三向聴以上の選択


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


配牌で1面子もない時の打ち方
  • 他に仕掛けられる役が無いなら役絡みの浮き牌は役に絡まない愚形搭子より残す
(愚形搭子が埋まれば平和のリャンメン搭子が揃う場合や、リャンメンが比較的多くタンヤオも見える場合は孤立役牌は切る)
  • チートイ、トイトイは残して3対子は残す
  • 3ブロックしかなくてもホンイツをみて孤立字牌を残す(面子候補十分で他の色がいずれも搭子、染めなくても役有りで打点十分の場合は例外)
  • 他に役があればチャンタは3ブロックからはあまりみない
  • 8種でも仕掛けがきかないなら国士は残す

このように打つことで字牌等の比較的安全度の高い牌を抱えやすくなり、自然と守備力を兼ねた手組になりやすいのもメリット。