長編4~Menace by the Bloody Scorpion~


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ストーリー

防衛軍解散から数週間後・・・
新しく興った"I・G・E(不滅の神帝国)"と、これまで虐殺を続けてきた十二使徒軍が交戦状態に入る。
戦いは終わるどころか、さらに規模の大きな物になっていたのである。
その頃、卑劣な軍人皇帝"ダリウス"の捕虜となった旧防衛軍のメンバーは
再び正男のような勇者が現れるのを待ち望み、防衛軍の再興を祈った。
また、捕らえられなかったカルロスや紅鳳などは
帝国軍や十二使徒軍によって引き起こされた惨禍を目の当たりにし、
憤りを覚え、連中と戦う決意をする。
さらには帝国軍の中でも不穏な陰謀が企てられ、それは着実に進行していた・・・
防衛軍の復活の日、ましてや世界に平和が訪れるのは何時になるのであろうか・・・?
そして多くの仲間達や敵達が戦場で果てる中、残された者は何を思う・・・?

関連リンク