M18中戦車

概要

M18中戦車 "河狸"とは、博柳乃国において開発・製造され、運用されている戦車である。

開発

 開発前、博柳乃国では旧式のTNTキャノンを主兵装とする車両を運用していた。
しかしこれらの砲は構造上火力強化が難しく、また重量もかさみ大型で「歩兵支援や防御戦にすら適さぬ車両」と言われる有様であった。
 これらの問題を脱するため、XT-18"試製戦車18型"(現在の制度では"T18戦車")として滑走砲を旋回砲塔に搭載した車両が開発されることになった。
しかし当時の博柳乃国には滑走砲製造のノウハウや大型砲塔の製造経験がなく、開発は難航した。
搭載する滑走砲はすでに公開されていたものを模倣することで確保したが、砲塔とそれに合う車体の設計が進んでいなかったのだ。
 XT-18の開発の遅れに危機感を抱いた陸軍上層部は、急遽滑走砲を固定式に搭載した自走砲の開発を指示した。
大型の砲を戦闘室に固定式に搭載する技術は当時の博柳乃国にも存在したため開発は比較的順調に進み、
試作車が完成し大急ぎで試験を行うと、試験結果良好としてAT-1自走砲として採用された。
 AT-1が採用される頃には開発陣の尽力もあってXT-18の砲塔の設計も大方終了し、急ぎ試作が行われることになった。
試作車は大急ぎで設計されたこともあって洗練されていない上に改善の余地が大きい車両であったが、
一刻も早く滑走砲搭載戦車を入手し配備するべきという陸軍上層部の判断もあり、
MT-3中戦車"河狸"(現在の制度では"M18戦車")として制式採用された。

改良と改造

 M18戦車は採用当時ですら全く非力というほかない車両であったが、度重なる改良と改造によって最低限の能力を確保することに努めてきた。
具体的には、B型で限定的とはいえ水流装甲を装備、
D型で火力の強化と車体及び砲塔の改設計、
E型で対戦車砲(対水砲)の装備、といったところである。
F型はM18戦車の対戦車戦闘能力が陳腐化した後にできた改造型であり、高威力の榴弾砲を搭載した支援車両である。
現在運用されているM18戦車のほとんどはこのF型であり、D型以前のものは博物館などで見られる程度である。
 M18戦車は改良型の新規製造だけにとどまらず、改造キットの部隊への配布などによる既存の車両の改造も頻繁に行っている。
多くの場合はこの改造キットで装備の更新を行っていたが、
D型からE型への更新の際には現地改造で済む程度のものでは無かったため工場での改造と新規製造で対処した。
同様にE型からF型へ更新する際にも工場での大規模改造が行われたが、こちらの場合には新規製造を行っていない。

派生車両

 M18戦車は手ごろな大きさの車体と高い拡張性を持っていたため、数多くの派生車両が開発された。
対戦車自走砲2種、自走榴弾砲2種、自走対空砲1種、装甲兵員輸送車1種とその派生型4種である。
M18戦車そのものの形式とこれら各車両の形式を合わせると38形式にもなり、これは博柳乃国が今までに運用した車両で最多である。

形式

 M18戦車そのものの型は合計で19ある。
+ A型
+ B型
+ C型
+ D型
+ E型
+ F型