第一京樂大橋

第一京樂大橋
The first Beijing bridge
所在地神楽月共和国 日和佐県京樂市
全長4,767m
最大支間長3,750m
高さ245m(主塔)78m(航路区間)
航行可能船舶上限全高58m 喫水線下30m
型式3径間2ヒンジ補剛トラス吊橋
材質特殊鋼
建設期間1998~2018年
日間平均通行台数24,900台
路線名国道35号線(京樂三栗洲自動車道)
道路区分第一種第二級
路線区分4車線(片側2車線)
設計速度普通乗用自動車100km 大型貨物自動車90km


第一京樂大橋

第一京樂大橋(正式名称:神楽月海上自衛軍直轄第参號重要島嶼地区海上管理区域京樂三栗島間大型連絡橋、英:Kagura-Maritime Self-Defense Army directly under the No. 3 important Island District marine management area keigaku Miguryuujima island between first large bridge)とは、第参號管理区域に指定されている日和佐県京樂市三島区翁川と阿南府三栗島市橘町加宮とを結ぶ天樂海峡を横断して掛けられた国内最長の吊り橋。京樂市が第参號管理区域に指定されている関係で神楽月海上自衛軍の直轄となっていることから「兵隊橋」の名で親しまれている。