Masao World Adventure 外伝 リリスの陰謀

『Masao World Adventure 外伝 リリスの陰謀』(まさおワールドアドベンチャー がいでん リリスのいんぼう)は、尾長氏によって執筆されている外伝ストーリー。

概要

尾長氏が初のMasao World Adventure外伝として執筆された本作品は主に凶悪な人間との戦いが主眼に置かれている。画像も尾長氏が担当し、描き下ろしでリメイクされた歴代正男サイトの悪の戦士たちが次々と登場。『正男の集い場』のリリス・ブライアン(但し、全く別の設定で登場)・三賢神や、『IKYSTHEHOMEPAGE』のレックス。『平安貴族の平安京』の平助・クラック、『Super Masao Empire』のθを始めとする、元祖・長編を問わず、各正男サイトの敵キャラ達が多数登場している。

本編との関連

当作品は『Masao World Adventure』本編の第5章において、正男たちがルドアと対面してから幾つかの世界を旅した後のお話となっており、当初から具体的に時系列を設定してはいなかったが、本編と直接話を繋がるよう辻褄を合わせるのが困難になったため、最終的には『あったかも知れないもうひとつの未来』という形で描かれることになり、結末も執筆者である尾長氏に完全に任せることとなった。とはいっても本作品が完結する見込みは今のところなく、どのような結末になるか現時点ではまだ不明である。

あらすじ

世界混雑が発生し、正男たちは遂にその黒幕であるルドアと対面した。しかしルドアには逃げられその後正男たちは幾つかの世界を巡っていたのだが、ルドアとは別の勢力もまた世界混雑を齎そうとしていた・・・。
『正男の集い場』のリリスは本来すでに死んだ存在だが、"別の世界"でのリリスはまだ生きていた。その世界のリリスは頭上で買ったばかりの電化製品が大爆発したのでその腹いせとし、自分と"ブライアン"以外の人間を全員埋めた。ここでリリスは考えた、『もう正男とか浩二とかいうレギュラーの存在も、完全に死ねばいいのに・・』と。
数年後、リリスは持ち前のパワーにより世界の時空を捻じ曲げ、正男を殺すための別世界を制作し、そこに正男を誘拐した。その世界でいま死闘が始まる・・・。

登場人物

本編のキャラクターは『Masao World Adventure』を参照。ゲストに登場したキャラクターはそれぞれ当Wikiサイトに存在する『正男の集い場』、『平安貴族の平安京』等を参照。
ここでは、本作品のオリジナルキャラクターや大きく設定がリメイクされたキャラクターのみ記述する。
  • 魔王リリス
謎の組織"デスリリス"の総帥。
決して破ることの不可能と言われる結界を作り出す程の力を持ち、正男たちレギュラー4人や、WPSの幹部たちを結界に閉じ込める。本編の黒幕であるルドアと繋がりがあるようだが、その経緯は不明。
『正男の集い場』のリリスをリメイクしたキャラクターだが、本家とは違って巨大た顔と手だけの存在で、大量の酸を口から吐き出すなど、本家リリスの原型は殆どない。恐らく男性。
  • ブライアン
リリスの部下。名前・黒い眼帯をつけている。この2つの特徴を除けば本家とは全くの別人で、狂人的な性格。髪の毛が一本もなく、半裸。ナルシスト。台詞の語尾に『☆』がつくことがある。ボス戦では罠としてうんこが設置されている。必殺技は毒パンチ拳、らしい。ライと戦うが彼に敗北し、その後はどうなったか不明。