2015年 総評案 > 総評案5 > 修正案2

2015年総評案5 大賞:Love and Peace

季節が変われば吹き抜ける風は変わり、そしてクソゲーも変わってゆく。
昨年度KOTYeはネタスレとしての立場による決着を概ね排し、単純に「楽しめないこと」を突き詰めて進めた、重苦しく陰鬱な回となった。
絶望と苦痛の精神汚染兵器『チーズ』を筆頭に、負の側面に特化したクソゲー共の跋扈がその傾向を吹き入れたわけだが、果たして本年度はどのように腐り果てた風が吹くのだろうか…。

さて、大仰な決意を掲げ、ささやかな挑戦状を叩きつけて褌を締め直した前回の結び。
そのわりに、今年度の先頭爆発は遅咲きであった。
選評自体は4月までに4つと月刊ペースで届いている。
中でも、寒いノリとキ○ガイめいたヒロインの舞い踊りを「面白くないボボボーボ・ボーボボ」と評された『毎日がハーレムすぎて王子は姫を決められないっ!』は、
「パフェとハンバーグにしか見えないコーヒーとショコラケーキのCG」など笑いの提供にも余念がなく、AAまで作成され上々のインパクトを残していった。
とはいえ、昨年末のゲヘナはどこ吹く風。
住人達は優しい表情を崩すことなく、本格的な春の空気をまだ遠くに感じていた。

今年は笑いと癒しの年か?
そんな展望も予感させる穏やかな立ち上がりの2015年度。

しかし、時は4月6日。
突如過去の怪物が忌まわしき凱旋を果たし、KOTYe本格開戦の狼煙を上げた。
げーせん18発、『戦極姫6』の登場である。
『戦極姫』――かつて3つのKOTYで暴れ回った大物クソゲーも今は昔。
幾多の有償デバッガーの犠牲の下で大幅に改善し、昨今では良作シリーズと扱われるまでに成長を遂げていた。
住人にもファンは多く、純粋な期待の声も上がっていたのだが、
従来の主人公・颯馬に新主人公・月冴を加えたW主人公制の採用が、およそ最悪の裏切りを招いてしまった。
本作は「武将少女と恋愛し、天下統一を目指す」内容である。
しかし、目的の天下統一はなぜか月冴パートでしか達成できない。
果てにヒロイン全88人中82人を月冴が独占し、Wとは…?と問い質したくなる優遇ぶりであった。
そしてその人物像は、発情期のウサギが土下座するレベルで盛っている真正ゲス。
脳細胞が下半身でできており、中出しヤリ捨ては当たり前、躊躇なく騙して性交に持ち込む、体を重ねたヒロインの顔を忘れる等、まるで救いようがない。
また公式曰く軍師の颯馬と対をなす直情型の剣豪らしいのだが、実際は2次創作最低オリ主めいた チート万能キャラである。
特に料理スキルの無双ぶりは鮮烈で、「初めまして」→「月冴の料理凄い」→「素敵!抱いて!」という華麗な3段オチが各ルートで流れるようにエンドレスループしていく。
「媚薬飯」と称されるも、効能は口説きに限らず、説得の鍵になったり、病を治したり、数日で城が建ったりと留まる所を知らない。
当然プレイヤーはご覧の有様を白けた目で眺めるわけだが、作中では大方が彼の言動をカルト教徒の如く全肯定。
そしてそれは前作から引き継ぎのあるヒロインも例外ではない。
キャラ設定も展開も投げ捨てて次々と餌付けで即堕ち2コマ形式に心と股を開いていき、思い入れある熱心なユーザー程悲痛な叫びを上げる結果となった。
当然ファンは暴徒化。
事態を重く見たメーカーは早々に謝罪し、恒例の遊戯強化版で月冴を存在ごと抹消した。
こうして作品どころか関わるキャラの品格すらも消し飛ばす稀代のクソ主人公は、晴れてメーカー公認の黒歴史としてクソゲー界に名を刻む事となったのである。

クソゲーを脱したと思われていた『姫』のまさかの帰還は大きな動揺を産み、スレはにわかに活気づき始める。
そしてこれが呼び水となったのか、同じく過去のKOTYeで名を馳せた英霊達が続けて襲来。
「ここがどこかお忘れかい?」とばかりに、平穏な日常を貫禄の暴風で吹き荒らし始めるのだった。

先鋒は13年度大賞作『部室』を排出したミクルプリンの親ブランド、potageによる『超・秘湯めぐり』だ。
自身も前年2作品をエントリーさせ、新たな常連として着実に地盤を固めつつある昨今。
そんな大事な時期に放たれた意欲作『秘湯』の見所は、なんといっても極限まで削ぎ落とされた驚異的スリムボディであろう。
「薄い」を越えて中身が一切なく、1日当たり2~20クリックというツイッター級の短文で日常が過ぎた後、脈絡なく性行為が勃発。
1行もあけずに4枠分程シーンを垂れ流してゲームエンドだ。
エロの内容も定型文のオホォー!が30クリックと薄さを極め、フルプライスながらコンプまで2時間弱と泣く子も黙る短さを実現してしまった。
もちろん文章自体の質にも妥協はない。
突如数ヵ月後にタイムリープし、エロを挟んで何の説明もなくまた元の時系列に戻るなど、文脈は崩壊。
空虚な話に反比例するように、質の悪いパロネタだけは「ボケる→解説」と鉄板の味付けで所狭しと詰め込まれ、住人達を唸らせた。
UIは部室時代の「化石」を流用し、主人公名弄りバグも無念の続投。
クソゲー唯一の癒したる音楽すらフリー素材の約5曲のみでは擁護のしようがなく、この短さにして「去年の『銃騎士』以上に寒くて苦痛」とまで激賞されたのであった。
公式のキャラ紹介を模倣して結論すると、「――ありえないほど《クソゲー》」。
昨年はクソゲーを養殖する姿勢で不興を買ったpotageであったが、事ここに至っては住人も心を改め、
「ここまで酷いゲームを自然に作れるなんて思いたくない。養殖であってくれ!」と、いっそ意図的であることを願い始めるのだった。

新鋭の攻勢に負けじと続く次鋒はクソゲー界の古豪たるアーベルソフトウェア、『不条理世界の探偵令嬢 ~秘密のティータイムは花園で~』(通称『不条理探偵』)である。
自社レーベルとして久々の新作はお得意の探偵ADV。
「絶頂で推理力が数倍になるヒロインと謎を追う」ストーリーで、この時点でかぐわしいクソの薫りが全く隠せていないのだから恐ろしい。
まずプレイして程なく気になるのがあまりにも貧弱な演出だ。
立ち絵に変化がほとんどなく、フェイスウィンドウに至っては差分完全0。
中でも主人公の顔グラはなぜか死んだ魚の目をしたまま固定されており、
決め台詞に脅し文句、喘ぎ声まで、あらゆる発言にシュールな彩りを添える抜群の汎用性で住人達の爆笑を買った。
またBGMが地味で、SEは間抜け全開。
傑作CG「無気力キック」、「ぐあああああ……(断末魔)」に代表される気の抜けた描写も合わさり、命がけの戦闘シーンですら牧歌的なゆるふわギャグへと成り下がっている。
では肝心の推理パートはというと、ミステリ系統なのに選択肢が存在しない。
推理自体も「長男の死体の傍に蜜蜂」→「三男は蜂が怖い、次男が犯人だ!」等言いがかり同然の駄文を垂れ流すばかりで、
この程度の謎のためにわざわざ毎回絶頂させられる探偵の悲哀にも涙を禁じ得ない。
流石にヒロインのCGだけは良質で、レモネードが紫色な程度しか突っ込み所はないが、
差分を逐一表示する水増しがギャラリーを340枠・38ページにまで膨らませており、ページジャンプできない仕様を加えて地味ながら的確なイラつきを提供してくれる。
全方位で手抜きに手を抜かない姿勢には、さすが王者の仕事と舌を巻くしかないだろう。
ただし、本作が数々の不条理な仕様でネタを提供し続け、苦痛系の流行で荒んだ住人達の心に恵みの笑いを齎した事は否定できない。
「心入れ替えて面白い作品を作ろうかと思ってます」――
確かに生まれたこの楽しみをアーベル流の「面白さ」だと取るならば、草葉の陰の菅野氏も多少は浮かばれるというものかもしれない。

猛攻の合間のブレークタイムには、アトリエさくら Team.NTRより『繋がらない携帯電話』が到着する。
NTR専門ブランド発ながらHシーンの大半が妄想で占められ、NTR感皆無のまま何の憂いもなく幸せな結婚をして終了する盛大な宣伝詐欺を敢行。
寝取り役のイケメンが主人公狙いのホモと判明する衝撃の展開も「誰得」の一言に尽き、基本の大切さを身を持って証明する形となってしまった。

ここで2015年度KOTYeはかつてない大嵐に襲われる事となる。
「五惨家」「増税の悪夢」と、過去にも例がある同日発売作の大量突撃だが、なんと今回は5月29日発売分から新記録となる合計9作ものエントリーを果たしたのである。

先発は疾き事風の如く、発売日当日。
昨年から連続登板となるWHITESOFTが、神速のストレート『猫撫ディストーション 恋愛事象のデッドエンド』(通称『猫撫』)を投げ込んだ。
本作は人気タイトル『猫撫ディストーション』のファンディスクで、この業界ではあまり先例のないクラウドファンディング形式で制作されたゲームである。
声優の1人6役をはじめとする魅力的な設定と出資特典で心を掴み、目標額を4日で達成。
無事発売にこぎつけ、期待に胸を膨らませてその日を待ったファンの元に届いたのは、しかしフルコンプ30分にも満たない極薄の手抜き作品であった。
総CG数5枚、本番なし。
一応Hシーンは存在するが、7クリックの自慰シーンと20クリックのペッティングの2つのみ。
更にCG4枚は公式で公開されており、新規分は飛び抜けて低質なものがたった1枚という体たらくだ。
特殊な販売形式ゆえ、他の一般的な作品と並べて値段に換算するのは難しい面もあるが、
参考までに、CG枚数に関しては一般販売価格の3000円で約0.5jks、平均出資額で0.09jks、最高額の10万円では0.016jksという驚異的な数字が算出される事を記しておく。
単純な数字ではかの『アイ惨』をすら凌駕し、前代未聞のエロゲー失格ぶりと言えよう。
本編より長いとも語られるエンドロールには出資者の名前が墓標のように寂しく並び、戒名を書き間違えられた者もいるとあって、何ともやるせない。
2016年現在公式での新作告知はなく、公式ツイッターも沈黙。
「デッドエンドしたのはメーカーの方でした!」と茶化してみても、信頼を金に替えて売り飛ばした事実を前に、微笑の一つでも浮かべられるファンはおそらく存在しないだろう。

続くリリーフには、
「君よ、活目せよ――これがエロゲーの極北だ!!!」という煽り文句通りに北極級激寒テキストを乱打して冷笑を浴びた『裏技スペクトラム』、
オナニーを見ているだけで疲労困憊し、拷問対象のヒロインに体調を気遣われるお茶目な主人公が光る『JK聖女淫罰 ~穢れし肢体への裁き~』、
「チーズ買いに行きそう」と評された不快な主人公に加え、未完成を隠すために初期ver.の一部ルートを意図的に塞いで話題を集めた『恋魂』等、
色とりどりの作品が並ぶ。

大きな波紋を呼んだのは『毎日がハーレムすぎて王子は姫を決められないっ!』を既にエントリーさせているPeasSoftによる本年2作目、
『中二病な彼女の恋愛方程式(ラブイクエイション)』(通称『中二病』)だ。
問題点は概ね「バグ」に集約される。
どこもかしこも大小様々な不具合で塗れており、一例程度でも、コンフィグが反映されない、文とボイスが一致しない、立ち絵が画面上に残り続ける等、世紀末が垣間見える。
が、何よりも致命的なのは「高頻度のエラー落ち」と「エラー落ちでデータが消える」の合わせ技であろう。
メモリリークが原因らしいが、発生タイミングは基本的に予見不可。
不意に読みこんだ重いデータが即死トラップと化し、ゲームの起動に関わる共通セーブ部分が壊れて再起不能という極悪コンボが頻発した。
本来ならご褒美のはずの美麗なCGですらメモリ圧迫を理由に敬遠されてしまうのだから罪作りなものである。
まともにプレイしたければ「スキップを使わず慎重に進め、こまめに再起動しつつバックアップを取る」の徹底以外に方法はなく、完全に作業系死にゲー。
加えてブランドロゴの表示までに1分前後かかる程起動が遅いため、再起動には一々この待ち時間が挟まる事にも要注目だ。
この惨状でもメーカーは「環境依存です」の一点張り。
一応後日「一部ユーザー向け」にギガパッチが配布されるも、エラーの代わりに謎のファイルが大量増殖する新たなバグを追加してユーザーをひたすら呆れさせた。
ちなみに、痺れを切らした有志による数十KBのパッチでエラーは見事解消された事を付け加えておく。
エンドロールには「デバッグ Peassoft all staff」と責任逃れ臭い表記がなされているが、
これで全スタッフが等しくポンコツであると示してしまったのは何とも皮肉なオチである。

Insyncの『妄想コンプリート!』(通称『毛根』)も忘れてはならない。
流通から「進捗を定期的に公開する」事を義務付けられるという小学生並の管理を受け注目されたInsyncだが、
正体はかつて3連続マスターアップ後発売延期を成し遂げたEx-itの実質的後継ブランドなのだから、待遇にも合点がいくというものだ。
その上ですら当初の予定から半年以上延期。
直前までシナリオが未完成だったりデバッグ進捗が0%だったりと安定のお家芸を見せ、どうにか発売された内容は、当然ながら未完成と手抜きの総合商社であった。
花見に行くと言いつつ花見シーンはない、ヒロインに料理を作ると言いつつ作るシーンも食べるシーンもない等、イベント描写は徹底的に省略。
特に共通の最後で立ち上げた「未来予知研究部」が活動の痕跡すらなく個別の頭で解散する様は、「エロゲ史上最短の部活動」として好評を博した。
総プレイ時間は10時間以下で、CGはSDを除くとミドルプライス級の56枚。
ループ要素や意表を突く主人公の正体といった素材は味付け次第で面白くなったかもしれないが、ここまで肉を抜いてしまえば残るのはただの超展開と後味の悪さのみだ。
分岐の名残と思われる男らしい1択肢を鑑みても、納期のためにあるべきものを削り続けた事は明白だろう。
「in sync」は「一致している」という意味で、もはやブランド名の時点でこれまで通りのExit劇を回避するつもりは毛頭なかったのかもしれない。

打線はまだまだ止まらない。
Hシーン以外のADV部分が10分程しかなく、バトルスーツを着て戦うヒロインを前にプレイヤーはなぜか麻雀をさせられる『麻雀バトルヒロインズ』、
盗撮ものというジャンル自体は適正だが、妹がプリンを食べる様子がシーンにカウントされていたりとあまりにエロ要素が薄い『妹盗撮~自宅ストーカー~』の2作が、
お互いに方向性の違う薄さを武器にエントリー。

そして9回のクローザーを務めるは新鋭ブランドいちゃらぶ堂が贈る『女の子はドSな変態でできている』(通称『ドS』)だ。
名の通りヒロインのドSな罵倒と変態ぶりに特化したニッチゲーだが、あろうことか製作者はユーザーの求める「ドS」の意味を全く理解していなかった。
売り文句の罵倒からして言葉責めですらなく、「クズ」「空気」「強姦魔」といった小学生並の悪口を連呼するだけのもの。
そして酷い暴言で詰る癖になぜか好感度は全員最初からMAXで、どんなテンションに自分を置けばいいのかがいまいちわからない。
当然ドM紳士達がこれに興奮するはずはないが、驚くべきは主人公さえ1ミリも興奮しない点だろう。
終始冷めた顔で口撃を華麗に受け流し、逆に自らがドSに覚醒して屈服を認めさせる姿を前に、コンセプトは完全崩壊。
「違う、そうじゃない」を地で行く迷走ぶりにはさしもの住人達も驚きを隠せなかった。
同じく変態要素の方もズレっ放しだ。
口々に「チンコが~」「アソコが~」等やはり発想の幼い卑語を連呼し自動で発情する淫乱バカにしかなっていない。
抜き方面に望みを見ても、大半のシーンが50クリック以下の定型性交、
CGは作画崩壊を含み、全力射精したのに差分変化なしで精液が亜空間に消えるなど、抜きゲーの命たるエロ演出まで片手落ちな始末であった。
サラリーマンにしか見えない主人公の制服がシュールな笑いを誘う程度は、ここにきて救いになる程の爆発力もないだろう。
選評者曰く「sealの方が抜ける分優秀」。
SとMにも作法があり、悦べない所業はただの苦痛である事を、一方的に蹂躙されたドMユーザー達の苦悶の表情からぜひ学び取って欲しいものである。

怒涛の9連戦を終え疲弊したKOTYe。
流石のクソゲー共もねぎらいの意思を示したのか、修羅の地平に年始以来となる一時の安らぎが訪れる。

当然選評は届くものの、濃密な負の空気を感じるには至らない。
『人妻公然恥辱電車』は巻き寿司に例えられた浴衣の着付けや、住人に一瞬で手直しされる程明らかなパース狂い等、視覚的なわかりやすさでスレに話題と活気を提供。
あの『銃騎士』の補填作として注目された『聖騎士Melty☆Lovers』も萌え抜きゲーとして逸脱した出来ではなく、
局部の呼称を変更できる謎の機能が住人の目にとまった結果、「ちんこ」が「ゲルググ」に変えられて爆笑を呼び、ある種明るい空気を運ぶことに成功している。

そしてこのまま2015年は終わりを迎え、年末の魔物の姿を見ることもなく、荘厳な鐘の音が新たな年の始まりを告げるのであった。
終わってみれば5月29日の大爆発を除いて比較的緩やかに過ぎた1年だったと言えよう。
「たまにはこんな年があってもいいじゃないか!」
平和な幕切れに安堵の表情を浮かべ、祝杯をあげるように各々が掲げたその手は――
しかし何かを探すように虚空を彷徨い続けていた。
そう、やはりクソゲーが足りないのだ。
まだ何かあるんじゃないか?大きな何かを見逃していやしないか…?
焦りにも似た予感と疼きに導かれて方々を彷徨い歩く住人達。

そして、やはりそれは存在した。
選評締め切りまであと1週間という土壇場に、老舗メーカー・ミンク製作の見逃されていた不発弾、『Love and Peace』(通称:LaP)がようやくその姿を現したのである。
本作のジャンルは「ヤリまくり学園バトルSLG」で、ADVパートの合間にゲームパートを挟む形式を取っている。
シナリオは爆死した『カルマルカ』の倍近い13人ものライターによる並行執筆となっており、当然の帰結として整合性は完全崩壊。
日本神話かと思えば突如キリスト教用語がコンニチハし、神界にパトカーのサイレンが鳴り響くなど世界観はガバガバそのもの。
神話由来の思わせぶりな設定も実際は原義と何ら無関係な上に回収すらされず、余計なミスリードばかりが溢れて物語の理解を極めて困難にしてしまった。
EDで必ず主人公が消滅し、ヒロイン達は黒幕の掌から抜け出せないまま終了する鬱展開も手伝って、見事にストレス要因ばかりを抱えた仕上がりとなっている。
が、本作のストレスはこの程度で終わらない。
地獄の真価は続くゲームパートの方に潜んでいたのだ。
システムを一言で表すと「1しか出ない人生ゲーム」。
マップに敷き詰められたマスを一歩ずつ進んでゴールを目指すのだが、
目的地の指示が間違っていたり、ノーヒントで決まったルートを進む『コンボイの謎』じみたマップがあるなど無駄に難易度が水増しされており、一筋縄にはいかない。
道中ほぼ全マスでいちいち戦闘が起こるためゲームテンポは最悪で、その戦闘も回復の有用性の高さゆえに「回復キャラを殴れ」以外に戦術の取りようがない作業ゲーだ。
更に敵編成に回復持ちが複数いるだけで火力を上回る回復を掛け合う無限ループが容易に生まれてしまい、頻繁に強制終了を迫られる死にゲーの側面まで持ち合わせている。
ではこまめなセーブを心がければいいかというと、そうもいかない事情がある。
本作は敵が強いわりに変動経験値制で成長を制限しており、「連勝ボーナス」による取得量増加抜きでは後半が厳しくなるのだが、
セーブしようと準備画面へ戻るとその連勝判定がリセットされてしまうのである。
結果安定を取ってこまめにセーブしつつ苦しい戦闘を超えるか、不意のデッドエンド覚悟で強気の進撃を続けるかという妙な部分の戦略性が発生。
無論この2つは天秤にかけるものではなく、「どちらの拷問で死にますか?」という分岐に過ぎない事は言うまでもない。
そして何より致命的なのが、エロゲーの命たる「キャラ」と「エロ」をあろうことかこの出来の悪い戦闘と密接に結びつけてしまったことだろう。
本作のHシーンは戦闘勝利後に確率で発生する敵キャラの「捕獲」と、一定レベル到達後の「進化」時に挿入されるのだが、
捕獲の発生率が非常に低く、通常プレイだとまずまともにヒロインが揃わない。
つまりご褒美を求める限り勇んで上述の苦痛へと飛びこまねばならないのである。
中には出現率の時点で百分の1以下のキャラも存在する上、初期選択キャラの都合でコンプには3周が必須となり、全てのエロを拝む道程は果てしなく遠い。
そして苦行の果てにHシーンを手にしても、どれもこれも媚薬体質のマジカルチンポによるワンパターンな屈服ばかりというオチが待っている。
要所で癪に障るボヤキを連発する無魅力主人公の鬱陶しさも手伝い、作業の一環に組み込まれてしまう程盛り上がらないとあってはどこに意義を見出せばいいのか。
CG自体は美麗で枚数も271枚と水準を大きく超え、画集としては珠玉の逸品であるが、それも辿り着けなければ意味はない。
修羅の検証魂を備える選評者ですら全キャラ制覇を遂げられなかった事が、本作の「終わりの見えない苦行」性を如実に物語っていると言えよう。

続いて選評締め切り前日にTRYSET MADの『ANOTHER POSSIBILITY』が執念の駆け込み乗車を果たし、2015年度最後のエントリーとなった。
公式ではシリアスな異能バトル路線を匂わせているが、実際は大きく趣を異にする。
思わせぶりに設定された主人公の記憶喪失が36時間であっさり治る、転校初日で初対面のヒロインが教室で無意味にオナニーを始めるなど、
とにかく展開からキャラの行動まで突拍子がなく、頭の悪い展開に終始するカオスバカゲーだったのだ。
中でも特筆すべきは「絶対に笑ってはいけない」仕様のHシーンだろう。
地の文は簡素に過ぎるがライターにはなにかしら独特の言語センスがあるらしく、
心の底から積乱雲級の親近感が込み上げて、気持ちを真夏の清涼感に満ち溢れた青空に変えた後、あまりの運命的な嬉しさに腰が踊り狂うシーン等が住人の心をがっちりキャッチ。
また射精時に多用される「う゛ッ!」という掛け声も威力抜群で、
「う゛ッ!?」「う゛ッ!!?」「う゛ッ!!」 と微妙な語形変化を加えつつ連呼したりヒロインに伝染したりと頑なに使いまわされ、
下げたパンツを上げる暇もなく腹筋を徹底的に破壊されるハメになる。
当然抜きゲーとしての需要からは程遠く、CGもヒロインが「一世風靡セピア」の曲でも踊りだしそうな妙ちきりんなポーズを取っていたりと色々怪しい。
通常用途への使用は難しいが、最後の最後で盛大な笑いの死に花を咲かせてくれた事に対しては全住人が敬意を表してやまないのであった。


以上で主要なエントリー作品の紹介を終え、今回の結果発表に移ることとする。

次点は
『戦極姫6』
『不条理世界の探偵令嬢 ~秘密のティータイムは花園で~』
『猫撫ディストーション 恋愛事象のデッドエンド』
『女の子はドSな変態でできている』
大賞は
『Love and Peace』
とする。

昨年『チーズ』が苦痛の頂点を極めるように圧倒的完成度をもって大賞の座を勝ち取った時、ある種KOTYeは一つの到達点に辿り着いてしまったのかもしれない。
雑談にしろ選評談議にしろ、あらゆる場所において『チーズ』の話題が付いて回るように色を添え、
かの地を目指すクソゲー達は必然的に立ちはだかる王者のクソと比されることを運命づけられてしまっていた。
そんな中でも懸命に個性を訴えようともがいた結果であるのか、
本年度のエントリー作は低品質を基本にしつつ、各々が違った方角への明確な個性を備えており、トレンドという形で一纏めに出来る様相ではなかった。
まさにクソゲー群雄割拠。
多種多様なクソ要素が乱舞する中、最もクソなゲームを決める事は困難を極めたが、それでも娯楽たるゲームにおいて、一貫して変わらない評価基準が1つある。
それは「ユーザーがどれだけ満足できるか」である。

特にわかりやすいのは『姫6』だろうか。
月冴によってヒロインが餌付けで即堕ちするゆるい女に変わっていく様を延々見せつけられ、
Hシーンですら「嫌いな男から送られてくる好きな子のハメ撮りビデオ」じみた忌むべき存在になり下がるという最悪の特性。
「思い入れのあるキャラクターへの愛情」というプレイヤーの根幹の部分を揺さぶり、
ファン自身の口から「推しが登場しなかった人が羨ましい」とまで言わせた罪はシリーズ作品の最新作としてあるまじきもので、特筆すべき裏切り、不満足の象徴と言えよう。
ただし、それでも上述の問題はあくまで前作に思い入れのあるプレイヤー層にとってのものであり、思い入れなくプレイした時に得られるクソさとは隔たりがあるのもまた確かだ。
月冴が関わらない部分の出来には問題がないため、颯馬担当キャラを気に入ったしがらみのないプレイヤーの場合、
当該ルートの攻略時においては普通のゲームと変わらずに遊べてしまう事は見逃せない美点であった。
他の次点3作も、画集としての使用に限れば少ないリソースで到達できる『不条理探偵』、
キャラの可愛さと声優の素晴らしい演技だけは無条件で味わえる『猫撫』、
ドSゲーを諦めてイチャラブ抜きゲーとして見れば最低限の需要はある『ドS』と、
それぞれがごく僅かとはいえ美点を持ち、そこに至るルートもきちんと整備されて添えられている。

ではここで『LaP』を見てみよう。
「良質で量も足るCG」という確かな美点は存在するのだが、
気に入ったキャラと出会う事自体にランダム性による苦行が付き纏い、更なるシーンの解放には更なる苦行への挑戦を求められ、
その配置がいかんせんユーザーからあまりに遠すぎた。
しかも苦痛の果てに悲願を成就しても最終的にストーリーが否応なく無駄な鬱展開に流れるため、お気に入りキャラとの未来すら全うさせて貰えないのだ。
つまり本作は「美点はあれど辿り着けず、辿り着いても救いはない」という2段構えの台無しシステムによって持てる美点の全てを投げ捨ててしまった、
実質的な「美点0」のゲームなのである。
前年度の大賞理由でも問題にされたように、「全てで劣る」と「一部で劣る」とを比べた際に前者がより劣るとされる事自体は道理と言っていいだろう。
よって、ゲームが秘めるプレイヤーへのリターン総量において最低を極め、
今年度最もユーザーの需要を満たせなかったクソゲーとして、『Love and Peace』に大賞の栄誉を贈るものとする。



最後に、栄冠を勝ち取った『Love and Peace』と発売元であるミンク、
そしてその他全てのゲームとメーカーに以下の言葉を贈ることで今年度の結びとしよう。

「平和をください」