色に出でにけりわが恋は 選評


概要

タイトル 色に出でにけり わが恋は
ジャンル AVG
発売日 2010/4/29
ブランド ういんどみる
価格 9240円(税抜き8800円)

要点

作中の迷言等:
843 名前:名無しさん@初回限定[sage] 投稿日:2010/05/06(木) 21:57:29 ID:ZFXADH8x0 [2/2]
触れ忘れたということで私めが
  • 主人公宅露天風呂でダンス、通称「前後おォォン♪」
  • ↑共通中~終盤あたりから「全裸で前後おォォン♪」
  • 勃起ン勃起ンの、ボッキンボッキンスティック☆
  • おっぱい~~~ん♪♪ユサユサユサァ~~~ン♪♪
  • おっぱい~~~ん♪♪ぷるぷるぷるゥ~~~ン♪♪
  • ムスメさんシコシコでイッちゃうぅぅ!
  • 悠人様ァあああン!
  • とある個別ルートで、要のイベントと言える学園祭が僅か2クリックで前夜祭から後夜祭へ
  • 「さてそして。楽しい学園祭が……あっという間に、終了した」

こんな所? 迷言だけなら正直もっとあるだろうけど
それを書き出すとゲームのほとんどは語らないといけなくなる。それがこの作品だと思う。


選評

  • 選評1
835 名前:名無しさん@初回限定[sage] 投稿日:2010/05/06(木) 17:22:49 ID:ZFXADH8x0 [1/2]
共通が長い割に個別が短く、シナリオはヤマ無しオチ無しって感じが強いです。

まず最初の注意点は選択肢が多い。その数なんと100以上。
しかも所々好感度上がっているのか微妙な物もある。
だがこれに関しては案ずるなかれ、強い味方の次の選択肢へがある。
最もこれを用いてもかなりめんどい。賢い人はさっさと攻略サイト覗こう。

ヒロインはメイン3にサブ2+1。
内訳はエセツンデレ風味小犬系お嬢様・エセヤンデレ型むっつりスケベ和風お嬢様純情派・微セクハラ式幼なじ巫女(仮
クールになりきれない強襲型メイド・ペンギン娘・救急車。
これだけ書くと非常に面白そうだども、メイン2人が共通で頑張りすぎてどうにも他キャラの影が薄い。
メインの一人は姿さえも薄い。
あと、サブの二人の扱いは非常に悪いです。ほんとオマケ程度。二人とも幼馴染という割には接点がやたら希薄だったりします。
主人公は思った事をそのまま言ってしまう、よく言えば素直なんだけど実際は只のセクハラ大明神。
出会って一週間も経たないお嬢様相手でさえセクハラ三昧。でも嫌われない。

シナリオは主人公のせいで自身の生涯を賭けた剣技の決闘に負けてしまったお嬢様が
主人公を超えるための修行と称して同棲をする処から始まる。
一見熱血な感じで、ああこれはシリアス展開にもなるのかなと期待してみればそんな事もなく
修行の大半はお嬢様を弄って弄って気絶させて終了。お嬢様も弄ってとばかりにネタ振り。
そして始まる不思議な裸踊り。これがまだ共通っていうんだから驚きだ。痴女ってレベルではない。
というかズブの素人に真剣持たせて、構えと気迫だけは堂に入っているから負けてしまうって……
個別に関しては本当に飾り。というかこのゲーム、冒頭からヒロインの好感度MAXのようなものなんで
個別に入ってもあんまり感慨がないのが実情。

そして極めつけが「説明しよう!」
これは物語の最中で特定のキャラによる説明が入るのだが……
単に設定を棒読みしているとも言える。しかも物語に絡むような事もなく後味さっぱり。
ADVなら描写一つで説明せんかい。



選評

  • 選評2

977 名前:名無しさん@初回限定[sage] 投稿日:2010/12/22(水) 01:59:06 ID:MG1SusBIO
でにけりの選評が伝わりにくいみたいなので、選評2を上げてみる

色に出でにけりわが恋は

過去、二度アニメ化を果たした中堅萌えゲーメーカーである「ういんどみる」が出したゲーム
ヒロインはメイン3人+サブ2人+サブのサブ1人と言う構成

シナリオにはまるで山がなく、これと言った盛り上がりを見せることなく終わる
ユーザーに「え、これで終わり?」と思わせると同時に、ED後に「このままエピローグを見ますか?」と言う謎の選択肢
いや、普通に見せろよ

このゲームの特徴の一つに選択肢が多いという所がある
本当に好感度が上下してるのか甚だ疑問だが、選択肢が多過ぎな為攻略サイトの管理人涙目
ただでさえプレイ時間が長いのに、既読スキップも選択肢の度に止まるので、プレイ時間が無駄に伸びイラツキ度UP
次の選択肢へ飛べる機能もあるが、数回押しても画面が転換しないこともある

そしてこのゲームで一番ダメだと言われる部分がキャラの気持ち悪さである
全キャラが総じて言動や行動がおかしく、笑えるを通り越して嫌悪感を覚えるほど
特に梨桜と主人公はキモイ連携プレーが酷い
主人公が入浴中にバスタオル1枚の梨桜が乱入→梨桜、これは精神修行だと言い出す→結局耐え切れず気絶
次の日スク水で再び主人公の入浴中に乱入→主人公ちょうど上がろうとした所→スク水姿の梨桜を見てフル勃起→梨桜気絶
次の日体操服で(ry→隠さず堂々と見せ付ける主人公→梨桜気絶
次の日は学園の制服で(ry
とほぼ同じ内容のやり取りが、梨桜の服装パターンを変えただけで何回も繰り返される
最終的にはなぜか主人公を勃起させるために、前後ぉぉぉん♪などと言いながら腰振りダンスをして、結局気絶
その後罰として、湯舟に浸かる主人公の前で全裸で腰振りダンス
その後も主人公から「前後」と言葉を発せられる度に人前でも腰振りダンスをする梨桜
姉DVDかよ


978 名前:名無しさん@初回限定[sage] 投稿日:2010/12/22(水) 02:00:05 ID:MG1SusBIO
続き

非常に面白みがないのに、無駄に長いシナリオと、言動や行動がキモ過ぎるキャラのコラボネーションは正に地獄
ういんどみるの定番萌えゲを期待してたプレイヤーからすれば、プレイすること自体が苦痛である

しかし、自分が一番ダメだと思う所は体験版、公式サイトからは、「いつものういんどみるのゲーム」程度しか感じないと言う事だろう
ストーリー、キャラクター説明は普通で、サンプルボイスも普通
体験版は主人公がキモくない前に終わり、女性キャラや最後のサービスシーンで片鱗が見えるが、概ねいつものレベル
一種の詐欺と言える

絵、音楽、システムがまともであるので、純粋に内容がダメという正統派クソゲーと言えるのではないだろうか

過去のコメントはコチラ

タグ 大賞 2010年の作品