやめてください」と思っていたと思う。
その後、慰めようとしたのだろう、先生はやさしい口調でうつむいて座っている彼女に語りかけた。
「ちんぽゲンキダシテ。マエニキテクゥダサイ。ちんぽスタンドアップ!」

新保さんも笑った。

STAPの力


記者の執拗な追求を受けた小保方氏が会見の最中に注射器を取り出して
「愚かな連中め!見せてやる、これがSTAPの力だ!」とか叫びながら自分の心臓に針をブッ刺して細胞注入、
苦しみだしたかと思うとみるみる異形の怪物に変貌して、
取材陣を蹴散らしつつ街に飛び出す様子がお茶の間に中継されないかなあ

スナイパー


  • またの名を狙撃手という。

   ∧_∧
  ( ´・ω(ニ0=ニ(()____.
  (  、つヮっ―'''''''''' ̄ ̄ ̄
 ⊂_)/ 〉 :: :::\
''''''''''''''/:: 〈    /



||||||||||||||||||||||||||||   ....┳  ::||||||||||||||||||||||||||||||
|||||||||||||||||       ..┠ +20   ::||||||||||||||||||||
||||||||||||| .        .┃           :|||||||||||||||
|||||||||           ┠ +10       ||||||||||||
|||||||           ∧_,,∧             |||||||
||||||: ┣┿┿┿┿  (´・ω・) ┿┿┿┿┫   :|||
|||||||||:         / >>1 \           :|||||||
||||||||||||,     ⊂  ) ┠ -10つ       :|||||||||
||||||||||||||,        (_.┃⌒ヽ      |||||||||||||||
||||||||||||||||||:        ..┠ -20}   ||||||||||||||||||||||
|||||||||||||||||||||||||||||   ..ノ┻   :||||||||||||||||||||||||||||

成功とは


6歳 成功とは...おもらしをしない事である。
12歳 成功とは...友達がいる事である。
16歳 成功とは...運転免許を持つ事である。
20歳 成功とは...セクロスできる事である。
35歳 成功とは...お金を持っている事である。

50歳 成功とは...お金を持っている事である。
60歳 成功とは...セクロスできる事である。
70歳 成功とは...運転免許を持つ事である。
75歳 成功とは...友達がいる事である。
80歳 成功とは...おもらしをしない事である。

聖水


娘「お母さん、聖水って何?」
母「おしっこ」(小声で)
娘「えー、じゃあいらない」

セレナたんかわええええええええええ!ハァハァ(*´Д`) (*^_^*)


        (<、,,> ":::::::::::::::::::::::::::: 、
      ~〈/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::)
       〃:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::<、    ど ロ こ
     ~そ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,)   も リ の
  、_ ,, /::::::::::::::::::::::::、,ゝ===く:::::::,:::::ヽ  め コ
    `V::::::::::::::::::::、_γ      `ヾ,_ < ! ン
     l::::::::::::::::::::::く(   r,J三;ヾ   )> く,
 ~v,ん:::::::::::::::´:::::::=; {三●;= }  ,=ニ `/l/!/⌒Y
     l:::::::::::::::::::::::::::::ゝ≡三=イ ´::::゙:::::::::::::::::::::::::::::::
 、m,.. ,ゞ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 ´ " ~ ヘ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
       (<、,,> ":::::::::::::::::::::::::::: 、
      ~〈/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::)   い  ロ た
       〃:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::<、   い  リ ま
     ~そ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,)  よ  コ に
  、_ ,, /::::::::::::::::::::::::、,ゝ===く:::::::,:::::ヽ  ね ン は
    `V::::::::::::::::::::、_γ      `ヾ,_ < ! も
     l::::::::::::::::::::::く(   γ⌒ヽ  )> く,
 ~v,ん:::::::::::::::´:::::::=;       ,=ニ `/l/!/⌒Y
     l:::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ===イ ´::::゙:::::::::::::::::::::::::::::::
 、m,.. ,ゞ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 ´ " ~ ヘ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

前科三犯



【>>1(48歳無職童貞)前科三犯の罪名と詳細】

◉盗撮 スーパー銭湯の脱衣場で当時小学六年生の被害者(肥満児童)の脱衣中と脱衣後の裸体を盗撮。現行犯逮捕。

◉窃盗 スーパー銭湯の脱衣カゴから、当時小学五年生の被害者(肥満児童)の下着を盗む。現行犯逮捕。

◉痴漢 スーパー銭湯のサウナで当時中学一年生の被害者(肥満少年)の裸の胸や下半身を触るが、
抵抗する被害者の悲鳴を聞いた従業員と客に取り押さえられる。現行犯逮捕。


早朝のオッサン


コンビニでバイトしてた時、早朝に作業着姿で現れてワンカップを購入して店の前で一気飲みし、
「オッシャー!」って叫びながらワンカップを地面に叩きつけて粉々にして帰るオッサンがいて
出陣前の戦士みたいで格好いいけど、掃除大変だからやめて欲しかったな


ソース


    ./  ̄ ̄ ̄ ̄\
    |          |_____
    |           _____|
    i.ー―------―|
    |    ―  ― |
    |    ⌒  ⌒ |   ソースあんのかよソースwwww
    i     ,ノ( 、_)ヽ i
    |      トェェェイ |
    !     |┬-l|  |
    |      ー ´   |
    .|\ ____ /|
    ヽ     醤油  /
     ` ー ----‐‐ ´


ソ ー ス は ど こ ?


         ソ ー ス は ど こ ?
                                |三|
   , -ー‐‐─-、  ,-ー─‐‐-、              /_____\
   |     | i.  ,! |     |     |三|   |ギコーマン|
   ‐-------‐!ニ!‐-------‐     /_____\  |___醤⊂ヽ
   i/ ̄ ̄丶.i::;三;::i../ ̄ ̄ヽi    |ギコーマン|彡>:::(,,゚Д゚)ノ
 卩||(゚д゚,,) | i::;三;::i |(,,゚д゚)|| Ψ  |_醤油___| 彡.:(ノ::: ::: |
 ⊂||中濃 ヽ)::;三;:::::(ノ中濃||⊃ ∑(゚Д゚,,)::<  |:::::::::::::::::|
  ̄ ̄ ̄ ̄⊂⊃ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄⊂⊃ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          (ξ';;::;;)          (ξ';;::;;)

Source


    ./  ̄ ̄ ̄ ̄\
    |          |_____
    |           _____|
    i.ー―------―|
    |    ―  ― |
    |    ⌒  ⌒ |   Is there source? ah?
    i     ,ノ( 、_)ヽ i
    |      トェェェイ |
    !     |┬-l|  |
    |      ー ´   |
    .|\ ____ /|
    ヽ  Soy source /
     ` ー ----‐‐ ´

そば屋


今日、ちょうど定年退職をむかえた初老の男が
ひとり、駅前の立ち食いそば屋で一杯のそばを食べている。
エビの天ぷらが一尾のっかった一杯500円のそばだ。
男は30年も前からほぼ毎日昼休みこの店に通っているが、
一度も店員とは話したことがない。
当然、話す理由なども特にないのだが、今日
男は自然に自分と同年齢であろう店主に話しかけていた。
「おやじ、今日俺退職するんだ。」
「へぇ・・・。そうかい。」
会話はそれで途切れた。
ほかに特に話題があるわけでもない。
男の退職は、今日が店を訪れる最後の
日であることを表していた。
すると突然、男のどんぶりの上にエビの天ぷらが
もう一尾乗せられた。
「おやじ、いいのか。」
「なーに、気にすんなって」
男は泣きながらそばをたいらげた。
些細な人の暖かみにふれただけだが涙が止まらなくなった。
男は退職してからも、この店に通おうと心に決めた。
男は財布から500円玉を取り出して、
「おやじ、お勘定」
「800円」




思ったことを書いてみよう

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る
  • アンチってのは主観にしろ客観にしろ、見当外れな事を言う奴の事だ
    見当が外れてないならそれは普通の批判だ -- (名無しさん) 2014-11-04 16:21:40