防犯登録について

最終更新日:2017.10.15 ●[埼玉]※平成30年1月1日から500円(非課税)から600円(非課税)に値上げ
6.4 ●[神奈川]515円から550円に値上げ(非課税)
3.12 大分の防犯登録料金は平成29年4月1日から600円(税不明)
2016.11.13 徳島県の防犯登録料は非課税500円、「自転車店での保管は3年間」(以降の有効期限は不定)
9.18 愛媛県の防犯登録料は500円(内税)
9.11 ●[兵庫]防犯登録料とは別に手数料500円??
8.21 ●こういうときに役に立たない防犯登録
7.3 静岡県、三重県の情報更新
5.15 ●防犯登録ができない自転車について
5.8 ●[店]防犯登録だけすることが割に合わない理由
4.17 2016年4月版に改訂
4.10 冒頭解説、●個人店で持ち込み自転車の防犯登録をしたからない理由2
3.6 山形県は20年データ保管、石川/島根/山口県のURL先一部消滅 
1.10 愛媛県のリンク修正のみ
2015.11.22 有効期限について記載のない地域も参考情報を掲載し全都道府県を網羅
10.17 ページ移動、一部修正・追加

▲2016年4月17日現在で有効期限の情報を載せていない地域一覧【11県/47】

青森県
栃木県
山梨県
石川県
長野県
岐阜県
愛知県
和歌山県
島根県
徳島県
佐賀県
三重県 2016.7.3確認掲載
約4分の1でこういう現状
シール発行そのものは防犯協同組合のようなところが発行し、
データ管理そのものは各県警で行っているはずだが、
県警でその情報すら載せていないということは、いかに「雑な管理」かということが分かると思う。

「まともに有効期限の情報すら載せていないような地域」 に限らず、

「税込か非課税か、登録方法の詳細や譲渡時の方法など内容がロクに書かれていない」

「リンク切れを起こしていていても一切更新しないような地域もある(島根県)」状況で

多数地域で罰則なし(=努力義務でしかない)について触れずに「加入義務」と言われても何ら説得力がない。


有効期限の情報が書いてある地域でも非課税かどうか分からなかったり、
譲渡時等の方法について書いてないようなところもあって、余りにも杜撰な状態と言わざるを得ない。
1回全て解体して管理運営方法を見直した有効性の高いものにならないだろうかと思うが
全体的な感覚として自転車に対する思い入れが低すぎる状態ではまず無理だろう。

せめて47都道府県で、「まともに情報公開していることが常識」にでもならない限り、
とても未加入者を責める気にはなれない。

どの地域であっても「罰則が存在しないので」(逆に具体的な罰則がある地域があれば教えて欲しい)
”実質的には”「加入しなければならない(=絶対)」ではなく、「加入したほうが良いですよ(=推奨)」状態。
鍵をなくして自転車店に錠の破壊を依頼する場合に所有者の確認をしないような店も横行しているので、
主に所有者を明確にするためというよりも、
警官に止められるようなことがあればその際の時間短縮のような効果しかないと思われる。
むしろ、1回500円程度で数年~無期限まで管理することに過度の期待をするほうがおかしいと考えるべきかもしれない。

「盗難届が出ている番号は誰でも調べられるように公開する」とかIDタグで周囲を全て探索できるようにするといった
効果が上がる対策を採る気がないのだから話にならない。
本当に困っている人にとって(ほとんど)役に立たないような代物を「義務だ」と声高に訴えること自体が
不思議に思えて仕方がない。


▼防犯登録について━━━━━━━━━━━━━━━━


有効期限なしの地域(無期限)は2016年4月現在「新潟県、和歌山県?、岡山県、香川県」だけ


「自転車の安全利用の促進及び自転車等の駐車対策の総合的推進に関する法律」
law.e-gov.go.jp/htmldata/S55/S55HO087.html
第十二条  自転車を利用する者は、道路交通法 その他の法令を遵守する等により歩行者に危害を及ぼさないようにする等自転車の安全な利用に努めなければならない。
3  自転車を利用する者は、その利用する自転車について、国家公安委員会規則で定めるところにより都道府県公安委員会が指定する者の行う防犯登録(以下「防犯登録」という。)を受けなければならない。

しかし、罰則付きの規則ではないので実質努力義務のような扱いでもある。

●フレーム番号のない安物自転車

oshiete.goo.ne.jp/qa/3857904.html
また、メーカーが製造番号を付けていない、某国製の安物自転車は悩みの種だったりするそうです
2008年当時の内容なので現在はどうか分からないが、
個人的には歓迎でも、フレーム番号のない安物自転車の輸入規制にもなれば販売代理店から反発も。

▼利点は防犯登録は車体所有者の証明書にもなり、職務質問で長引く可能性も低くなる

blogs.yahoo.co.jp/zitensyaya/47047412.html
義務だが罰則はないので入っていなくてもいいという考え方もあるが、
入っていることで正真正銘の所有物であることが分かる。
持ち歩くことは現実的ではないし、行方不明になることも珍しいことでもないような。
しかし、本人確認は防犯登録カードがなくても確認方法があるような。
他にも公的にICタグが採用されれば暗号と合言葉などの組み合わせ設定も1つの方法でもある。

●欠点など

ja.wikipedia.org/wiki/防犯登録
せめて「全国で情報管理の共有」と「年数統一」で「ICタグ付き」で「道路整備に使われる反則金のような管理」で
確認人員を増やしてもらえるなら、罰則付きの義務化をしてもらっても構わないが、
現状の管理運用方法ではあまり未加入者を責められるものでもないような。

●防犯登録は全国で情報共有されていない

matome.naver.jp/odai/2138313723009355401
こういうところも防犯登録に拒否感が出る原因だろうと思う。
※防犯登録の有効期限は東京では10年でも、地域差があるので注意。

●防犯登録の有効期限は地域差がある

www.cycling-ex.com/2013/10/28_bohan_toroku.html
ページ内の有効期限のリンク先が消えている

blog.livedoor.jp/trike_shop/archives/1211628.html
2010年02月16日当時の記事
blog.livedoor.jp/trike_shop/archives/1636468.html
(他にも同ブログの2011年08月30日の記事など)

kamille-kimura.pw/?p=227
2015年1月15日調べ

平成27年4月1日から変更の地域もあるので47都道府県を改めて確認

All Rights Reserved

という表記がある場合でも「転載ではなく一部引用」として紹介しています。
macwin.info/web/web-tyosaku.html


◆「2016年4月調べ」【有効期限、登録料金】

[▼参考情報]・・・表向きに記載された情報はないが、調査した上で掲載している情報。(この部分は2015年11月情報)

▲料金の情報が不十分 ・・・「非課税」かどうか不明

●北海道 10年間、600円非課税

www.do-bohan.or.jp/jiten/jiten02.htm
Q3.防犯登録の有効期限は何年ですか?
A3.10年間です。
Q5.登録料はいくらですか?
A5.自転車1台につき600円(非課税)です。

●青森県 7年間[▼参考情報]、600円非課税

www.police.pref.aomori.jp/seianbu/seian_kikaku/gaihan_bouhantouroku.html
www.police.pref.aomori.jp/seianbu/seian_kikaku/hanyoku_sonota.html#bouhantouroku
aomori-clcc.info/about/
www.actv.ne.jp/~ajk/work/secure.html
○防犯登録料として600円が必要です。
▲有効期限の情報なし

●秋田県 10年間、500円(税不明)

www.apba.jp/bouhan.html
自転車の車体に「防犯登録証」が貼られ、「お客様カード」に登録番号が記入されて、
秋田県警察本部のコンピュータに入力され10年間保存されます。
自転車一台につき500円です。
▲料金の情報が不十分

●岩手県  7年間、500円非課税

www.bouhaniwate.com/bouhan.html
○自転車を購入したときは・・・・・
登録料として500円(非課税)が必要となります。
○登録してから7年たったら・・・・・・
防犯登録の有効期限は7年です。引き続き自転車を利用するときは、再度登録をしてください。

●山形県 20年間、(平成27年8月から)600円非課税

www.y-jitensha.jp/secu.html
Q1:どこで、どうすれば自転車防犯登録できるの?
A1:登録手数料600円(平成27年8月1日より)を支払い必要事項を書類に記載して防犯登録を貼り付けて手続きは完了です。
【600円(非課税)は画像内に記載】
Q6:自転車防犯登録はどのくらいの期間有効なの?
A6:コンピューターに登録されたデータは20年間有効です。

●宮城県  7年間、500円非課税

www.miyagi-kenbouren.com/service/fkankyo.html#fkankyo03
Q:登録料はいくら?
A:自転車1台につき500円(非課税)です。※消費税法により平成15年4月から非課税となりました。
Q:防犯登録の有効期間は?
A:登録年月日から7年間有効です。7年過ぎたものは、自動的にデータが抹消されますので、新たに登録する必要があります。

●福島県 7年間、500円非課税

www.bouhanfukushima.com/cycle
○登録料 500円(非課税)
○自転車防犯登録事務処理要領の制定について(通達)
www.police.pref.fukushima.jp/soudan/jyouhou_koukai/reiki_int/reiki_honbun/u244RG00000488.html
(2) B票は、防犯登録所において、登録した日の翌日から7年間保管するものとする。

●茨城県  8年間、600円(税不明)

www.ibarakiken.or.jp/jitensya/
www.ibarakiken.or.jp/jitensya/img/img303.gif
県警察のコンピュータに8年間登録されます。
手数料は1台600円
▲料金の情報が不十分

●栃木県 5年間[▼参考情報]、 (平成27年4月1日から)600円非課税

www.totibou.or.jp/regist.html
www.totibou.or.jp/pdf/information05.pdf
www.totibou.or.jp/images/img_regist/need_item_01_20150323.gif
新規登録料600円(非課税)
▲有効期限の情報なし

●群馬県  8年間、600円非課税

www.bouhangunma.or.jp/katudou/jitensha.html
(防犯登録の有効期間は8年です。 期間が経過した際は、自転車店で再登録し新しいステッカーを貼付しましょう。 登録料は600円です。)

●山梨県 7年間[▼参考情報] 500円(非課税)[▼参考情報]

www.pref.yamanashi.jp/police/p_anzen/anzenansin/jitenshatou.html
▲有効期限の情報なし
▲料金の情報なし

●埼玉県  8年間、500円(非課税) → 600円(非課税)(※平成30年1月1日から)

www.saijibou-3916.com/faq_cat/faq1/
防犯登録の有効年数は何年ですか?
埼玉県の場合は登録した年から8年間有効になります。

有効年数8年を過ぎたらどうなりますか?
ついている防犯登録は無効となり、防犯登録のデータは警察のデーターベースから順次削除されます。
同じ自転車を引き続き使用される場合は、防犯登録の再登録(所有者情報の更新)が必要です。

埼玉県の自転車防犯登録料はいくらですか?
埼玉県の自転車防犯登録料は¥500(非課税)※です。
料金は都道府県によって異なります。
※平成30年1月1日から¥600(非課税)に改定になります。

防犯登録を行わない場合、罰則はありますか?
防犯登録は法律で利用者に義務付けられていますが、防犯登録を行わない場合において特に罰則規定はありません。

●千葉県 10年間、500円非課税

www.chuokai-chiba.or.jp/cycle/about_bohan.html
● 登録料は500円(非課税)で有効期限は10年間です。

●東京都 翌年から10年間、500円非課税

www.bouhan-net.com/qa/
Q1.必ず登録しないと行けないのでしょうか?
罰則規定はありません
自転車が新車、中古車に関わらず防犯登録の対象となります。防犯登録料として500円(非課税)が必要となります。

Q8. 防犯登録の有効期限は?期限が過ぎれば無効ですか?
A.自転車防犯登録の有効期限は登録をした日の翌年初から10年間です。
登録データは、警視庁にて10年間保管され所有者確認等に利用されます。
10年を経過した登録データは抹消されますので、改めて新規登録の手続きをしてください。
この場合、登録料500円(非課税)がかかります。

●神奈川県 7年間、 550円非課税 ※2017年6月1日より515→550円に改定

www.kanajibou.jp/r-faq.html
4-1 : 自転車防犯登録をしないと処罰を受けますか?
自転車防犯登録は法律で義務付けられていますが、しないからと言って罰則規定はありません

4-2 : 有効期間はありますか?また、防犯登録料はいくらですか?
神奈川県の自転車防犯登録の有効期間は登録後7年となっています。
有効期間が過ぎた自転車は「自転車防犯登録甲カード(お客様用)」を持参し再登録してください。
なお、防犯登録料は550円(非課税)となっております

4-3 : 最近自転車防犯登録シールにQRコードが印刷されていますが、何のためですか?
携帯電話の「バーコードリーダ機能」で読み込むと数字が表れます。
この数字は自転車防犯登録シールに印刷されている番号となっており、
今後、盗難車の早期発見や放置自転車の処理等を迅速に行うためにQRコードを印刷しています。

●新潟県 無期限、500円非課税

niigata-bouhan.or.jp/bicycle/guide.php
登録手数料500円(非課税)です。

友達に譲渡・売却、リサイクルショップに販売、大型ゴミとして廃棄する場合
登録された自転車データは、抹消登録がされるまで有効となっており、抹消されないまま新たな所有者が登録を行っても登録されません。
○有効期限について
「新潟県では自転車の防犯登録の有効期限はありません」
と廃棄時は別として書けばいいのに、妙に分かりにくい書き方。

●富山県 8年間、【料金不明】

t-jitensyakumiai.main.jp/bouhan.html
5.有効期間は8年間です。(富山県の場合)
有効期間が過ぎた場合は再登録が必要です。
▲料金の情報なし

●石川県 7年間[▼参考情報]、600円非課税[▼参考情報]

www2.police.pref.ishikawa.lg.jp/security/security04/security08.html
(シールのみで情報なし)
www2.police.pref.ishikawa.lg.jp/sub.html?mnucode=280204(リンク切れ)
▲有効期限の情報なし
▲料金の情報なし

●福井県 7年間、500円非課税

fjkumiai.blog.fc2.com/blog-category-8.html
fjkumiai.blog.fc2.com/blog-entry-50.html
④登録料600円(非課税)
(ブログ情報では2015.11.17更新)
fjkumiai.blog.fc2.com/blog-entry-43.html
防犯登録の有効期限は7年です。

●長野県 5年間[▼参考情報]、500円税込

www.pref.nagano.lg.jp/police/shinsei/seian/seianki/jitenbouhan.html
「防犯登録」をするにはどうすればいい?
登録する自転車と登録手数料500円(税込み)を持って、お近くの自転車販売店へおいでください。
▲有効期限の情報なし

●岐阜県 7年間[▼参考情報]、600円(税不明)

www.ccom.or.jp/g-bouhan/jitensha.html
●防犯登録を受けるにはどうしたらよいですか
1 購入先の自転車販売店(防犯登録取扱い指定店)で防犯登録カードに記入し、登録シールを貼ってもらいましょう。
登録料は600円です。
▲有効期限の情報なし
▲料金の情報が不十分

●静岡県 10年間、600円(非課税)

www.shizuoka-bohan.or.jp/bicycle/qa.html
Q1. 防犯登録はどこでできるのですか?
自転車防犯登録所(店)でできます。防犯登録をすると、自転車に「防犯登録番号票」(防犯登録ステッカー)を貼り
静岡県警察本部のコンピューターに概ね10年間、
登録年月日、防犯登録番号、車体番号、所有者の住所・氏名(カタカナ)電話番号が登録されます。
この場合「概ね」は段階的に削除される目安だとは思うが・・・
Q4. 登録料はいくらですか?
登録自転車1台につき概ね500円です。
料金で「概ね」というよく分からない表現は何なんだろう。

●2016.7.3 追加・修正
www4.tokai.or.jp/siz-jitensya/bohan.html
※「自転車防犯登録」を行わない場合の罰則はありません。
600円(平成28年7月1日~)で「非課税」の案内。
(prestigebike.hamazo.tv/e6909737.html)

●愛知県 8年間[▼参考情報]、500円(税不明)

www.pref.aichi.jp/police/soudan/qa/higaiboushi/bouhantouroku.html
Q2
防犯登録料は500円で、自転車販売店で登録できます。
▲有効期限の情報なし
▲料金の情報が不十分
大都市圏でもこの有様。

●三重県 7年間、600円(税不明)

www.police.pref.mie.jp/sef_sec_info/taisaku/5jitennsya.htm
www.police.pref.mie.jp/safety_info/bike.html
登録方法
自転車防犯登録取扱所(自転車販売店など)で実施しています。
手数料は600円です。

miezitensyakyoudoukumiai.web.fc2.com/bouhantouroku.html
手数料は600円です。
(2015年4月から)
自転車防犯登録の期限は7年です。更新する場合期限の半年前から手続きができ期限内なら無料で更新できます!

▲料金の情報が不十分

●滋賀県 8年間、500円(税不明)

pluscycle.shiga.jp/rules/security_registration/
防犯登録料が500円必要になります。
▲料金の情報が不十分
登録した日の翌年初から 8年間 です。
したがって、防犯登録後、8年経過した以後も利用する場合は、新たに「新規登録」をしていただく必要があります。

●京都府 10年間、(平成27年4月1日から)510円非課税

www.kyoto-bicycle.net/
平成27年4月1日から自転車防犯登録料は510円(非課税)に変更になりました。
平成26年6月1日から自転車防犯登録有効期限を10年に延長しました。
尚、平成26年6月1日以前にご登録された方は登録年月日から起算して10年間に自動的に延長されます 延長の為の手続き及び登録費用はかかりません。

●大阪府 7年間、(平成27年4月1日から)600円非課税

www.bouhankun.com/kanri.html
自転車販売店(登録所)では防犯登録カードを7年間保管しています。
防犯登録料 600円(非課税)
バーコード付きでチェックも迅速?個人情報は入っていないが盗難届と車体番号は確認できるのかもしれない。

●奈良県 7年間、500円非課税

www.police.pref.nara.jp/0000001222.html
自転車防犯登録の有効期限は?
販売店にて登録した日から7年間です。

自転車防犯登録にはお金がかかるのか。
登録手数料として500円(非課税)がかかります。

●和歌山県 無期限[▼参考情報]、600円非課税

www.chuokai-wakayama.or.jp/wajikyo/bouhan-seal.html
防犯登録の費用  600円(非課税)  平成27年4月1日改定
▲有効期限の情報なし

●兵庫県  7年間、500円非課税

hyogo-cycle-bouhan.or.jp/qa.html
Q.1自転車防犯登録にはお金がかかるの?
登録手数料として500円(非課税)かかります。
Q.2自転車防犯登録の有効期間は?
「自転車防犯登録所」(販売店)にて登録した日から7年間です。

●鳥取県 10年間、600円(税不明)

tottori-bouhan.or.jp/newpage12.html
Q9 防犯登録の有効期間は何年ですか?
A 10年間です。
Q10 10年が経過するとどうなるのですか?
A  登録は自動抹消されます。
   したがって、継続して使用される場合は、再度、登録をする必要があります。
Q11 登録料はいくらですか?
A  登録手数料は600円です。
▲料金の情報が不十分

●島根県 10年間?【現在の情報不明】、600円(税不明)?【現在の情報不明】

 www.pref.shimane.lg.jp/police/06_information_disclosure/kunrei_tsuutatsu/seikatsu/seikatsu.data/s-kikaku_02.pdf
9 登録の有効期問
登録の有効期間は、登録の日から7年とする。
とあるが古い情報のようだ
 www.pref.shimane.lg.jp/police/seikatsu/(リンク切れ)
 www.pref.shimane.lg.jp/police/seikatsu/s-kikaku/matidukuri/bicycle_bouhan.html(2015.10.17現在リンク切れ)
 fish.miracle.ne.jp/s-bouhan/news/20141007_bohantoroku.html(2014年の情報:リンク切れ)
リンク切れを放置で新しい情報を載せない意味がわからない。
▲有効期限の情報なし (参照できそうなページすらない)
▲料金の情報なし

●岡山県 無期限、600円(税不明)

ww32.tiki.ne.jp/~oka-bicycle/others/index.html#q2
防犯登録に有効期限はありますか?
岡山県の防犯登録に有効期限はありません。

防犯登録をしていません。罰則はあるのですか?
防犯登録を行わない場合の罰則は定められていません。

本人が防犯登録をするために出向くことが出来ません。代理でも出来ますか?
防犯登録料 600円
▲料金の情報が不十分

●広島県 10年間、500円非課税

www.tps-hiroshima.com/security
登録料 1台 500円(非課税)
[登録料に、手数料等も含まれています。¥500円以上、請求する事はありません。]
www.tps-hiroshima.com/files/8714/2526/9335/2015bouhan_tex.gif
9.防犯登録の有効期限は10年です。

●山口県 8年間、【料金不明】

www.bouhan-yamaguchi.sakura.ne.jp/(リンク切れ) 
山口県自転車防犯登録実施要綱 www.police.pref.yamaguchi.jp/files/300179743.pdf
(平成11年3月20日)
3 1により登録したデータのうち、登録の日から起算して8年を経過したものにあっては
その年の12月末日に抹消することができる。
▲料金の情報なし

●徳島県 ※約7年間~[▼参考情報]、500円非課税

www.tokushima-bouhan2.jp/自転車防犯登録/
自転車防犯登録要領「一部改正27.12.15」~自転車利用者用抜粋
pdfで色々上がってはいるが肝心な有効期限の情報は無い。
自転車防犯登録に関する「よくある問い合わせ」より
徳島県は防犯登録料は非課税500円

あなたのお手元に自転車を購入時に販売店から交付された
防犯登録カード第2票(お客様控)があればデータが記載されています。
保管していない場合は、購入した自転車店で3年間はカードが保管されていますので問い合わせて下さい。
購入後相当長期を経過している場合は、最寄りの警察署にご相談してみて下さい。
「自転車店での保管は3年間」以降の有効期限は不定

[▼参考情報](※消滅はするようだが、具体的な期限が存在しない)
▲有効期限の情報なし

●香川県 無期限、616円(税不明)

 kagawa-jitensya.com/bouhan/
防犯登録料は香川県では616円です。
なぜか半端な金額且つ
▲料金の情報が不十分
Q6 防犯登録に有効期限はありますか?
A 香川県では防犯登録は無期限ですから、削除届を警察署に提出するまで有効です。

●愛媛県 10年間、500円(非課税)

nishibo-han.sakura.ne.jp/touroku.html
登録の有効期限は、10年間です
登録料は、1台500円です

www.ehime-kenboren.com/oa-03/oa-03-04/oa-03-04-01/index.html
防犯登録料 500円(内税) 
=非課税

●高知県 7年間、新規500円(税不明)、更新/変更300円(税不明)

www.police.pref.kochi.lg.jp/sections/seian/kikaku/bouhantouroku.html
平成5年4月1日より自転車防犯登録制度が開始していますが、登録の有効期間は7年間となっています。
7年経過と同時に登録は抹消されますので登録を更新するためには、「更新登録」の手続が必要です。

防犯登録をしていない場合は、登録をしてください。
新規登録 500円
▲料金の情報が不十分

●福岡県 7年間、500円(税不明)

www.fukuboren.com/cts11-3.html
Q2.登録費用ってどのくらいかかるの?
A2.自転車1台につき、500円です。
▲料金の情報が不十分
Q4.防犯登録の保管期間は?
A4.福岡県は登録した日(登録年月日)から保管期間は7年です。
保管期間が過ぎた時は新たに登録をする必要があります。(登録費用が必要です。)

●佐賀県 10年間(2015年4月~)[▼参考情報]、500円非課税[▼参考情報]

www.disclo-koeki.org/06a/00857/index.html
▲有効期限の情報なし
▲料金の情報なし

●長崎県 10年間、500円非課税

www4.cncm.ne.jp/~naga_mc-bicycle/bouhan.html
登録料  500円(非課税)
有効期限 登録日から10年間

●熊本県 15年、500円(税不明)

www.k-bouhan.sakura.ne.jp/services/bike.html
www.jitensya-net-k.jp/bouhan/bouhan.htm
(1) 登録料500円
▲料金の情報が不十分
手続き・抹消手続きに関するチラシ(PDF 202KB)
www.k-bouhan.sakura.ne.jp/img/common/tirashi.pdf
熊本県警システムでの防犯登録情報管理システムに登録されたデータについては、
新規登録の申出のあった日から15年を経過した日まで保存します。

●大分県  10年間、600円(税不明)[平成29年4月1日から]

www.geocities.jp/oita_bohan/b2/index_4.html
Q2 登録費用ってどのくらいかかるの?
A.自転車1台につき、500円です。
▲料金の情報が不十分
Q4 防犯登録の有効期限は?
A.大分県は登録した日(登録年月日)から10年間有効です。
(平成19年10月1日より、7年保存から10年保存に変わりました。
平成19年10月1日より以前に防犯登録した方で、
平成19年9月30日現在で登録が7年経過した方については有効期限が切れています。
平成19年10月1日現在でまだ7年経っていない方は3年延長になります。)
www.geocities.jp/oita_bohan/top.html
平成29年4月1日から600円に変更 (「税不明」表記)

●宮崎県 7年間、500円非課税[▼参考情報]

www.pref.miyazaki.lg.jp/police//reiki/40390910003200000000/40390910003200000000/40390910003200000000.html
第7 登録の有効期間は7年とする。
▲料金の情報なし

●鹿児島県 12年間、500円(税不明)

www1.bbiq.jp/bouhankyoukai/register_qa.html
Q3:自転車防犯登録費用はいくらですか。準備するものがありますか?
A3:自転車1台につき500円です。
▲料金の情報が不十分
Q4:防犯登録の有効期間は何年ですか?
A4:各県で異なりますが、鹿児島県における自転車防犯登録の有効期間は12年です。
登録から12年を経過すると自動的に登録が抹消されますので、引き続き自転車を使用される場合は、再度登録する必要があります。

●沖縄県 5年間、500円(税不明)

www.okikenboren.or.jp/system/model_bicycle.html
登録手数料
防犯登録手数料は500円で、その有効期間は5年間です。
▲料金の情報が不十分


「料金」更新300円、新規500~600円ほどであまり差はない、
「期限」5年~無期限と差は大きい。

●【期限不明】【料金不明】(税不明)で書いていない地域について

料金は大差ないので気にしないとしても、期限はきちんと書いて欲しい。
直接問い合わせるのが早いが、サイトすら持たないようなところは
活動内容すら不明瞭で余計に不信感を募らせているように思う。

破棄・譲渡時の抹消方法・景品の場合など兵庫県のページが分かりやすい。

●料金について

※約500円~600円というのは既に手数料が含まれているため、過剰に手数料上乗せをしている店にも注意。
(通販や他店購入の持ち込み対策で高いというならまだしも自店購入でも小銭稼ぎをしたがる店はあまり信用できない印象)
値段については店でTSシールとセット販売しかしていないような店もある。
個別に自転車保険に入るつもりであれば必ず「防犯登録のみしかしない」と断ること。
(TSシールを貼るつもりがないのであれば整備はしないという店にも注意が必要。個別保険も否定していることになる)
正確な情報を把握せず店の言うことを鵜呑みにして期限がない地域だと思っていたら、
警察のほうには既にデータがないということもありうるので注意。


●個人店で持ち込み自転車の防犯登録をしたからない理由

joytrade.net/modules/pico/index.php/content0065.html
防犯登録も、受け付けたお店が書類を[5年~無期限]保管しなければならない、
防犯登録した ユーザーが書類を無くして問い合わせしてきたときなど、
過去にさかのぼって控えをひっくり返さなければならないなどの手間がかかるため、
決められている(地域によって異なる約500円の)料金では割りにあわないことのほうが多く、
自店で販売した自転車以外は防犯登録をしたがらないお店も多数あります。
個人営業の自転車店で防犯登録を断られた”という話もよく聞きますが、内情を考えると無理も無いように思います。

盗難時だけ登録情報の掻き出し作業を強いられるのであれば断りたくもなるのも分かるが、
点検や修理で頼ってもらい次回は購入されるように新規顧客の芽を育てるという考えが微塵もないとすれば残念。
使い方や距離や頻度によっては安物を買えば高くつくだけということもあるということを、
愚痴や文句にならないよう配慮をしながら丁寧に示しつつ、
どう理解してもらうかを熟知しているようであれば客はいずれ増えるように思える。

「防犯登録の項目の書き換え」
拒否するとしても、どう理解してもらうかを実践できている店は信用したくなる。
「現状で客数も利益も十分なので、もうこれ以上増えてもらっては丁寧に作業できる限界を超えてしまうため困る」
という許容量の問題で新規客を断るということも考えられる。
(だからといって、安易に事業拡大というわけにもいかないのは
趣味で店を開けているだけとか、事業目線で見れば当人ではない従業員が意思に反することをしかねず
結果的に店そのものの信用を落とすことになれば本末転倒というところにまで行き着く)
(2015.8.30)

●個人店で持ち込み自転車の防犯登録をしたからない理由2

jitensyazamurai.com/db/archives/4437
「手間がかかる割にリターンが少ない」と思われるので関わりたくない、
購入証明の確認での意思疎通でも時間をとられかねないので
自店の顧客に比べて優先度は低くなるのも分かる。

しかし、一般車(シティサイクル・ママチャリ)系では
そもそも自転車に大して関心がないので余計に店へ来ないだろうというのは商機を逃してるようにも思える。
「放っておいてもそのうちウチを頼って来てくれるだろう」という意味合いであれば余りにも受動的。
(客を増やしたいのであれば)「どうやったらウチの顧客に出来るのか」という思案から出来る手段を
その防犯登録という機会を逃さずに貪欲に食らいつけるかどうかだと思う。

何しろ「通販購入ということで尚更品質が怪しく、雑な組み付けが混ざりこんでいる可能性が大いにある」
「怪しい品質・雑な組み付け」→「不具合が起こる可能性が高い」
ということは・・・採ればいい手段は自ずと見えてくる。
許可してもらえなかったとしても、次回訪問を促すための方法は他にも考えられる。
その次回訪問時に「修理できる部分と出来ない部分」や
「変更や修理すれば何がどう変化するのか、どう快適になるのか」といったことを説明できるだけの
分かりやすく説得力のある材料や資料も必要になる。
(タダ働きにならないように念入りに説明する必要もある)

「客は勝手に増えるだけではなく、店で出来ることをアピール/提供し増やすもの」だと思っている。
せっかく「丁寧で細かい技術」があっても「丁寧で細かい接客術」がなければ宝の持ち腐れになりかねない。
店の作業感だけで「店での防犯登録を強いられている」というのであれば「発想の転換」をすることで
その作業がボランティアではなく、真っ当な手段で金にも成り得ると思えるかどうか。

無論、時間的にも許容量の問題でどう考えても限界であれば断ることもあるかもしれない。
しかし、断る店のイメージとして
「(自店購入ではない通販購入車持ち込みで)防犯登録だけとかそういうのはやってないから他所に行ってくれ」と
理由も一切説明せずに、さっさと帰れというような表情で威圧感を出したり、
理由を聞かれても単に「いやそういうのだけ頼られてもこっちとしては割に合わんし面倒だから」と言って
「冷たく邪険に扱う」ことで
「あの店に防犯登録行ったら鬱陶しい客と決め付けられて感じ悪かった」

(本当にその客の感想だけで済むと思えるならそれでも構わないのかもしれないが)
「店自体へのマイナスイメージ」が流布されてしまうということへの懸念がないことは一考の余地がある。

何も「(公道を走行すれば)違法になるフル電動自転車を組み立てろ」とか、
「貴重な廃盤パーツを見つけ出して直せ」とか
「保証残したままフル改造しろ」といった無理難題を押し付けられて
(無理難題については地域や組合や店単位でも「これはこういう理由により作業できません」と「明示」しておいたほうが
良さそうに思えるが、その都度詳細を説明するか、「問答無用でさっさと帰れと一蹴してしまう」ほうが早いのだろうか。
無駄なやり取りを省略できて効率的に思えるが・・・)
それに応えられなかったからレッテルを貼られるというわけでもなく、
例えば「こちらとしては応じたい気持ちはあるが高齢で体力的にも限界なので
今後の盗難があったときに情報の照会を考えたときにも数年先も見えないので応じられそうにない」といった
「やむを得ない事情」があれば納得してもらえると思っている。

それでも納得してもらえなかったら、近隣の人の良さそうな自転車店を紹介してあげれば
自転車店自体へのイメージも悪くならずに済んで、
結果的に自転車そのものへの印象も良くなるまでもないとして、
悪くはならないことは十分意味があるのではないだろうか。(2016.4.10)

●[店]防犯登録だけすることが割に合わない理由

kobelalpedhuez.blogspot.jp/2016/04/blog-post_30.html
本人確認等の手順は割愛するとして、
所謂「7分組や9分組」を真っ当に走れる状態まで修正しなければ登録しない理由について。
①本体の不具合による破損やトラブルであったとしても、組み立てたお店が悪いと言われるリスクが高い!
②クオリティーの低い自転車を限りなく完璧に仕上げる事は、神経を使いますし、時には力技で修正しないといけない個所もある。
③工賃は実際の作業にかかる時間によって相場が決まっていますが、求められる精度からすると全く割に合わない作業になる。
店の方針次第なので一概にこれといった最適解はないが、
この場合もしかしたら「TSマークとセット」でなければ取り合わないということなんだろうか。
しかしながら、
「パッと見ても分かるような不具合状態」を指摘して、それでも持ち込み客が「構わない」と言い張るのであれば
「誓約書にサインさせることで」回避するという方法がないとはいえないが・・・、
いや、そもそも「有料点検を拒否する」ということは「不完全であることを享受している」ということになるので
不具合が起こったとしても、「安全性を軽視した客の選択であり」店への責任追及自体が無効に思える。
というより・・・
「雑整備車両を世に送り出す商売がまともな選択かどうか」ということでもあるが、
「実店舗の新車でも雑整備が当たり前のような売り方」や
「雑整備の自転車がそこらじゅうに溢れている」という状況からして
「真っ当に走れる自転車を作る」という感覚は、
そういう雑自転車でいい層からしてみれば「神経質すぎる」ということなのだろう。
だからこそ、
説明が面倒でもそこは余計な2次被害を出さないためにも
こういう経営方針の店の場合であれば、持ち込み者自ら「断りたくなる明確な理由」を提示すれば
正反対の「雑整備自転車だらけの、どんな自転車の登録だけでも大歓迎」という店に流れていくはず。
それでも、
何がどう違うのかを説明だけでは「そういう感覚がないので理解ができない」として、
それを覆すために一度「本体価格は安くても真っ当に整備した自転車」に乗ってもらって
気付かせることが出来る可能性もあるのではと考えなくもない。

●防犯登録ができない自転車について

irodoriworld.com/archives/3640
(コメント欄)
「産廃業者から譲り受けた場合、前所有者が分からない場合は新規での登録は」「出来ない」
先日、警察署へ行って確認してきましたのでご報告させていただきます。
結論から言いますと、登録は出来ないようです。
  • 前所有者が分からない場合は譲渡手続きや前登録の抹消が出来ない。
  • 再登録しても前所有者の登録と二重登録になり窃盗の疑いがかかる。
  • そのまま乗っていても窃盗の疑いがかかる。
警察では、盗難届けが出ているかは教えてくれるが、
当たり前ですが個人情報は教えてもらえない。盗難届けが出ている場合はその場で没収される。
上記のような回答でしたので、産廃業者さんやリサイクルショップなどからの自転車は
譲渡証明などの書類が揃わない物に関しては、残念ですが買わないのが良いようです。
もしかしたら警察署によって対応は異なるかもしれないが、
基本的にどこの誰のものか分からないような自転車は「買ったり(貰ったり)しないほうがいい」が、
「防犯登録に大した効果はないし罰則もないので(職質で多少面倒が増えるとしても)不要」というのであればそれでも構わない。

●こういうときに役に立たない防犯登録

kobelalpedhuez.blogspot.jp/2016/08/blog-post_17.html
簡単に情報開示できないので情報保持では安全とも言えるが、
盗難車と仮定すれば本当に困っている人にとってこれほど頼りないものはない。
いっそのこと名称を実質殆ど意味を成していないとしか思えないので
「”防犯”登録」ではなく、 「所有者登録」 にして欲しい。
▼どうすればいいのかという問いには
状況を考えて「自転車の権利者」は誰かと考えると、とるべき手段は見えてくるが、
とりあえず「弁護士無料相談」にでも行くのが確実。

ただ、こういった場合、自転車そのもの以外にも
「地域の自転車店として行動すべきこと」を忘れてしまうと後々、結構面倒なことになるような気がする が、
そうするかどうかは店の方針次第だろうから口を挟むことではないのだろう。

●[兵庫]防犯登録料とは別に手数料500円??

kamikawa-cycle.com/blog/3702
(防犯登録は既に手数料込みでの販売のため追加で手数料をもらうことは問題のある行為。
点検後に発行するTS保険とセットで販売している店もあるようだがそれも問題だろう。)
そんなに他店の自転車の登録をしたくないなら近場の他店を紹介してあげればいいだけの話。
そういう「不誠実がモットーの店」に対しては
協会から注意喚起のチラシ配布だけで済ませるだけではなく
証拠と共に実名で丁寧に公開とか、強制退会を突きつけるなどして、
他の店が不利な状況を改善するためにも早急に改善を促せばいいのでは。

●[神奈川]515円から550円に値上げ(非課税)

blogs.yahoo.co.jp/zitensyaya/47976804.html
2000円くらいに値上げしてリサイクルすれば料金が一部戻るようにすればいいのではという提案意見。
そもそも、"防犯"という意味ではまともに機能しているかどうかも怪しい
現状では登録者と本体を紐づけするためのものでしかないような
今でさえ「罰則なし」で絶対ではなく”努力”義務でしかないものに加入しない人が間違いなく増え、
「無登録で購入できるところで買い、シールなしでも修理してくれる店が重宝され、廃車は放置するだけ」では?

それよりも、根本的な改善として
料金が5000円になろうが、全国バラバラで有効期限や料金の情報すらまともに公開していないような
杜撰な管理になっている組織を全て解体し全国共通のシステムに作り替え、
盗難車かどうか誰でもICタグで確認できるような仕組みにでもなって
団体や店ではなく「ユーザーにとって真の意味で有益」にならなければ
絶対加入したほうが得ですよとは言えない。