ひしょ×ひしょ 選評

530 名前:名無しさん@初回限定 投稿日:2010/01/25(月) 17:15:52 jeT9gwJgP

クソ方面で2008年最大の話題作が魔法少女アイ参なら、2009年最大の話題作はひしょ×ひしょをである事に異議を唱える者はいないだろう。
かつてのごらんの有様を髣髴とさせる黒塗りHシーンを搭載、CG数も事前告知の半分以下の29枚、CG・回想・BGMモード未実装。
これだけのことをしておきながら公式は五日間だんまりを決め込みようやく発表された謝罪文はキャッシュ避けの画像で責任者はペンネーム、
一週間後のパッチはヒロインの顔だけ表示させたフェラシーンで「ごらんの生首だよ」と言われる始末。
CGモードも絵が未完成なのを隠すためにわざと不具合ということにしたという説が濃厚となり、
更には背景写真盗用やハーレムルートありというのは誤情報で雑誌には間違った資料を渡してしまったなどと
小学生並みの言い訳を続け、その信頼を完全に地に落とした。
発売後二ヶ月ほど経ってから発表した完全版パッチも事前告知が全くなかったために新品買いした人は既に売り払った後であり、
かえって怒らせる結果となったのは言うまでも無い。
現状のバージョンではクソゲーとしてのランクは落ちるものの、ミルキーピクチャーズとはまた違った意味で
客と世の中を舐め切ったその対応は2009年を代表するクソッタレな出来事だったと言えるだろう。


  • これ、批評空間で中央値0を叩きだしてるんだな。8000以上のゲームが登録されてる中で文句なしの単独最下位。ちなみにブービーがアイ参 -- 名無しさん (2012-05-23 17:09:00)
  • 生首フェラは今考えると逆マミられって感じするw -- 名無しさん (2014-12-15 17:13:47)

タグ 次点 2009年の作品