空気圧計(エアゲージ)単体

最終更新日:2018.6.17 ●パナレーサーのエアゲージ(BTG-F)の調整方法、他微修正
6.10 ▼GG-05の使い方(★解説の追加)
3.4 【米式/仏式】などを記入、並べ替えなど全般的に修正
2.25 UP


●空気圧計(エアゲージ)単体━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★空気圧計は先端が「筒状」になっているものをオススメ。

(先端が丸いものは測定するときに空気漏れしやすいので使い勝手がイマイチ)

※デジタル式も掲載してみたものの、
アナログに比べると回路があるぶん壊れやすいという判断からあまり積極的には薦めない方向。


▼エアゲージを単品で使うメリット

エアゲージ単品を持っていると「空気圧計測専用なので当然正確な空気圧が測りやすく」
「エアリリースボタン」=「微調整が可能」なので見ながら細かく調整できるのもメリット。
ポンプにエアリリースボタン付きもあるが、エアゲージ単品も上手く使えば便利。


◆一般車の英式チューブは基本的に空気圧測定が出来ない

「MPプランジャー+ポンプの数値計での目安」や「シュワルベの英式バルブコア+専用計測器(エアマックスプロ)」という方法も
あるにはあるが・・・手軽さや日常的な使い勝手や分かりやすさを考えると微妙。

米式変換のエアチェックアダプターを経てもいいが、いずれ米式チューブへの交換を推奨。
米式化によって、空気圧測定しやすくなるのと、
ガソリンスタンドでの空気入れも使えるという最大の利点があるので使い勝手は良くなる。

(仏式であれば空気圧測定は普通に可能。
特に6気圧や7気圧を充填するようなスポーツ自転車は
ママチャリ等よりも空気が減るまでの日数が早いので空気圧管理が必須)


【精度重視のオススメ】━━━━━━━━━━━━━━

●【米式専用】(STRAIGHT/ストレート) エアーゲージ メッシュホースタイプ 15-640

¥2180+送料540円
www.straight.co.jp/item/15-640/
[適応バルブ] 米式(シュレーダーバルブ)
[測定範囲] ~500kPa
[測定単位] 10kPa
[精度] ±2% (例:300kpa充填で最小294~最大306kpa)
[ゲージ] ダイヤフラム式
[ゲージサイズ] φ60mm
[ホース長さ] 350mm
[その他] リリースバルブ付き
▼レビュー
minkara.carview.co.jp/userid/364918/car/269714/7739119/parts.aspx
minkara.carview.co.jp/userid/1160794/car/889843/6177247/parts.aspx
値段と使いやすさのバランスを考えるとこれが一番現実的な空気圧計。

■【仏式専用】パナレーサー アナログ内圧ゲージ「BTG-F」約3000円

※測定誤差±3%
panaracer.co.jp/lineup/tubepump.html
panaracer.co.jp/products/pdf/manual_cycle_03.pdf
仏式メインのスポーツ自転車ユーザーは
簡易チェックとしては携帯ポンプに空気圧計が付いているものもあるのでそれで十分かもしれないが、
フロアポンプとの数値にズレがある場合、比較できるので持っておくと便利かもしれない。

●パナレーサーのエアゲージ(BTG-F)の調整方法
www.forza.jp/2014/05/btg-f.html
先端を分解して簡易的にスペーサーを挟むという方法


●【初心者向けのオススメ】━━━━━━━━━━━━━━━━

◆ 【米式/仏式】GIYO「GG-05」関連 ★690円~

最安値?●Ruler ルーラー GG-05 [タイヤゲージツインバルブ] 690円(送料無料:ポイント有り)

www.yodobashi.com/product/100000001001770998/

(「GIYO(ジーヨ) エアゲージTWINVALVE GG-05」とたぶん同じ)
www.amazon.co.jp/dp/B003H06APO/
eukim.blog.fc2.com/blog-entry-105.html

盤面が黒く目盛りが狭いので見辛そうだが、重要な「3(気圧)」の数字があるので目安にはしやすい。
よくある先端が丸型で測定時に空気漏れしやすい構造ではないので使い勝手としては良いほう。

比較対象としてパナの廃盤米式アナログゲージ(BTG-A)よりは、やや空気漏れがあるものの、
3気圧程度であればさほど気にならない程度。

▼GG-05の使い方(★解説の追加)

●標準3気圧(約300kpa)の場合
0.2気圧程度の誤差を考慮し、
【1】一旦4気圧程度まで充填(空気圧計がないポンプでは一気に入れずにポンピング5回おきくらいで確認)
【2】3.5気圧くらいまで減圧ボタンを押して減圧
【3】手早く外す
★「盤面が小さくて角度的にも見辛いので、見ながら減圧するなんて出来ない!」場合
外してもリセット(減圧ボタンを押す)まで目盛りは固定される「ホールド機能」を活用。
具体的には、
「(計測時にも減ることを利用し)装着→外す→計測」を何度か繰り返し、
外したときに数値を見て「約3.2気圧くらい」になっていたら(最後に忘れずにキャップを取り付けて)終了すればいいだけ。


●[レビュー]GIYO GG-05 TIRE AIR GAUGE-TWIN VALVE

lifeisfreestyle2.blog79.fc2.com/blog-entry-932.html
(このユーザーは【仏式】【7気圧】で測定)
高圧の場合は空気漏れしやすいようなので注意が必要のようだ。
ゴムカバーをめくって左側のねじで調整もできそうだが
比較となる基準がなければ比べようもないので特に何もしない。


■GIYO公式

www.giyo.com.tw/web/03product/05dial/GG-02.htm
【GG-02】18気圧
【GG-04】21気圧(+目盛り1面)
【GG-05】11気圧
【GG-06】11気圧(+目盛り1面)

●GIYO(ジーヨ) エアゲージTWINVALVE GG-05 約700円
●Ruler ルーラー GG-05 [タイヤゲージツインバルブ] 約690円
●GIYO GG05同等品 ガレージ・ゼロ「GZMT25」 自転車用 タイヤゲージ 160psi
●サイクルプロ CP-TG05 [エアーゲージ 160PSI] 約1300円
●ギザ GIYO(ジーヨ) GG-06 デュアル フェイス エアーゲージ(APG00500) 約1500円 

●GIYO GG-05同等品 PWT「AG160」 タイヤゲージ エアゲージ ツインバルブ 空気圧計 仏式・米式
www.youtube.com/watch?v=4sBRzNXShIM
仏式で約7気圧の場合引き抜くときに空気が漏れている

●GIYO エアゲージTWINVALVE GG-05 約700円
www.amazon.co.jp/dp/B003H06APO/
使っているのが米式か仏式か、どの程度の空気圧で使っているのか分からないと
感想はあまり参考にはならない。
エアチェックアダプターでの使用と思われるレビューは以下のようなので、
空気漏れが多いという感想はほぼ仏式?
ママチャリのバルブを英式から米式に変換したのを機に、当エアーゲージの出番がやってきた。
ママチャリとはいえ、やはり、きちんと圧の管理をしたい。
3barはいつもより、さらに入れる必要があった。
タイヤを押すという感覚はあてにならないことがわかった。
適正圧になっているというだけで、妙な満足感がある。

ちなみに、エアーゲージを抜くときの空気漏れはほとんどない。
3barと低圧だからだろう。

【精度について】
4BAR以下の測定で対パナレーサー タイヤゲージ BTG-F比で-0.6BARぐらい値が小さく出るため、
シクロクロスやMTBなどの3BARから4BARを正確に測りたい人には不向き。
調整は出来るようなので精度はさほど気にしなくても良いのかもしれない。

lifeisfreestyle2.blog79.fc2.com/blog-entry-932.html
レビューでも既出だがこの商品は真っ直ぐバルブへ当てないとリークが大きく、
むしろエアを失う結果となる事しばしば。
ちょっと慣れが必要で、何回かやればほとんどリークなしでチェック出来るようになる。

色々ゲージを見ていると、本体を覆うゴムカバーを外すとビスがあり、どうやらそれが調整用のネジのようだ。
右側はかなり締め込んであるのだが、左側はどちらにも回る。
試しにビスを回すと針が動く。
再度フロアポンプの圧力と同様の数字になるように微調整して完了。
キャリブレーションとはいかないものの、調整出来る事が分かって一安心。

■比較用
仏式:約3気圧[パナレーサーのアナログエアゲージ]
www.youtube.com/watch?v=q6T7aJmZvA0
仏式約4.5気圧[トピークのデジタルエアゲージ]
www.youtube.com/watch?v=wRnzOQteN3Q
仏式約2気圧[トピークのデジタルエアゲージ]
www.youtube.com/watch?v=ftUkLWdAut8
仏式7気圧、米式3.8気圧[トピークのデジタルエアゲージ]
www.youtube.com/watch?v=cydYNiuWk3M
引き抜くときに空気はほぼ漏れている様子がない

トピークで米式約5気圧で若干多めに抜ける場合もあるようだがバルブとの相性の問題?
www.youtube.com/watch?v=9Qnscr6DGgM?t=2m5s




▼アナログゲージまとめ

【減圧可能】【ママチャリの場合500kpaまで計測可であれば十分】
1:【差し込み口の形状】空気の漏れにくさでは直線タイプ一択。先端が球型は固定しにくい。
2:【差し込み時・引き抜き時の空気漏れの有無とその量】少ないほど良い
3:【目盛りの見やすさ=本体の大きさ】大きいほど見やすい
4:【数値の精度】誤差が少ないほど良い
5:【本体の価格】安ければ買いやすい

●【米式専用】旭産業 MTS-5MC【7.5万円】マスタータイヤゲージ

www.air-asahi.com/product/testingequipment/mastergauge/
www.monotaro.com/p/0990/9977/
7.5万税込 測定精度(kPa) 50~450kPaの範囲:±3 上記以外:±4.5
※3%ではなく「実数で±3kpa」。
www.monotaro.com/p/0990/9961/
測定能力(kPa) 0~500
50~450kPaの範囲:±3 上記以外:±4.5
▲【本体の価格】が絶望的に一般用途とかけ離れている

◆【米式専用】旭産業 AD-206MC【1.5万円】ぬきボタルゲージ

www.monotaro.com/p/3575/3252/
測定能力(kPa) 0~600
▲【数値の精度】が不明

◆【米式専用】ブリヂストン レーシングエアゲージ / BRIDGESTONE RCG-20【約1.1万円】

(RCG-10はオートバイ用で丸型、固定しやすさでは直線型)
www.monotaro.com/g/01495445/
(400kpaまでしか測定できない ▲計測時の空気圧ホールド機能なし)
約1.3万円 誤差±6kPa以内
自動車向けではあるが、先端が丸になっていないほうが固定しやすい。


●【米式専用】モノタロウ タイヤ用エアゲージ(ホース付) 約1500円

www.monotaro.com/g/01338172/
www.monotaro.com/p/2010/7824/
前モデルは±10kPaだったようだ
minkara.carview.co.jp/car/honda/civic_hybrid/partsreview/detail.aspx?cid=3832602&srt=1&pn=2&pi=519070&ucm=0
●材質: スチール、亜鉛、真鍮 ●質量(g): 220 ●精度: ±10kPa ●測定範囲(kPa): 0~600 ●寸法(幅W×高さH×長さL)(mm): 73×35×455 ●最小目盛(kPa): 10
今はホースの被覆もないので誤差±20kPa以上みておいたほうがよさそう

●廃盤になってしまったパナレーサーの米式アナログゲージ(BTG-A)の代用として
仏式用アナログゲージ(BTG-F)を使おうにも
米→仏変換口金はなさそうなので使えず。




◆【仏式専用】パナレーサー アナログ内圧ゲージ(低圧専用)「BTG-F-LP」約3000円

※測定誤差±3%
panaracer.co.jp/lineup/tubepump.html
低圧用なので目盛りが見やすいが、320kpaまで且つ仏式のみなので用途は限られる。

●[廃盤]【米式専用】BTG-A/米式バルブ用「BTG-A」

panaracer.co.jp/products/pdf/manual_cycle_02.pdf
【11気圧まで測定できるが3の位置に数字がないので見辛い】
空気漏れは少ないので使いやすさはある。


▼デジタル━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

電池交換が若干面倒。何かどれも使い辛そうな印象が強い。
それでも買うならパナレーサーかトピークの2択。

●【仏式/米式】SKS エアチェッカー AIRCHECKER (10001) 約3700円

www.g-style.ne.jp/item.php?brand_id=18&item_category_id=83
www.g-style.ne.jp/uploadimg/itemfile/5625c2ee2ed6c.jpg
電池交換可[CR2032]、減圧機能あり 補修パーツなし?

www.worldcycle.co.jp/item/32320.html

(amazonレビュー)
サスの米式バルブは測るたびに、大量に空気が漏れ、3回くらいでエアが完全になくなり、使い物になりませんでした。
サス用のバルブ形状が違うのかもと思い、小径自転車の米式バルブで試してみましたが、結果は同じでした。
コンパクトで、表示も見やすくいいのですが、米式バルブが使えないので、星3つとします。

●トピーク「スマートゲージ D2」約3000円

www.topeak.jp/pump/apg00600.html#page1
電池交換可[CR2032]、減圧機能あり 補修パーツなし?
▲誤差が不明

海外のレビュー動画が多い
www.youtube.com/watch?v=z3pfh93NyeQ

TOPEAK SMARTGAUGE D2
www.youtube.com/watch?v=YfeWd9FUDKU
動作不良品もあるようだ。

●【仏式/米式】パナレーサー デジタル内圧ゲージ 実売:約2500円

デュアルヘッド・デジタルゲージ 品番:BTG-PDDL1
panaracer.co.jp/lineup/tubepump.html
仏式・米式両方に対応するデュアルヘッド採用。ディスプレイバックライト&LEDライト付。
※1,235kPa(12.4kgf/cm2)以上の測定はできません。
※仏式バルブの場合は、必ずリムナットを装着して測定してください。
※ネジきりのない仏式バルブ(プレーンタイプ)は測定できません。
※測定誤差±10.5kPa(0.1kgf/cm2)
   BTG-PDDL1-FVR デジタル式デュアルヘッド内圧ゲージ用 仏式側換えゴム 162円
仏式側しか補修用パッキンがない・・・?

panaracer.co.jp/products/pdf/manual_cycle_01.pdf
電池交換可[CR2032]、減圧機能あり 

www.yodobashi.com/product/100000001001441771/

ktktmt.seesaa.net/article/440899933.html
米式側の構造が取説の雑な図以外よくわからない。

自動車タイヤに使っている動画があるが・・・
www.youtube.com/watch?v=XWLgAxhAvGQ
減圧ボタンではなくLEDライト部分で空気抜きをするという謎
2気圧くらいでは(低圧だから当たり前かもしれないが)
外すときに空気漏れしている感じはないというのが分かるだけ・・・

www.youtube.com/watch?v=3ZGgCTW8nJ4
これも低圧すぎてあまり参考にならない。
同じく外すときに空気漏れしている感じはないが・・・。

●↑米式バルブでも相性があるらしい

blog.livedoor.jp/psysalis523-g_works/archives/22033780.html
ただ、当方の場合米式のバルブと愛称が悪いのか?
計測するたびに数値が違って出てしまいます。
いろりろ試しましたが、どうやらバルブとの隙間が多いようです。
オートバイ(米式)で試したら数回やってみて同じ数値が出たのでやはりバルブに問題があるのかも知れません。


●【仏式/米式/英式(シュワルベのみ)】シュワルベ エアマックスプロ 約2500円

補修パーツなし?
www.g-style.ne.jp/item.php?brand_id=16&item_category_id=98
www.schwalbe.com/en/zubehoer.html
www.youtube.com/watch?v=ckvMq_CyHB
電池交換はできる[CR2032]が、減圧機能がないので使いにくい。
item.rakuten.co.jp/vic2rak/schwalbe_0279/

▲BBB プレッシャーゲージ[電池の交換は出来ません]
(URLを貼る意味すらないので品名だけ)

他にも米式用で安価なデジタル空気圧計もあるが耐久性や信頼度の面で却下。