新妻LOVELY×CATION 選評

ブランド hibiki works
ジャンル ADV
メディア DVD-ROM
原画 唯々月たすく、柚木ガオ(SD原画)
シナリオ 富岡征士郎、森崎亮人、和泉万夜
発売日 2017/04/28
定価 10,584円(税込)

選評

【2017】 クソゲーオブザイヤーinエロゲー板 避難所 2本目
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/game/58331/1490590022/
802: 新妻選評 ◆Cp8lap7UVA :2017/05/08(月) 01:45:35 ID:7I1enS3Y
メーカー:hibiki works
発売日:2017年4月28日
値段:9,800円+税

あかべぇ系列のひとつ、hibiki works
処女作でコケた後は、ヒロインから名前を呼んでもらえるシステムに加え、
恋人になるまでの経緯となった後のイチャラブに焦点を当てた「CATIONシリーズ」で比較的堅実な展開を行っていた。
今作は、シリーズ初期の原画を担当した唯々月たすくが再び原画を担当することから注目も高かったのだが…


◎体験版からのエンジン変更
理由については不明だが、体験版と製品版ではエンジン変更が行われている。
これによって製品のクオリティアップに繋がっていれば問題ないのだが、あろうことか品質改悪にしかなっていない。
一部状況下での動作のもっさり化、フルスクリーン化した際の画質劣化(ジャギ発生等)、地味ながらストレスを与えてくる。
画質劣化については、発売日に公開された高画質立ち絵パッチにより改善が図れるが、このパッチがまた曲者。
圧縮状態では400MB強だが解凍すると4GBとなり、紙芝居ゲーのくせにストレージ容量をやたら圧迫してくる。
エンジン変更は大人の事情によるものと推察されるが、正直言って詐欺と同類の質の悪さである。


◎一部シナリオの不完全燃焼感
タイトルからもわかる通り、ヒロインとの初恋を経て結婚・同棲というのが重要なファクターとなる。
しかし、ゲームの方で最初から「(キャラを問わず)出会ってから結婚まで1年、その後の同棲が1年」と期日が切られているため、
ヒロイン毎に仲を深めてから結婚というよりも流れ作業的に結婚を目指しているという悪印象を受けやすい。
また、結婚初夜や同棲後初エッチ等のおいしいイベントも軽々すっ飛ばされるという扱いであり、
ゲームそのもののコンセプトが揺らいでいるのではないかという印象も受ける。
また、本作ヒロインのうち、栗原愛子について一部の層からはその扱いの悪さに不満の声が上がっている。かくいう私もその一人であるが。
公式等の事前情報では保育士という職業に加え面倒見の良さや母性を押し出されており、
当然シナリオやエロ面でもそれらの設定を活かしたものが期待されていた。
しかし、蓋を開けてみれば上記の設定は御座なりであり、
エロでも授乳プレイや最終盤の子づくりといったように需要に合うシーンもあるにはあるものの、
回収したアイテムを用いた女王様プレイ等のように「本当にそれ必要か?」と首を傾げたくなるものも含まれている。
加えて、何故か他2人のヒロインと比べ本番が少ないという冷遇を受ける有様である。

◎バグ (恐らく発売直前のエンジン変更に因るものだろう)
上記問題が可愛く見えるほどの問題児である。
発売日と同時にv1.01パッチが公開されているが、これを当てた後もバグは山積みである。
筆者が数日プレイした僅かな間だけでも、
  • ゲーム内の日付表示がバグる (攻略時にイベント管理が求められる本作では割と厄介)
  • スクロールバーの操作が激重になる
  • 強制終了
このうち強制終了についてはそれ単品でも質の悪い代物であるが、
このゲームの仕様上、ランダムイベを回収するためにS&Lを繰り返すことがしばしばあり、
その際にもちょくちょく発生することから通常以上に悪印象を残す結果となっている。

週が変わり、GW中の平日である5月2日にv1.02パッチが公開されたが、これが更なる問題児であった。
  • 日付表示バグは相変わらず発生
  • スクロール鈍化もまだ発生する
  • 強制終了も相変わらず
それだけでは飽き足らず、公式曰く修正したと宣う以下の内容、
《「次の音声が再生されるまで音声を停止しない」が正しく動作するように修正しました。》
については、あろうことかこれが致命的なバグの温床と化す始末である。
詳細については方々で既出のため割愛するが、BGVの再生時に高確率でエラーが発生し進行不可能となるというものである。
特にBGVが頻繁に再生されるエロシーンでは発生頻度が顕著である。
ヒロインとの情事の際に「BGVの再生に失敗しました」というウィンドウが表示されたら最期、
読み込みに失敗したBGVの断片が延々再生され、タスクマネージャーからゲームを落とす以外に方法がなくなるのだ。
この際に間違えてメニューからタイトルに戻ったりゲームを終了しようとすると、その際に読み込まれるシステムボイスもバグり、
こちらも延々途中でぶつ切りになったシステムボイスを延々聞かされる羽目に合う。
場合によって先のエロシーンでのBGVの断片も加わるおまけ付き。
スレ既出の「新妻ラブリケッ新妻ラブリケッ新妻ラブリケッ新妻ラブリケッ (以下ループ」が有名か。
なお、タスクマネージャーからの強制終了でも、場合によってはアプリケーション終了後もBGVが鳴りやまず、
おまけにセーブデータが破損するケースも確認されている。
最早バグゲーを通り越してホラーの類に片足を突っ込んでいるレベルである。

上述の通り「エロゲーのくせにエロシーンが(物理的に)地雷」という有様なので、
「次の音声が再生されるまで音声を停止しない」を無効化した上で、
エロシーンを(強制終了しないことを祈りつつ)スキップで飛ばすのが最も安全な攻略方法である。



このように商品としての価値を事実上失っている本作だが、制作陣はそれを意にも介していない。
GW期間中修正そっちのけで遊び呆け、その様子をブログへ載せる一方で、
ツイッターでは「5/8(月)に修正パッチver1.03を公開できるよう全力で取り組んでおります」などと恥ずかしげもなく発言。
これまでのシリーズファンからも「新妻バグリケーション」と斬って捨てられるのも無理はないだろう。