麻雀大会運営の仕方

麻雀大会運営の仕方


大会運営の流れ

  1. 大会の会場を作ります。トップページ(http://tenhou.net/)より「個室」(http://tenhou.net/make_lobby.html)へ移動します。
  2. 「大会ロビーを作成する」をクリックします。
  3. 「公開用URL」と「管理用URL」をメモします。(※「管理用URL」は公開しないようにしてください)
  4. 「管理用URL」にアクセスし、大会名・開催日・ルールなどを設定します。
  5. この時点で賞金計算用のEXCELシートやgoogleスプレッドシートを作成しておくと便利です(例として単純に合計金額を元に1位40%、2位30%、3位20%、4位10%などの結果が出るセルを作るだけです)。電卓で計算しても問題ありません。
  6. スレで大会を告知します
  7. 大会開始日、開始前に1~2回スレで告知します。
  8. 少し早めに大会開場にログインしておきます。
  9. できればでいいのですが、IDをもう一つ用意して別のパソコンでログインしておくと、ゲームを行っていてもチャット内容が把握できて便利です。仮想マシンなどでも大丈夫です。
  10. 時間になると開始時間をカウントダウンしてた部分が「予約」ボタンに変り、参加者がゲームを開始します。
  11. 天鳳の結果ログ更新は毎時5分・25分・45分なので、そのタイミング(ちょうどだと更新されない場合があるので+2分後くらい)に合わせてログから「ランキング生成ツール」を使ってランキングを生成し(詳細は後述)スレに発表します(途中経過の発表は任意です。最後まで結果を発表しない大会もいいかもしれません)。
  12. ただし「連続*戦の最大合計得点」の場合は上記とは異なり、天鳳用ツール「人鳳」を使用します。(詳細は別途記述予定)
  13. 全ての対戦が終わるまで待ちます。
  14. 結果ログの更新タイミングに合わせて、ログを取得、ランキングを生成しスレに発表します(「連続*戦の最大合計得点」の場合は上記で説明した取得方法にて取得)。
  15. 決勝がある場合、「管理用URL」にアクセスし「対戦許可」の欄に決勝出場メンバー名を記述します(1行に1名ずつ)。開始・終了時間を調整し対戦できるようにします。
  16. 決勝の結果は、ゲーム終了後にチャット画面に表示される結果(例:#END プレイヤー1(+44.0) プレイヤー2(+4.0) プレイヤー3(-16.0) プレイヤー4(-32.0) )より取得します。
  17. 順位が確定したら入賞者にチャット画面にアドレスを書いてもらいます(大会ロビーにいるプレーヤはチャットに"/w"と入力することで確認できます)。
  18. 賞金合計を元に各賞金を計算します。
  19. 入賞者に賞金を支払います。

ログの取得、ランキングの生成の仕方

  1. 「ログ / 一覧」(http://tenhou.net/sc/raw/)にアクセスします(開いたままにしておくといいでしょう)。
  2. 一覧表示されているログの一番下の行の「表示」をクリックします。
  3. 表示されたログを全てクリップボードにコピーします。
  4. 「対戦ログ集計ツール」(http://tenhou.net/ranking_tool.html)にアクセスします(開いたままにしておくといいでしょう)
  5. 「ログ入力欄」横の「クリア」ボタンをクリックします。
  6. 「ログ入力欄」に先ほどコピーしたログを貼り付けます。
  7. 集計対象個室ロビーには大会URLの頭5文字を記述します(「C12345678」の場合「C1234」)。
  8. 大会ルールに合わせて「集計ルール」「規定対戦数」を入力します。
  9. 「集計する」ボタンをクリックすると、下にランキング表が作成されます(一般的に使うのは、一番上の「C1234通算得点ランキング(1戦以上)」です。最終結果の場合、規定3戦などの場合は3戦以上にします)。

注意事項

  • 約10日以上設定の変更がなかった場合、大会ロビーは自動で削除されます。同じ大会URLで開催したい場合は週1くらいで適当に内容を更新してください。

その他

  • 参加者が20名以上する場合、申請すると「大会ロビー対戦者数20人につき7日分の無料チケット1枚」が受け取れます。(http://tenhou.net/man/#FREETICKETS
  無料チケットを使うことにより一枚につき7日分のプレミアムと同じ状態になることができます。
  具体的にはプレミアム版での綺麗な画面でプレイできる、ポンやチーの音声が自前の音声にできます。
  初段以下の場合は上卓に参加できる、鳳凰卓に挑戦できます(要7段以上)。
  牌譜を保存、牌譜再生時に全牌山をオープンできます。
  理論上一週間持たせる→次の大会で無料チケットが出てる場合優勝してもう一回使うの繰り返しでプレミアム状態を保つことができます。