チェーンオイル・グリスなど

最終更新日:2018.5.20 ●洗浄・注油サービスの意義
5.6 ●556の使い方の問題
2017.6.25 ●定期的にグリスアップを怠ると起こる悲劇
6.11 ●錆取り剤の注意点
5.21 ●酷いとしか言いようがない使い方(556)
4.23 洗浄剤系に「●マット塗装の汚れ落とし」を追加
1.15 ●ローラーブレーキグリス用の隙間ノズル(1.22 販売店の感想を追記)
2016.9.25 ●ワコーズ「フォーミングマルチクリーナー」(FMC)A402 380ml
9.11 ●注油をする必要性について
9.4 ◆ワコーズの洗浄剤で自転車クリーニング
8.21 ★各種オイルの防錆性能の比較実験、●自転車メンテにはワイプオール
 〃 ●ワコーズのブレーキ&パーツクリーナーの違い
8.14 オススメのグリスの最安値調べ、●ワコーズ「パーツディグリーザー」
8.7  UP


▼チェーンオイル・グリスなど━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「ケミカル類」では分かりにくい場合もあると思ったので、あえて「チェーンオイル・グリス」とした。
個人の日常的なメンテナンスの状態が一目瞭然で分かると共に、店の技術レベルの指標にもなる非常に重要な項目。

▼チェーンの手入れについて

ローメンテナンスでチェーンを錆びさせたくないならサビ除け塗装が施されたものを使うこと。(反面、動きは渋くなる傾向)
軽快な動作を維持するにするためには、(特に雨天走行後)水置換タイプのチェーンオイルを付け忘れないこと。
片手はキッチンペーパーなどでチェーンの下部分を覆いながら、もう片方でオイルを塗布する。
●塗布する場所は「プレートの間に挟まれたローラー部分」
●液ダレが止まらない状態は付けすぎ
●プレート表面は錆び避けで薄く付いているだけで十分なので、キッチンペーパーなどでふき取っておく
ふき取りが甘すぎると埃や汚れを早期に呼び込むことになる。

▼固着しやすい部分には固着防止剤

 ・ステム(ハンドルポスト)の軸
 ・シートポスト(シートピラー・サドルポスト)の軸
 ・ペダルの取り付け部分
 ・BB部分(クランクの根本)のねじ
万能グリスで十分といえば十分だが、固着すると厄介極まりないので本当に注意したい箇所。
ASC-1 アンチシーズコンパウンド、スレッドコンパウンドなどの固着防止剤で確実に防ぐのもあり。

▼前後ハブとヘッドパーツ(前フォークの上下ベアリング部分)・BB(カップ&コーン)にはグリスを入れること

特に新車納車前に、言わなければグリス追加をしないような店であれば、追加料金を支払ってでもグリス追加は必須。
そのための技術どころか工具すら持っていない店では後々を考えると買わないほうが得策。

●注油をする必要性について

cs-shinwa.sblo.jp/article/176763847.html
自分で(556ではない自転車用のチェーンオイルを)注油する気がないなら
「店に定期的に訪問すればいいだけ」なのだが、
説明書があってもなくても「自転車を快適に乗るために日常的にすべきことは何か」という
思考そのものが欠落している人が確実に居るというのは、タイヤの空気圧不足の自転車を見ても明らか。

安物自転車でも各所への手入れを「丁寧にすれば」早々に錆びるというものでもないだろう。
でも「壊れたら買い替えたほうが早いし安い」と思い込んでいるなら
いつまで経っても「ほとんどの期間で快適ではない自転車」を乗り続けることになる。

それでも「自分は間違いのない選択をしている」と言い張るのであればそれは自由。
大半の人は(まともに整備された自転車の違いとその価値について正確に理解できていないために)
「日常的に」手入れすべきだと思うだけの「動機付けがない」か、
気付いていても「訪問しやすい信頼できる店」もないというのが現状か。

●定期的にグリスアップを怠ると起こる悲劇

ameblo.jp/cycle-plus/entry-12282441721.html
ameblo.jp/cycle-plus/entry-12284842979.html
最初から水が入り込みやすい隙間がある妙な形状のシートポスト自体に難ありに思えるが
装着時にグリスを一切塗布していないまま長年放置してきて固着した可能性が高い。

サイズ違いのポストを無理やり差し込んで使うと似たようなことになってしまう可能性もあるので注意。

どちらにしろ、簡単に外せなくなるとこうした手間も時間もかかるような方法でしか外せなくなる。
ドリル(回転ヤスリ)で穴を広げ、ノコを入れて短冊状に分轄
と文字だけでは簡単そうに見えても
実際の作業の手間を考えると個人的には余程の利益でもなければ頼まれたとしても断りたい。

工賃については書かないとは思うが、単にシートポスト交換というわけでもないので、
この作業の時間工賃を考慮するとボランティア感覚でも1万円以上、
賃料が高いような場所であればそれ以上かかると言われても不思議ではない。
雑多な店では「(例えば)工賃は最大でも5000円までしか支払えない」と
言い張るような客からは(面倒な割に儲からない=赤字として)受けない作業だろう。

屋内保管であれば最低でも年1回、屋外保管であれば半年に1回は
シートポスト、ステム、ペダル、出来ればBB椀も外して
ネジ溝に薄くグリスを塗っておかないと後々交換や整備をしようと思ったときに
非常に困ったことになる。


◆ワコーズの洗浄剤で自転車クリーニング(チェーンクリーナーなど)

www.beckon.jp/20150707/9614/
(フォーミングマルチクリーナーの解説)
サドル(本革除く)やバーテープ、タイヤ、ホイールまでぜーんぶ使えます。
他社のガラスクリーナー系は大概シリコン入りだけど、ノンシリコンタイプの為、タイヤやブレーキに 使っても滑りません。
ホイールは、ブレーキカスもとれ、リムもきれいになります。
こちらも、チェーンクリーナーと一緒で水洗いやすすぎの必要が無く、ふき取るだけでOK。
室内で使えるのでオススメ。高い気はしても便利で良い商品なので払う価値があると思える。

●ワコーズ「フォーミングマルチクリーナー」(FMC)A402 380ml 定価1000円+税

ワーサイでは1058円税込(+送料)
www.worldcycle.co.jp/item/wak-j-a402.html
www.konscycle.com/blog/blog.php?id=2285
▼主に使う箇所の紹介
「フレーム、キャリパー(及びV・カンチ)ブレーキ、タイヤ、リム、グリップ、サドル、リアディレーラー、ボトルケージ」
何といっても「水なし洗浄も可能」というのが最大の特長。
▼苦手な部分はチェーンのような汚れが多い場所
チェーンはやはり専用のワコーズ チェーンクリーナーを使うべきだろう。
ysroad-osaka.com/itemblog/2015/04/wakos-fmc.html
先にチェーンクリーナーでチェーンをある程度綺麗にしてから
マルチクリーナーの泡で残りの汚れを浮き出させる順番になっている。

●自転車メンテにはワイプオール

jitetsuu.com/blog-entry-108/
escape.poo.tokyo/use-wypalll-bicycle-maintenance/
古いシャツの切れ端のようなものが大量にあるとは限らない。
キッチンペーパーのようなものでも構わないが専用品があると便利。
「破れにくく毛羽立ちにくい」というのが特徴。
参考:「X70:50枚入り」amazonで710円
www.amazon.co.jp/dp/B001EHK01M

●ワコーズ「パーツディグリーザー」(V461)300ml 1600円+税

www.wako-chemical.co.jp/corporate/news/press160810.html

www.cycle-yoshida.com/pc/syousai.php?MODE=0&SYOCODE=00633685
ameblo.jp/bexisoya/entry-12187884720.html
blogs.yahoo.co.jp/zitensyaya/47642120.html
2016年8月発売
低臭なので室内作業にも適している。
カップやトレイに移してから刷毛で塗ってから水で洗い流す。
防錆成分ありのようだが、水洗いしたあとは当然チェーンには注油。
生分解性なので下水に流すことも可能。

●ワコーズのブレーキ&パーツクリーナーの違い

escape.poo.tokyo/wakos-parts-cleaner-bc/
BC-SJ、BC-8、BC-2、BC-9、CHA-C、FMC

▼オススメのオイル・グリス一覧━━━━━━━━━━━━━

[洗浄:チェーン] ★ワコーズ「チェーンクリーナー(CHA-C)」 [A179] 約1600円 (330ml) ゴム非侵食


[洗浄:全体] ★RESPO「ALMIGHTY」パーツクリーナー 約1600円 (420ml) ゴム非侵食


[固着防止] ★パークツール「ASC-1 アンチシーズコンパウンド」約1200円 113g

└最初に先端中央を爪楊枝などで穴を開ける 

[潤滑:チェーン] ★ワコーズ「チェーンルブ(CHL)」 [A310] 約1700円 180ml


[潤滑:ハブ・BB] ★シマノ プレミアムグリス「Y04110200」 100g 約1500円

( → グリスガン向け  (R2LCGRS125X) 約1500円 + (シマノ グリスガン[R2LCGRSGUNX] 約2000円)
◆シマノ「プレミアムグリース」は旧品の「デュラエースグリス」が同じ成分で名称が変わっただけ。

[潤滑:内装ハブ] ★シマノ 内装ハブ用グリス (Y04120800)    約1300円 100g


[潤滑:シフト] ★シマノ SIS-SP41専用グリス(Y04180000) 約1900円 50g  ※シフトケーブル向け

 M-SYSTEMはプレミアムグリス?

[潤滑:ワイヤー] ★ワコーズ「メンテルーブ(MTL)」 [A334] 約1700円 (220ml)

※ 前モデル(A333)から、主成分を変更し、第1石油類から第2石油類処方になり容量も増量されました。

[保護] ★ワコーズ「シリコーンルブリカント(SL)」 [A230] 約1700円(420ml)

シリコーン系潤滑スプレー ◆【樹脂・ゴム・金属】の保護・潤滑・撥水

ローラーブレーキ専用 ★シマノ ローラーブレーキグリス(Y04120400) 約1300円 100g  割高:約800円 10g


●ローラーブレーキグリス用の隙間ノズル

「ブリヂストン・ローラーブレーキ用グリースノズルセット(GN-ROL)」
ameblo.jp/cycle-plus/entry-12236838193.html
www.katayama-cycle.com/40_1740.html 約3000円
「100均で売ってそうな樹脂製ノズルだけで3000円」
www.yodobashi.com/p/pd/100000001002919821/ ヨドバシで4000円超え。
一ケタ間違っている気すらするが、業務用途で大量に作らないからこういう値段になってしまうのだろう。
それよりも、初期計画段階でこういったものを使わずに済むようなフレーム設計しないのは何故?
まさかこんなパーツまで売り込むためにわざわざ使いにくくしたとは思いたくはないが・・・。

www.jbpi.or.jp/statistics/internal-monthly-report/?action=multidatabase_action_main_filedownload&download_flag=1&upload_id=1435&metadata_id=110
ローラーブレーキのグリスを注入することを考えたフレーム作りを、
今後各社して欲しい(注入する商品は販売されましたが不便)。

ちなみに、ブリヂストンのローラーブレーキグリス100g(A827004)専用になっているが
www.yodobashi.com/p/pd/100000001001128782/(約2000円)
↑わざわざ割高なものを買う必要はなく、
↓シマノ SHIMANO Y04120400 [ローラーブレーキグリス100g チューブ]
www.yodobashi.com/p/pd/100000001001146726/(約1200円)
を買えば済む話。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

最安値調べ
ヨド・モノタロウ・アマ・ワーサイ・楽天
 ・色々買わない、1品のみ買うなら扱いがあればヨド。
 ・まとめ買い前提ならワーサイ。
 ・amazonは送料無料条件の有無を確認する必要あり。
 ・楽天は個別に安いものがあっても単品バラで買うことになれば割高。
 ・モノタロウは特にメリットなし

(価格は常に変動します。特にamazonは変動が激しいので注意)
頻繁にチェックして全て更新する予定もないので、以下の掲載価格はあくまで参考値として活用ください。

[洗浄:チェーン] ★ワコーズ「チェーンクリーナー(CHA-C)」 [A179] 約1600円 (330ml) ゴム非侵食
★ワーサイ 1285税込(総額で税込5400円未満は送料626円) www.worldcycle.co.jp/item/3113.html
ヨド:終売
モノタロウ:終売 www.monotaro.com/g/01018219/?t.q=CHA-C
アマ 1899税込:送料無料、他 www.amazon.co.jp/dp/B002TUONUM/
楽天 1296税込~

[洗浄:全体] ★RESPO「ALMIGHTY」パーツクリーナー 約1600円 (420ml) ゴム非侵食
★ワーサイ 1620税込(総額で税込5400円未満は送料626円) www.worldcycle.co.jp/item/7991.html
ヨド:なし
モノタロウ:なし
アマ 1620税込 www.amazon.co.jp/dp/B005X332UE/
★楽天(PALMY)1500税込 item.rakuten.co.jp/palmy/887744/

[固着防止] ★パークツール「ASC-1 アンチシーズコンパウンド」約1200円 113g
★楽天 (工具屋のプロ)1048税込(総額で税込5400円未満は送料540円~) item.rakuten.co.jp/mutsuura/10122613/
★ワーサイ:1088税込(総額で税込5400円未満は送料626円) www.worldcycle.co.jp/item/60650.html
★ヨド:1390税込(10%Pアリ)送料無料 www.yodobashi.com/p/pd/100000001002894847/
モノタロウ:1393税込  ihc.monotaro.com/item/C35522365/
アマ 1264税込 www.amazon.co.jp/dp/B00142ZVJ8/

[潤滑:チェーン] ★ワコーズ「チェーンルブ(CHL)」 [A310] 約1700円 180ml
★ワーサイ 1441税込(総額で税込5400円未満は送料626円) www.worldcycle.co.jp/item/48067.html
ヨド:終売
モノタロウ:1728税込 ihc.monotaro.com/item/C01041906/
アマ:1901税込(10.2確認時、ショップ販売で送料無料では1600円台もある) www.amazon.co.jp/dp/B0060F3XS0/
楽天(フォレストア):1361税込(送料750円)

[潤滑:ハブ・BB] ★シマノ プレミアムグリス「Y04110200」 100g 約1500円
★楽天(バイシクルラボ):1252税込(総額で税込5400円未満は送料500円~)
★ワーサイ 1333税込(総額で税込5400円未満は送料626円) www.worldcycle.co.jp/item/8607.html
★ヨド:1500税込(10%Pアリ) www.yodobashi.com/p/pd/100000001001146734/
モノタロウ 1501税込  ihc.monotaro.com/item/C38412105/
アマ:1364税込 www.amazon.co.jp/dp/B001XE15WO/

(グリスガン向け  (R2LCGRS125X) 約1500円 + (シマノ グリスガン[R2LCGRSGUNX] 約2000円)
★ワーサイ:1497税込(総額で税込5400円未満は送料626円) www.worldcycle.co.jp/item/46035.html
アマ:2068税込(送料無料) www.amazon.co.jp/dp/B00B708K6I/
楽天(ちゃりんこ王国)1270円税込(送料680円~)item.rakuten.co.jp/chari-o/r2lcgrs125x/
ヨド:なし・モノタロウ:なし

[潤滑:内装ハブ] ★シマノ 内装ハブ用グリス (Y04120800)    約1300円 100g
★ヨド:1220税込(10%Pアリ)www.yodobashi.com/p/pd/100000001001146735/
モノタロウ:1257税込 www.monotaro.com/p/1963/6645/?t.q=Y04120800
アマ:1109税込 www.amazon.co.jp/dp/B00B709EBS/
ワーサイ 1264円税込(総額で税込5400円未満は送料626円) www.worldcycle.co.jp/item/47956.html
楽天(パーツダイレクト)1000円税込(送料648円~)item.rakuten.co.jp/partsdirect/307020463/

[潤滑:シフト] ★シマノ SIS-SP41専用グリス(Y04180000) 約1900円 50g  ※シフトケーブル向け
★ワーサイ 1624税込(総額で税込5400円未満は送料626円)www.worldcycle.co.jp/item/8631.html
★ヨド:1830税込(10%Pアリ)www.yodobashi.com/p/pd/100000001001146737/
モノタロウ:1825税込 ihc.monotaro.com/item/C38412114/
アマ 1934税込 www.amazon.co.jp/dp/B001NMTIKW/
楽天(ザ・パワフル)1433税込(総額で税込8000円未満は送料600円~)

[潤滑:ワイヤー] ★ワコーズ「メンテルーブ(MTL)」 [A334] 約1700円 (220ml)
★ワーサイ 1486税込(総額で税込5400円未満は送料626円) www.worldcycle.co.jp/item/99162.html
ヨド:なし
モノタロウ:1728税込 www.monotaro.com/g/01018205/
アマ:1713税込 www.amazon.co.jp/dp/B00LEBUBNK/
楽天(日本オアシス)1456税込(送料750円~)item.rakuten.co.jp/oasis-japan/10000421/

[保護] ★ワコーズ「シリコーンルブリカント(SL)」 [A230] 約1700円(420ml)
★ワーサイ 1351税込(総額で税込5400円未満は送料626円) www.worldcycle.co.jp/item/23300.html
ヨド:なし
モノタロウ:1728税込 www.monotaro.com/g/01018210/
アマ:1713税込 www.amazon.co.jp/dp/B0025R69EC/
楽天(日本オアシス)1296税込(送料750円~)item.rakuten.co.jp/oasis-japan/10000234/

ローラーブレーキ専用 ★シマノ ローラーブレーキグリス(Y04120400) 約1300円 100g  割高:約800円 10g
★ヨド:1250(10%Pアリ)www.yodobashi.com/p/pd/100000001001146726/
モノタロウ:1014税込 ihc.monotaro.com/item/C36799393/
アマ:1136税込 www.amazon.co.jp/dp/B001XDZLK2/
ワーサイ 1331税込(総額で税込5400円未満は送料626円) www.worldcycle.co.jp/item/48630.html
楽天(アリス・サイクル)917税込(総額で税別1万円未満は送料540円~)item.rakuten.co.jp/aris/shy04120400/




▲オススメしないチェーンオイル

556は当然として、フィニッシュラインの「セラミック ワックス チェーン ルーブ」は
確かに汚れにくいが、「冬(低温)になると固まる」ので全く使えない。

●シマノグリスであれば容器の形状が色々あるが以下に分類

www.cycle-yoshida.com/pc/syouhin_list.php?INIT=0&MCODE=&GCODE=007&BCODE=016&CCODE=005
 ・プレミアムグリス(万能)(旧:デュラグリス)
 ・ローラーブレーキ専用
 ・内装ハブ専用
 ・フリーボディ専用(外装後輪ハブ)

■【シマノ公式】ローラーブレーキに市販の汎用グリスは使えません

www.facebook.com/ShimanoEntryParts/photos/a.667593879966511.1073741852.466183956774172/667042126688353/
「市販のモリブデングリスを使っているのですが・・・」
「エンジンオイルは高熱に耐えれるので使えますよね?」
「スプレータイプのオイルを入れていますが大丈夫ですよね?」
 ・・・といった様々なお問い合わせを頂きます。
これらの質問には「使えません!」とお答えしつつ、「ローラーブレーキ専用グリース」の特殊性をご説明申し上げています。

www.facebook.com/ShimanoEntryParts/photos/a.567098046682762.1073741831.466183956774172/532420023483898/?type=3&theater
1)ブレーキ力を発生させる時には滑りにくく、内部の機構を動かす時には滑りやすい性能を持つこと
2)ブレーキ力は摩擦により発生しますが同時に熱も発生します。ブレーキをかけながら長い下り坂を下ると、ローラーブレーキの内部温度は200度近くにもなります。
また、冬季には気温が零下の環境でも使えなければなりません。それらの激しい温度変化に耐えること
3)ブレーキを発生させるときに金属同士を接触させますが、いやな「キーキー音」を出す成分を含まないこと
いくら探してもそんな「都合の良いグリース」は世の中に存在しませんでしたので、
という経緯から開発されたグリス。

●556は基本的に使うべきではない

bbs.kakaku.com/bbs/K0000626292/SortID=17883568/
【なぜCRC-556などの万能オイルを使うのがいけないのか】からの解説を確認。
さび落としで一時的に使うといった限定した用途であれば使えないこともないが、
そもそも錆びないように手入れするということが重要。
※このページ下部にも掲載(メンテナンス・パーツ交換と同じ内容)
556を付けるよりは100均で売っているような万能オイルのほうが遥かにマシ。
bikepottering.blog72.fc2.com/blog-entry-65.html


情報が書いてあるページは色々ある。読み比べて自分にとって最適なものを探すのも自転車の楽しみ方の1つ

■ハブ・ペダル・ヘッドパーツなどの「ベアリング玉が回転するところ」のグリスアップ

街乗り用途で一般車も含むという使い方で
内装ハブやステンレスリムに重いタイヤ、フルチェーンケースなどの方向性で耐久性重視であれば
粘度が高くて回転抵抗が増しても耐水性が高いほうが良いという見方もできる。
スポーツ車であれば最低でも半年に1回はフルメンテナンスすることが前提として
後輪は粘度が低いフリーボディ専用を使うなどで使い分ける。
手組ホイールの場合も高めのハブでハブシールなどがあれば
流れ出にくいため粘度を下げて回転抵抗を下げることも可能だろう。

●様々なAZグリースの考察

roku000.com/1500/

●ウェット系かドライ系か

bike.ewarrant.net/?eid=1072
粘度の高いグリスの方が長持ちするしシール性が高いので、
メンテ頻度が少ない人は粘度の高いグリスの方が良いそうで、
メンテ頻度が多い人は粘度が少ないグリスでも良いそうです。

チェーンオイルの場合メンテ頻度が低く・雨天走行が多い人は抵抗は大きくなるがウェット系、
メンテ頻度が高く・雨天走行が少ない人は抵抗の小さいドライ系を使いますが、グリスも同じ運用をした方が良いそうです。

★防錆対策としての比較

blog.goo.ne.jp/maple_syrup_with_my_angel/e/7432582de4ca6807e30e8cd193737c85
▼オイル類
呉工業製「KURE 5-56」1ml当たりの価格:約1.56円
呉工業製「KURE 3-36」1ml当たりの価格:約3.88円
株式会社エーゼット製「Z45オイル」1ml当たりの価格:1.2円
株式会社エーゼット製「極圧 グリーススプレー」1ml当たりの価格:約1.42円
株式会社エーゼット製「長期防錆オイル」1ml当たりの価格:12.6円
www.az-oil.jp/azo209.cgi?seicd=L14805
大澤ワックス株式会社製「ちょっとオイル サビ止めオイル」1ml当たりの価格:6.5円
▼グリス類
株式会社エーゼット製「モリブデングリース」1g当たりの価格:7.35円
TRI-FLOW社製「Synthetic Grease」1g当たりの価格:約19.76円
Molyslip社製「COPASLIP」1g当たりの価格:21円

「100円ショップの中国製カッターナイフの刃」を使って塩水を吹きかけて実験

★ベストは「エーゼット 長期防錆オイル」とMolyslip社製「COPASLIP」
Molyslip社製「COPASLIP」はダメージ塗装にも使えそうだ。

▲ワーストは「ちょっとオイル サビ止め」という名の錆び促進剤

しかしながら、実際はゴム・塗装類への影響も考えると、飛び散ることも考慮し
チェーンやワイヤーに対してはベストとは言いにくい。
目立たないナット類に薄く塗っておくという使い方では良さそうには思う。

★各種オイルの防錆性能の比較実験

広告を兼ねているような雑誌では絶対に出来ないであろう、とても見応えのある比較実験。
「オイルなんて何でもいい」と思っている人こそ是非とも見てもらいたい。
cetus4.blog47.fc2.com/blog-category-82.html
注)潤滑性能、浸透性能などはまったく考慮していません、防錆性能のみです
  今回も拭いたりしてない状態で行いましたので塗布後にウエスで拭くなどすると違いがでる可能性あり
あくまで防錆性能の比較テストとして密閉状態でのテストとして。
先に結論から言えば
ワコーズのメンテルーブとチェーンルブは自転車メンテナンスでも必須どころか、
自転車店に置いていなければこの店大丈夫なのかと不安になる程。
そして、
それらよりも高い値段のものが防錆は優秀というわけでもないのが面白いところ。
(スズキ機工 LSベルハンマー 420ml 約3600円)
(ナスカルブ 70ml 約2500円)

第2回目が比較点数等から一番分かりやすい気もしたので紹介。
cetus4.blog47.fc2.com/blog-entry-670.html

▼KURE

01.KURE 5-56
02.KURE 5-56 無香性
03.KURE スーパーチェーンルブ
04.KURE スーパー 5-56
05.KURE 2-26
06.KURE 3-36
07.KURE 6-66
08.KURE シリコンルブスプレー
09.KURE シリコングリースメイト

▼AZ

10.AZ スーパーオイルスプレー PRO
11.AZ 潤滑防錆浸透スプレー 極圧・水置換 KM-001
12.AZ 潤滑防錆浸透スプレー 超極圧・水置換 CKM-001
13.AZ オイルスプレー Z-45
14.AZ 滑るグリーン シリコンスプレー
15.AZ 長期防錆オイル
16.AZ チェーンルブ ロングライフ

▼WAKOS

17.WAKOS ラスペネ
18.WAKOS ラスペネ業務用
19.WAKOS チェーンルブ
20.WAKOS メンテルーブ(旧缶)
21.WAKOS メンテルーブ(新缶)
22.WAKOS シリコーンルブリカント
23.WAKOS フッソオイル105
24.WAKOS トリプルアール15W-50

▼その他

25.YAMALUBE スーパー防錆潤滑浸透剤
26.YAMALUBE プレミアムシンセティック10W-40
27.YAMALUBE フォークオイル G-10
28.タイホーコーザイ クリンビュー601K48
29.コロンブス アメダス
30.プロスタッフ 防錆潤滑剤 無香性
31.プロスタッフ シリコンスプレー
32.Holts トップオイル
33.BOLL 錆止めオイル
34.GA チェーンソーオイル
35.サラダ油
36.なにも無し
「安いオイル」でも「メンテナンスの回数を増やす」のであれば、わざわざ高いものを買う必要がないという言い方もできるが、
「ワコーズチェーンルブ」の防錆性はさすがというべきか。
チェーンにはこれ以外の選択肢は必要ないんじゃないのかと思うほど。
 この中で最も性能の高い「メンテルーブ」は内3の一体型ワイヤーにも最適に思える。
流石に若干値が張るだけのことはある。

但し、実使用上では
雨天後に流れ落ちることを考えると、ワコーズチェーンルブなら走行前に塗布しておけば
雨天後でも放置していてもいいということにはならないので、
錆させたくないなら「雨天後のふき取り、注油」は欠かさないこと。

そして、自分でチェーンオイルを買って整備しないのであれば、
錆びにくいようなオイルを選んで塗布してくれる親切な店が多いとは思えないので、
尚更、店選びの基準として「使用しているチェーンオイルの種類」もしっかり確認しておきたい。


★ケミカル解説

www.sai-men.com/kemikaru.htm

▼ケミカルの比較(ワイヤー潤滑)

www.sai-men.com/bakaken_kemikaruhikaku.htm
ケミカルの攻撃性についての調査

▼チェーンオイルの比較

ikuzecia.blog.fc2.com/blog-entry-98.html
汚れにくさ
セラミックワックス>ドライ、1ステップ>ワコーズのチェーンルブ>PTFEルブ>メンテルブ>ウエット
オイルの持ちは逆で
ウエット>メンテルブ>PTFEルブ>ワコーズのチェーンルブ>1ステップ、ドライ>ワックス
チェーンルブとメンテルーブの比較ではメンテルーブのほうが粘度が高い

▼グリスの比較:使い分け

pudong-tangqiao.at.webry.info/200907/article_7.html
テフロン、フッ素グリスなどについても記載
ikuzecia.blog.fc2.com/blog-entry-620.html

▼ホームセンター周りで揃えられるグリスの解説

www.geocities.jp/taka_laboratory/20050725-grease/grease.html

■WAKO's チェーンルブ・チェーンクリーナーで手入れをする

www.seocycle.co.jp/blog/20100702_7746/
Respo ALMIGHTYでの手入れも。

◆シマノのPTFEチェーンオイル vs タクリーノチェーンオイル

www.tacurino-products.com/
tyakka.blog53.fc2.com/blog-entry-1515.html
タクリーノは粘度が低いので飛び散りやすい欠点があるようだ。

◆グリスの種類

【透明淡黄色か褐色】万能グリース・・・リチウムグリース
【透明または白色】シリコングリース・・・ゴムやプラスチックにも使用できる
【緑色がかった黒色】モリブデングリース・・・固体潤滑剤に二硫化モリブデン粉末を配合(二硫化のゴム攻撃性が高い)

●[第1石油類/第2石油類]とは

zukai-kikenbutu.com/kikenbutu/4-sekiyurui.html
危険度は、引火点の低い第1石油類が最も高く、以下第2、第3、第4の順になります。
それぞれの定義は、次の様になります。
第1石油類 | 1気圧において引火点が21℃未満のもの。
第2石油類 | 1気圧において引火点が21℃以上70℃未満のもの。

●グリスもチェーンオイルも種類は様々

雨天時走行が多い少ないなどの使用状況に応じて使い分けるというのが正しいとは思うが・・・、
メーカーが内容について公開していないことが多く、代替品はこれという決めつけは難しい。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■チェーン用

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

シマノ◆PTFE LUBE [R2LCDRY100X] 約900円 100ml ▲水置換なし?
 ※売り切れ後に何か月も再入荷しないということもあるので常用には不向き。

ワコーズ ◆チェーンオイル(CHO)[A330] 約1700円 180ml
       フッソ樹脂配合・耐荷重・耐磨耗・低摩擦・防錆。▲水置換なし

ワコーズ ★チェーンルブ(CHL) [A310] 約1700円 180ml 2010年3~6月くらいから発売?

www.wako-chemical.co.jp/products/recommendation/CHL.html
◆フッソ樹脂配合で、酷使されるチェーンの求められる性能を高次元で実現した、
ハーフウェットタイプのチェーン防塵潤滑剤。薄いクリアーな皮膜は砂や塵が付着しにくく、
【水置換性】を有しているので金属表面に付着している水分を追い出し、防塵・潤滑皮膜を形成。
lolo9591.blogspot.jp/search/label/ケミカルレポート

◆呉工業
 ・チェーンルブ ドライ・・・冬固まりそう?
 ★チェーンルブ セミウェット 200ml 約1400円マルキン自転車経由なのでホムセンでは扱いなし? 2013年3月頃発売
自転車専用の黒缶は「水置換性」がある。(ドライ・セミウェットともに)
ysroad-koshigaya.com/itemblog/2013/10/made-for-speed-1.html
www.kure.com/speed/products/product_02.html
粘度が非常に低いので汚れは付着しにくいが、流れ落ちやすいような気がするがどのみち雨天後には注油が欠かせない。

低粘度=飛び散るのであまり実用的ではない?
www.cb-asahi.co.jp/item/79/71/item100000017179.html
ドライとセミウェットはどう違うの?
.ドライは、非常に滑らかでサラサラしています。洗浄後に注油し、乾燥後に再度注油することでその力を発揮します。
汚れなども付着しにくく比較してクリーンですが、その分雨などで落ちやすく、よりこまめな注油が必要となります。
セミウェットは粘性が強く、悪天候時などでも落ちにくいため比較して長めの使用が可能です。
油切れの状態や汚れも見てわかりやすいため、ビギナーの方にもオススメです。
両者をケースに注油しに傾けて比較してみると、ドライはすぐに下に垂れしてまいますが、
セミウェットは傾けて数秒経っても垂れておりません。
「防汚性(付着性)」には優れていてもゴム攻撃性の有無が不明なので使いにくいか。

ナスカルブ 水置換性あり

コスパでいえばシマノだが
水置換性(水分を金属パーツから追い出し金属と吸着する)と
ゴム非侵食※から
ワコーズのチェーンルブが最良。

商品ページにはゴム非侵食とは書いていないが、通販サイトでは
www.amazon.co.jp/dp/B0060F3XS0/
■チェーンに使用する樹脂・金属・ゴムに対応した処方の為、
シールチェーン・ノンシールチェーンを問わず安心して使用できます。
とある。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ワイヤー向け

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★シマノ SIS-SP41専用グリス(Y04180000) 約1900円 50g


ワコーズ メンテルーブ(MTL) [A333] 約1700円(180ml)【ワイヤー・ヒンジ】
◆フッソ樹脂を配合した、100%化学合成スプレーオイル。
耐摩耗性・防塵性・浸透性・低温特性に優れ、パーツの摩耗、錆、破損を長期間防ぎます。
チェーン・ケーブル類ドライブトレイン等に最適です。

★[潤滑:ワイヤー]★ワコーズ メンテルーブ   (MTL)   [A334] 約1700円 (220ml) 2014~

耐磨耗、耐加重、浸透性に優れ、リンク・ケーブルの作動性を向上させます。
強力な防錆力で、金属をさびから守ります。
優れた耐水、耐塩水性で、雨天走行の自転車はもちろん、釣具のリールなどにも最適です。
[水置換性]により、洗車、雨天走行後でもしっかりと潤滑することができます。
逆さでもスプレーできるので、入り組んだ箇所も楽に作業ができます。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■グリス(防錆・固着防止)

BB/ハブ/ペダル/ステム/ハンドル/シートポスト
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[潤滑:ハブ・BB]★シマノ プレミアムグリス (Y04110200)  約1600円 100g 旧名:DURA-ACE グリス 石鹸カルシウム系
└[潤滑:ハブ・BB]★シマノ プレミアムグリス  (R2LCGRS125X) 約1600円 125ml
(シマノ グリスガン[R2LCGRSGUNX] 約1900円)

[潤滑:内装ハブ]★シマノ 内装ハブ用グリス (Y04120800)    約1300円 100g

[潤滑:ブレーキ]★シマノ ローラーブレーキグリス(Y04120400) 約1300円 100g  割高:約800円 10g

スーパールブ 多目的グリス 85g (SUPER LUBE SyntheticGrease)約1300円 テフロン系
www.super-lube.jp/

フィニッシュライン プレミアムテフロングリース 100g  約1000円 テフロン系
フィニッシュライン セラミック グリース 60g 約1000円 セラミック+テフロン
セラミックグリースは超微粒子セラミック、テフロンフッ素ポリマー、
毒性の無い合成オイルを配合したベアリング潤滑向け
セラミックとテフロン粒子でコートされたベアリングは摩擦や熱の発生が少なくより静かにスムーズに。

ワコーズ【ジョイント部・ヒンジ】 耐水・耐磨耗・耐熱・耐薬品 
ウレア系グリーススプレー(VG)[A160] 約1800円(300ml)

ワコーズ【ドアヒンジ・ベアリンググリース】 耐水・耐磨耗
リチウム系グリーススプレー(SPG)[A161] 約1500円(300ml)

ホーザン C-13 リカグリース 190ml  約1700円 Li-Ca

パークツール   PPL-1 ポリリューブ1000 113g 約700円 ポリ-ユリアベースのグリース。熱変化や耐水効果。

モーガンブルー カルシウムグリース 200cc  約1500円 カルシウム系でプレミアムグリスと同等?

ホワイトライトニング クリスタル クリアー グリス 100g  約700円 
無色、無臭、無害の生物分解性クリスタルグリス。
雨や泥の中を走行しても耐えられる防水性能を持っています。
■ガスケット、シール、カーボン等を傷めません。

ペドロス バイオグリス チューブ 3oz 約1000円 微生物に分解される高粘度、耐久性グリス。
joniy.at.webry.info/201006/article_3.html
抵抗は少ないが耐水性は低いようだ。

モトレックス バイクグリス2000 100g \1700 優れた防水性、耐圧性。 高い耐酸化性、耐劣化性。ハブに最適です。
モトレックス ホワイトグリス628 100g \1700 高い耐劣化性。


▼固着防止

 ・スレッドコンパウンド(THC)[A250]エアゾール(約3000円:300ml) [V170]チューブ(約2000円:100g)
 銅粉を主成分とした微粉末金属粒子なので黄銅色 超耐熱潤滑剤・焼付き防止剤グリース
 チタンやアルミなどの柔らかいネジのカジリつきを防止。
   ・・・・・・フィニッシュラインのアッセンブリルーブも同じだが茶褐色は錆の色に近く塗布時期が分からないのが問題
 ・フィニッシュライン アッセンブリルーブ 22.5ml×3本 \500 [焼きつき防止]
 ・モーガンブルー アクアプルーフペースト 200cc \2500

★パークツール ASC-1 アンチシーズコンパウンド 113g 約1200円

金属同士が擦れあうときに発生する焼付きと呼ばれる金属結合の防止剤。
ボトムブラケットやペダルネジ、ヘッドカップの圧入部、シートポスト、ステムなど
金属同士が強く擦れあう部分に塗布して使用してください。また防錆にも優れています。
スチールやアルミ、チタン製のフレームや部品などに最適です。

review.rakuten.co.jp/item/1/214078_10000601/1.1/
 >グリスよりも色移りがするようで、アルミのシートポストにはしっかりと銀色の跡が付きました。
 銀ではないシートポストはグリスにすべきかもしれない。

▼カーボン向け
フィニッシュライン ファイバーグリップ       50g 約1000円
タックス カーボン アッセンブリー コンパウンド 80g 約1500円

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■コーティング材

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ワコーズ◆【ガラス・樹脂・ゴム・本革】の保護・潤滑・撥水・耐磨耗・耐熱・耐荷重
フッソオイル 105(FSO)[A105] 約4000円(180ml)
航空宇宙分野に欠かせない新素材「フッソ油」(Dupont社製 Kryitox105)のエアゾール化に成功。
あらゆる素材を侵さず、又溶剤・薬品等にも侵されない他の油では得られない
「耐過重性、耐熱、耐摩耗、低熱、撥水揮発性を長時間」維持します。

SLにはない油にも浸透し防御性も高いく最強のようだが他溶剤との相性がイマイチで意外と使いどころが難しいようだ。
(解説ページより)
www.sai-men.com/kemikaru.htm

ワコーズ◆【樹脂・ゴム・金属】の保護・潤滑・撥水
「シリコーンルブリカント(SL)」[A230] 約1700円(420ml)
www.wako-chemical.co.jp/global-image/units/upfiles/402-1-20160622160114.pdf
シリコーン系潤滑スプレー
樹脂やゴム及び金属部品保護艶出し・滑走・潤滑・撥水・離型性に優れた効果を発揮するシリコーンオイル潤滑スプレーです。

●シリコン系のケミカルへの注意

www.irc-tire.com/ja/bc/faq/
タイヤ保管で何か気をつける点がありますか?
シリコン系のケミカル剤、ワックス等がタイヤ表面に付着しますと
早期にタイヤクラックが入ったり、タイヤ劣化を促進してしまいますので絶対に使用しないでください。

ワコーズ◆バリアスコート[A141] 約3000円(300ml)
www.wako-chemical.co.jp/products/recommendation/VAC.html
オートバイ・自動車のボディやホイール・レンズ類・スクリーン類・ヘルメット・シールド等
(ミラーシールド加工等の特殊コーティングしているものを除く)、金属・樹脂塗装面の洗浄・保護・コート
持続性は高そうだがコスパは悪い
lantur.seesaa.net/article/97121454.html
水玉後が残りやすいようだ

エバーズプラス+◆ポリシュ&ワックス 300ml (品番:PS-4) 約1000円
●汚れ落とし効果、つや出し効果のあるポリシュ&ワックスです。
●特殊シンコン粒子の採用で、塗装面ゴム、プラスチック、ビニールを保護し、金属の防錆効果とつやを持続します。
●コーティング性と撥水性があるので、汚れがつきにくく、水をはじきます。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■洗浄剤系

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆【錆落とし(556の強力版)】
ラスペネC(RP-C)[A121] 約2000円(350ml)
強力な浸透性と防塵性を有するフッソ樹脂配合の浸透防錆潤滑剤。
【水置換性】 を有し水にぬれた状態でも効果を発揮します。
噴射剤にCO2を使用、内容量を極限まで増大した業務用タイプ、遠距離や狭い場所でも容易に噴射出来ます。
360°全ての角度で噴射可能な特殊バルブと折りたたみノズルで最後まで快適に使用できます。
▲持続性は低い・樹脂攻撃性が強い

★チェーンクリーナー(CHA-C) [A179] 約1600円(330ml)

www.wako-chemical.co.jp/products/recommendation/CHA-C.html
非乾燥・水溶性・防錆性能あり、ゴムを侵食しない

◆ブレーキ&パーツクリーナー9 (BC-9) [A189] 約1600円(650ml)
速乾性・ゴムへの影響は少しはあるので注意

◆ブレーキ&パーツクリーナー スーパージャンボ (BC-SJ) [A180] 約1600円(840ml)
※ゴム・プラスチック・塗装面には使用厳禁

◆ブレーキ&パーツクリーナー8 (BC-8) [A188] 定価\1575(650ml)
中乾性
※ゴム・プラスチック・塗装面には使用厳禁

◆ブレーキ&パーツクリーナー2 (BC-2) [A182] 約1600円(480ml)
第2石油類のため引火性が低い
※ゴム・プラスチック・塗装面には使用厳禁

★ RESPO ALMIGHTY パーツクリーナー 約1600円 (420ml)

www.diatechproducts.com/respo/almighty.html
ゴム・樹脂・シール類・塗装面を侵食しない
www.seocycle.co.jp/blog/20091017_2980/

●マット塗装の汚れ落とし

star.ap.teacup.com/flatout/1657.html
 ・ワコーズ「バリアスコート」300mlで1本約3000円
一般車ユーザーであれば値段に躊躇するところかもしれない。

 ・ヤマルーブ マットカラー専用クリーナー(300ml) 約2700円
www.ysgear.co.jp/Products/Detail/top/cat/0/item/907934010200
本来のクリーナー専用品としてはこれになるのだろう。

 ・ヤマルーブ マットカラー専用クリーナー(50ml)約1600円
www.ysgear.co.jp/Products/Detail/top/cat/0/item/907934010100
容量が少ないので割高。

 ・日直商会 FRAME CLEANER for MATT(マットフレーム専用クリーナー)(150ml)約2600円
www.cyclowired.jp/lifenews/node/185518
成分:ケイ酸ナトリウム、非イオン界面活性剤、水
容量:150ml
付属品:スポンジ、ゴム手袋
こちらも割高。

速度域が違うとはいえ、自動車ではマットカラーのものが普通ではないように、
こういう汚れ落としにも専用品を使わなければ落としにくいようなフレーム塗装を
あまり増やさないで欲しいと思ってしまう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●チェーンオイルと556について

●556で本当に大丈夫なんだろうか

cycleserviceo.blog.fc2.com/blog-entry-70.html
「556でいいんですよね?」 と聞かれましたので、「それで大丈夫です。 油吹いた後は拭いといて下さい。」 とお伝えしました。
詳しい経緯が分からないので。聞いてはいるが否定は求めず同意だけを求めた質問だった可能性もあるとして、
今回の原因が錆びによるものとするなら、とても錆びないような頻度で556を使うとは思えないが・・・。

jitensyazamurai.com/db/archives/2409
1.チェーンに「クレ5●6」は使わないで!
「チェーンに注油とかしてくださいね」って言うと、「クレ5●6でいいですよね?」って話がよく、
ホントによくよくあります。クレ55●って便利なんですよ。でも自転車にはNGです。
どうしてダメかっていうと、この手は揮発性で成分が長持ちしないから。
そして、力がかかる場所やよくよく動かす場所にはあまり向いていないからです。
屋外で使うものには不向きって話もあります。だからドアの蝶番とかにはいいんですよね。
ものすごくこまめにケアするならアリなのかもしれません。
でもやっぱ現実的じゃない。
自転車のチェーンやいろんな部分に使う油って、適度な粘度があって、
長く効果を発揮してくれるようになってます。だから、専門のものを使うほうがいいんです。

●オイルに556は使うべからず

クレ556は使わない方が良い 付けるとその後すぐにさびる
www.asyura2.com/10/yoi1/msg/219.html
ダメ、絶対!自転車チェーンにKURE556
tentohmushi21.com/1297.html
チェーンとスプロケに関しては1回錆びまみれになってしまったら
錆を落として使うよりも、新品を購入して
(強度的にもチェーンリングの摩耗度合いの軽減のためにも)
今度はきちんとチェーンオイルを使用して錆させないように丁寧に扱うほうが良い。

tai-atari.net/2008/01/_kure_556.html(リンク切れ)
↓(webアーカイブで確認)
web.archive.org/web/20120606083358/http://tai-atari.net/2008/01/_kure_556.html
錆を溶かすがすぐに乾いて結局また錆びる。

(固着部分の取り外しに一時的に使う場合を除き)
チェーン潤滑用として
「556は揮発性が高いので使うべきではない」といってもなかなか理解してもらえないかもしれない。

ゴム樹脂侵食などについては省略し、
「見た目で消えやすさだけを極端に表現する場合」

蒸発しやすい「水」を「556」
蒸発しにくい「油」を「チェーンオイル」とすればどうだろうか。
洗濯物を通常は油で洗うようなことはしないということの反対で、
チェーンに水のように消え去る液体を使うことが正しいと言えるだろうか?
効果が消えないように注し続ける?
そんなことをするくらいなら最初からチェーン用オイルを使うべき。

また、付けすぎも飛び散りがあるのでドロドロにしないようにきちんと
「表面をふき取る」のは「どの油でも必要」なこと。

▼「自転車屋で556を使われた」

「普通の556」●成分:鉱物油、防錆剤、石油系溶剤
「スーパー556」●成分:鉱物油、防錆剤、フッ素樹脂(PTFE)、石油系溶剤

ねじを緩めるときに少量だけ使うことは問題ないが、
もしかすると「同じKUREでもデザインが似ている"チェーンオイルの"スプレー缶」だったという
見間違いもあるかもしれない。
「チェーンルブ」●成分:鉱物油、防錆剤、有機モリブデン
www.kure.com/product/detail.php?item_id=26
「スーパーチェーンルブ」●成分:合成油、潤滑添加剤(●フッ素樹脂(PTFE)と高純度有機モリブデン配合)
www.kure.com/product/detail.php?item_id=27
これらは分類ではオートバイカテゴリだが、当然チェーン専用。

www.kure.com/use/
Q.雨の日にも自転車に乗ります。ずっと快調に乗り続けるためには、どんなところに注意すればいいですか?
A.雨の日に乗った後は、チェーンやペダルの回転部分、ブレーキレバーの支点などに5-56をシュッ。
さらに、スポーク、ハンドルなどのメッキ部分にも時々シュッとして、ウエスで拭きのばしておくと、
サビを防いで、いつまでも快適に乗り続けられます。
うーん・・・、スポークに使うということは
「吹き付け方法を誤れば」前輪のリムに付着してしまう危険性、
後輪のハブブレーキ(バンド/サーボ他)にも悪影響が出かねないのだが・・・
その判断がよく分かっていない人に出来るのだろうか。
ゴム樹脂部分を侵食するということについてはこのページでは一切触れられていないのも不親切。

www.kure.com/faq/556/#556
Q ゴム、プラスチック、樹脂への使用は可能でしょうか。
A 劣化や変色の恐れがあるため、金属以外のものへはお使いにならないでください。

Q プラスチックに使用できる潤滑剤はありますか?
A プラスチックの潤滑には、5-56 無香性、5-56 ペンタイプ、シリコンスプレー、
ドライファストルブ、速乾潤滑スプレー、シリコン グリースメイト、多用途すべり剤がご使用いただけます。

Q 塗装面への使用は可能でしょうか。
A 塗装に対し悪影響を起こす恐れがあるため、お使いいただけません。

www.kure.com/product/detail.php?item_id=7
画像ではスプロケ部分に当て布もなく直接噴射。
そもそも錆を抑えるためには頻繁に付け直すという使い方をする必要があると思うが、
そこまで手がかけられるくらいなら、
まともな専用品(チェーンルブ・スーパーチェーンルブも含む)を買って使えばいいだけの話のような。
なぜ
サビを防いで、いつまでも快適に乗り続けられます。
と書いているのか理解に苦しむ。
少なくとも「いつまでも」という表現は優良誤認に該当しないのだろうか?
「(頻繁に適切な量をゴム樹脂部分にかかることがないように塗布しふき取ることで)
普通の556」でも快適に乗り続けられます。」ならまだ分かる。

チェーンには「自転車専用品」があるのにロクにまともな宣伝をしないのだから話にならない。

●壊しかねない使い方(556)

cs-shinwa.sblo.jp/article/174487082.html
ペダルを「外すときに」錆を溶かして緩ませるために、車体のほうの軸ではなく「ペダル本体の付け根」に
「一時的に使う」といったような使い方ならまだしも、油膜維持を目的とした潤滑目的では使うべきではない。
チェーンには「専用品」が発売されているのだが・・・。

●556の使い方の問題

cycle-keymart.com/?p=165
チェーンがサビサビになったときに鳴る音だとすぐにわかったので、チェーンに注油。
この時点でチェーン交換事例にも関わらず注油で済ませるのはまずどうなんだろうと・・・。

「錆びていたら即交換」がまず大前提。
いや、既に赤錆だらけになるまで使っていることで
スプロケ(後のギア歯)とチェーンリング(ペダル側のギア歯)も
交換しなければならないケースと判断して錆取りだけで済ませた?

そして、
お客様にはチェーンのサビ対策に、クレのCRC5-56もオススメしておきました。
車体の後ろ側からペダルを後ろに回しながらかけると楽チンですよ~と簡単に使い方を説明してから帰還しました。
ハブ内部に浸透して潤滑のためのグリスを流し出す恐れがあるため、これはちょっと避けたほうがいい例として紹介。
556は固着した部分の錆びを落として一時的に使うべきものであって、継続的に使用すべきケミカルとは言えない。

サビ予防は「チェーンが錆びていない状態」で「錆びないように使う」

具体的には

「野ざらしにならないようななるべくカバーをかける」
「晴天が続けば月1回くらい。雨天後は適量を(556ではなく)”チェーン専用のケミカル[ワコーズチェーンルブ等]”注油する」
(ギア歯を長持ちさせるためには「汚れを落としてから」注油するというのもポイント)



◆「ワコーズ チェーンルブ」と他の比較

cbnanashi.net/cycle/modules/newbb/viewtopic.php?topic_id=11647&forum=83
この場合では、ワコーズ汚れはつきやすいが落ちにくいので、より一般車向け。
飛び散り防止は「適切な量を少しづつ使う」「表面をふきとる」といったことが重要。
面倒だからとキッチンペーパーなどでの抑えもなく、一気に噴霧すれば、
量が無駄なだけでなくリムやフレームも汚れるだけで時間短縮以外のデメリットが多すぎる。

●ワコーズチェーンルブ「漫画コラボ」

blogs.yahoo.co.jp/zitensyaya/archive/2015/08/10
こういうコラボで、「チェーンオイルって何それ必要?」という
茶色錆々チェーンで注油に一切興味がなさそうな人や
「何でも556付けとけばいい」という思考の人を少しでも減らせられれば良いが。
www.wako-chemical.co.jp/corporate/news/press150706.html
2万4000本限定。値段は2000円税別
www.wako-chemical.co.jp/products/recommendation/CHL.html
(キャンペーン無しの通常価格は1600円税別)

●AZでも買いやすい部類もあるにはある。

www.az-oil.jp/
ikuzecia.blog.fc2.com/blog-entry-262.html

●100均の万能オイル

bikepottering.blog72.fc2.com/blog-entry-65.html

1600円どうしても出せないなら、せめてAZのオイル。
しかし、すぐ使い切るから高いと思っている人の中で
殺虫剤のような長時間押し続けて噴霧するような使い方を考えているとすれば間違い。
細かくリンク内部に浸透するように使うのが正解。
チェーンの隙間の空気中に散布しても意味がないどころか、
紙などで覆っていてもリムなどに放出分が触れてしまう恐れもあり何もいいことがない。
そして、リンクプレート表面についたものは適度にふき取らなければ汚れを付きやすくするだけ。

◆油違い

ameblo.jp/ring5199/entry-12044475002.html
炒め物?いや、痛め物。確かに人体には無害かもしれないが・・・。
グリスとオイルの違いも分からない段階で自己流整備をするのはやめたほうがいい。

●酷いとしか言いようがない使い方

www.youtube.com/watch?v=fLEAdIlkRc4
自転車(の錆び)は害虫か?と思えるほど呆れて笑えてくるほどの酷すぎる使い方。
556をチェーンに使うこと自体「全 く 薦 め な い」が、
せめて他の部分にかからないように
当て布(ワイプオールやメカタオルがなくても、キッチンペーパーやタオルなどの布きれなど)で
覆いながら極微量づつ使うのが筋でしょう。

一応離して噴射しているが・・・明らかにタイヤにかかって劣化を促進させたり、
BB内部にまで浸透してしまう恐れが高いような使い方。
もはや「間接的とはいえ準自転車破壊動画」と等しい行為。
呉製品そのものへの信頼性を失いかねないと思われるが・・・。

(逆に「自転車の早期劣化から新車販売を促す」という意味では効果的かもしれないが、
まともな感覚の自転車店の人が見れば同じような感想になるはず。)

というか、ここまで錆びてたら(鈍感ではない普通の感覚の人であれば)
見た目のさび落としで誤魔化して使うようなことは絶対せずに、
「ちゃんとチェーンを新品に交換しましょう」。
※後輪のスプロケット(歯車)、一体型チェーンリング(ペダル軸のクランクの歯車)も
削れていれば同時に交換を推奨。
後輪ブレーキ部分の内部まで錆びが進行してまともに停止できないなら当然交換。

2万円もしない自転車だから交換するより同じようなものに買い直すという人は
(車種そのものは全く薦めませんが)ご自由にどうぞ。

そもそも、「雨天後には水滴を拭き取る」「信頼できる店」に週1で通い、
「空気入れのついでに(自転車専用のオイルの)注油を頼むだけ」で
錆落としのようなものを使う場面はほぼない。

●錆取り剤の注意点

star.ap.teacup.com/flatout/1713.html
例の酷い使い方のCMの悪影響から出た被害者でなければいいのだが・・・。

車軸の球のグリス(油)まで洗い流すということは、実質壊しているようなもの。

手入れを怠ったツケを取り戻そうとして、どれだけ錆だけとっても
ギア歯もチェーンも金属そのものがヤスリ状態になって削れて痩せてしまっている状態のため
錆が発生している時点で基本的には交換が望ましい。

「錆びさせないように使う」ことが大切であり、
錆びてからその都度錆を落としていては遅い。

●洗浄・注油サービスの意義

cyclist.sanspo.com/398568
MTBイベントの直接的な記事内容とは関係なく表題の「洗浄・注油」を考える。
(表題にはサービスとはあるが無料奉仕を呼び掛けているわけではなく、商材の1つとしての提案)

高価なパーツや高価なチェーンオイルより、チェーンの掃除のほうが100倍効果があります。
blog.worldcycle.co.jp/20140715/11729/
これはスポーツ車向けの記事としても、
一般車(ママチャリ等)でも日常的に整備が行き届いているものは、
そうではないノーメンテ主義の塊のような半壊車と比較すれば
雲泥の差があることは明白でも、
そうするだけの時間も費用もかける価値がないと思い込んでいる人が多いのだろう。

街中を走っている錆びだらけのチェーンは交換前提なので手遅れとしても、
まともに空気も入ってなさそうな、さほど手入れをしてない自転車に対して、
(空気を入れ)「洗浄・注油する」という最低限の日常メンテナンスを施すことで
どのような変化を得られることができるのかという体験を通じて
潜在的なユーザーを呼び起こすきっかけになると考える。

新車販売や壊れたら修理するだけが自転車店の仕事とは思えない。
歯石除去のような「故障を予防するための施策」を
「分かりやすく」アピールすることで集客することができるはずだが、
なぜかそういう方向性での客集めを見かけない。
せいぜいTSマーク更新での年1回点検整備を推奨しているくらい。