ステージ(路線)

STAGE01 名古屋本線

名鉄岐阜が最初に挑戦する路線。現実の名鉄とともに、岐阜~豊橋間を結んでいる。
岐阜、一宮、名古屋、東岡崎、豊橋など、主要駅が軒並み揃っている。
ほぼ全ての路線へと繋がっており、正に 名鉄の大動脈 ともいうべき存在である。

STAGE02 河和線、知多新線

太田川から、河和、内海へと繋がる路線。位置関係上、岐阜一行は常滑線よりも先に挑戦。
中部国際空港の開業後、めっきり存在感が薄くなってしまったという、
常滑線とは見事に明暗が分かれた形になっている。

STAGE03 常滑線、空港線

神宮前と常滑を結ぶ、名鉄の主要路線の一つ。途中の太田川からは、河和線にも繋がる。
かつてはそれほど目立っていなかったが、中部国際空港の開業後、
そこに繋がる唯一の路線として、一躍注目を浴び始めた。

STAGE04 各務原線

岐阜~新鵜沼間を結ぶ路線。犬山へと続く。この辺りになると、
駅長たちも状態異常をしかけるようになってくる。全体的に古風で、
戦国時代を思わせるナリをしているものが多いのが特徴だが、これは作者のイメージ。

STAGE05 犬山線

新鵜沼~名古屋間を結ぶ。雰囲気は各務原線と似ているが、全くの別物。
かつては観光路線としても名をはせていた。
犬山と犬山遊園の間にそびえ立つ、犬山城が印象的。

STAGE06 竹鼻線、羽島線

岐阜一行初のローカル線。笠松が管理しているため、岐阜はやる気満々。
戦う駅長の数は多くないものの、エンディング後では、
移動手段が追加される路線でもある。

STAGE07 尾西線、津島線

尾西線は、一宮をはさみ、玉ノ井~弥富間を結ぶ。
津島線は、津島~須ヶ口間を結ぶ。駅長の戦う順番が滅茶苦茶な路線。
路線の番人は、津島駅長。

STAGE08 三河線、豊田線

北は猿投、南は碧南まで、縦長く伸びる三河線と、名古屋へ向かう鍵となる豊田線。
やたらと素早かったり、みりんで体力を回復したりと、変わった駅長が多い。
路線の番人は、豊田市駅長。

STATGE09 西尾線、蒲郡線、豊川線、築港線

利用者減少の荒波にも負けずに立ち向かう、西尾線と蒲郡線。
戦う駅長数が少ないためにひとくくりにされた、豊川線と築港線。揃って不憫。
しかし、駅長たちは揃って個性的。番人は西尾駅長。

STAGE10 広見線、小牧線

広見線は御嵩まで、小牧線は上飯田まで。
両線共に犬山色に染まっており、影響をもろに受けている。
路線の番人は、上飯田駅長。小牧駅長涙目。

FINAL STAGE 瀬戸線

岐阜一行が最後に挑んだ路線。直前まで存在を忘れられていた、不憫な人たち。
他路線と切り離されているからか、どの路線よりも癖の強い、独特な駅長が揃い組み。
中には、戦いに進むことすらも困難なこともあるらしい。
栄町と、尾張瀬戸のダブル番人。

EXTRA STAGE 名古屋市営地下鉄

第3章終盤に解禁される、市内鉄道。一部の駅は、名鉄と繋がっている。
名鉄のローカル線駅長を倒していくごとに、行ける駅が増える。
今回の騒動には基本無関係のため、話しかけても戦いは挑まれない。
だが、岐阜一行の活躍は見ていたようで、割とフレンドリー。


名前:
コメント: