いたずら学園 選評

選評

【2013】 クソゲーオブザイヤーinエロゲー板 60本目
http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/erog/1390689310/
707
名前:いたずら学園 選評 1/3[sage] 投稿日:2014/01/31(金) 21:22:24.28 ID:GlEk2kde0 [2/6]
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
タイトル:いたずら学園
ジャンル:リアルタイム痴漢シミュレーター
ブランド:REAL
発売日:2013年10月25日
価格:8,800円(税込9,240円)
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

もうすぐ年の瀬も迫る2013年の10月末。
昨年には萌えゲーアワードの3D部門で銀賞を受賞したにも関わらず、KOTYeの次点にもしっかりと名を刻んだ
「いたずらっ娘」を制作したREALが今年もエロゲーを引っさげて総評を決めようというかというところに駆け込んできた。
その引っさげてきたエロゲーこそ「いたずら学園」である。

このいたずら学園はREALが得意とする3Dカスタム系のエロゲーであり、
ユーザーが自分好みのヒロインを作成したり、既存のキャラクターを模倣してキャラクターをメイクして
その女の子に対して痴漢を行うというものである。
なお、このゲームは決まったストーリーにようなものは皆無であり、
自分好みのキャラクターをメイクするカスタムパートと実際にそのヒロインに対して痴漢行為を
働く痴漢パートのみである。

カスタムパートについてはキャラクターメイク自体は服装・髪型はデフォルトでも
そこそこのパーツが用意されており、体系などもユーザの好みに不便をしない程度には
細かく設定できるため、元の3Dの造形が気にくわないことがなければ不満はないだろう。
絡む男のパターンも3パターン×服装3パターンの全9パターンあるが、
気に入らなければ透過処理も出来るようになっているため、
こちらもそれほど気になることはない。

また、3Dゲームと言えばシステム周りの重さやバグといった部分が気になるところだが、
その辺りはお察し、といったところだろうか。
タイトル画面からカスタムモードへと移ろうとした時やカスタムパートで服装を変更した場合、
体格を変えようとした場合、テストゲームをしようとした場合など、色々なところで細かいロード時間がかかり、
長いものでは20秒から30秒待たされるということはザラである。
細かいバグも多く、値のスライダー表示が間違っているせいで最大値が設定できなかったり、
SEが聞こえなくなってしまったりするものから、絶頂時にヒロインの首が消えるような笑えるようなバグまで色々と完備されている。

そしてゲーム性についてであるが、公式のコンセプトでは、
”駅で見かけた制服。町で見かけたあんな女子高生。
「制服」「キャラクター」「シチュエーション」をカスタマイズして
自分だけのオリジナルヒロインに痴漢するゲームを作っちゃおう”
となっている。
そのため、痴漢パートではカスタムパートで作成したヒロインに対して
周りにばれないように女の子を落として行くようなものを思い浮かべるだろうが、
そんな高尚な痴漢のシチュエーションとは無縁である。
痴漢パートではボタンを選択すれば電車のド真ん中ですぐにヒロインと正常位エッチを始めたり、
ナニを舐めたりとやり放題であり、おまけとばかりにおさわりを選択すれば、
ヒロインに対して触れることが出来るといった具合である。
痴漢の場所も電車やバスといったところは用意してあり、後ろの背景が動いて走っているのがわかるものの、
基本的には無人であり、バスに関しては運転席にすら誰も座っていない。
そのため、痴漢ゲームにあるようなヒロインに触るときに見られているかもしれないというスリル感や、
そのような状況下でヒロインを落としていくようなドキドキ感はない。

加えて、痴漢やエッチ中にヒロインとは会話を行うことができるが、
それに返すヒロインの応答も同じ会話内容を繰り返しても、場合によっては痴漢に喜んだり、場合によっては嫌悪したりと、
3秒前に話した内容と支離滅裂なことは度々であり、シチュエーションに対して全く感情移入できない。
この手のゲームをプレイするにあたって、キャラクターメイクを楽しみ、
ゲーム性をあまり重視しない人も多いだろうが、仮にもジャンルとして
「リアルタイム痴漢シミュレーター」と謳っているのであるのだから痴漢という行為を楽しめるものを作るべきではないのだろうか。

この手のゲーム性を3Dエロゲに求めて買った人間に対しては地雷もいいところではあるものの、
Hシーンのモーション自体は有名どころは概ね用意してあるのでキャラクター自体を
動かすことだけが目的であればそこそこ楽しむことは出来るものではあると思う。
ただ、痴漢パート自体はゲームとしてはやっていても特に面白いものではないため、
ゲームとしては十分クソゲーではあろう。

なお、本作はゲーム発売後にDLCという名のパッチを出し続けており、
上記に挙げたスライダーのバグやSEが消えるような現象は修正されており、
電車にモブキャラ等も追加できるようになっていることを付け足しておく。


短いですが選評は以上です。

ここからは個人的な主観での話がメインなんですが、
上記のモブキャラ追加をしたと書きましたけども、
モブキャラもちゃんとしたキャラクターじゃなくてアイマスの高木社長みたいに
青や赤のシルエットの3Dキャラクターとかで目の前でエッチをしていても全く反応がない。
教室なんかも場所として用意してあるけども、モブを出すように設定すると
前でなに食わぬ感じで授業を行いながら後ろでエッチを行っている絵とかはなかなかにシュール。
http://yui.oopsup.com/browse.php/KOTYE/itazura_ss6.png

背景は電車内やバス内から見るとちゃんと動いているようにみえるんだけど、
上から俯瞰でみたりするとものすごく安っぽい出来。
例えば木とかも3Dメーカーなんだから折角だから3Dモデルとか使えばいいと思うんだけどなぁ。
http://yui.oopsup.com/browse.php/KOTYE/itazura_ss4.png
http://yui.oopsup.com/browse.php/KOTYE/itazura_ss5.png
http://yui.oopsup.com/browse.php/KOTYE/itazura_ss7.png

キャラクター設定で睡眠状態での痴漢設定も出来るんだけど、普通は睡眠状態での痴漢とかって
座っているヒロインを触ったり、ナニをこすりつけたりとかいうのを想像すると思うけど、
このゲームの場合、ヒロインが寝ながら電車の中央で主人公のナニを擦り始めたりとかする絵とかは
なんともシュールで寝ながら騎乗位処女喪失とかで中出しされても全然起きたりしない。
http://yui.oopsup.com/browse.php/KOTYE/itazura_ss1.png
http://yui.oopsup.com/browse.php/KOTYE/itazura_ss2.png
http://yui.oopsup.com/browse.php/KOTYE/itazura_ss3.png
※全部寝てる

同じジャンルでは人工少女シリーズとかをやったことがあるけど、おさわりをするにしても
個人的にはまだあっちのほうが面白かったなぁ。こっちでの唯一の利点ってヒロインの身長を
変えられるところやカラー設定がこっちのほうが充実してたことくらいかなぁ。
低価格帯とかミドルではまだわかるんだけど、フルプライスじゃちょっと手を抜きすぎって感じだった