スーパー正男3(ヨシキワールド)

説明

2007年3月11日に公開されたスーパー正男第3弾
新しい仲間とともに冒険が始まる。
今回のオープニング・エンディングはGIFアニメになっている。

ストーリー

正男が散歩している途中、また浩二からとんでもない事実を聞いてしまう。
それは国中がメカだらけだということ
その犯人は悪の天才科学者「おいさと博士」だった。
正男はおいさとをやっつけるためまた冒険にでかける。

登場人物/正男とその仲間達

  • 正男
主人公。今回はそれほどピンチにはならない

  • 浩二
正男2で初登場したが
今回のストーリーで少し影が薄くなってしまった。

「スーパー正男」では謎の少年として登場したが
その正体は今回で明らかとなった。
性格はちょっと素直じゃない
だが、そこが彼の魅力だったりする。
いわゆる"ツンデレキャラ"

登場人物/主な敵キャラクター

  • おいさと博士
IQ300を持つという悪の天才科学者。
おいさとの基地で正男に成敗されるが
どこかへ逃げてしまう。

  • カッター2
前作、緑の丘で木を切り倒していたメカの2号機
造ったのはおいさとだった。
1号機と比べて大してパワーアップしてない。

  • メカガメ製造機
メカガメを製造するためだけのメカ
何の役にもたたないし、しゃべることもできない。

  • グレネードン
グレネードをたくさん詰め込んでいる。
そのため、正男に倒されたときの爆発はかなり大きく
地面を崩し、彼らを地下道まで落としてしまう。

  • メカバクバク
おいさとがバクバクのデータをコピーして造ったもの。
ステージ14で正男が敵とも知らず手助けをしてしまうバカなメカ
なぜ日本語をちゃんと喋れるのかは不明・・・。

  • カプトール
他のメカと比べて性能が高く、丈夫。
正男によって倒されるが後に復活してしまう。