美衣菜△です!-Loveイチャ同居生活のススメ- 選評

概要

タイトル 美衣菜△です!-Loveイチャ同居生活のススメ-
ジャンル 育成型・同居イチャイチャADV
発売日 2011/5/27
ブランド FIANCEE
価格 9,240円(税抜8,800円)

要点

新ブランドFIANCEEの処女作にして、その正体はかのアーベルソフトウェアの別ブランド作。
ちなみに読み方は「みいなさん、かっけーです!」。
かっけーと三角関係をかけているようだが、知らない人はルビを振られても意味が分からないだろう

選評

98 名前:美衣菜△です![sage] 投稿日:2011/06/26(日) 22:04:35.98 ID:oq8D1xg80 [1/6]

駄文かもしれないが書いてみた
忍者Lv低いので支援頂けると助かる

美衣菜△です!(みいなさん、かっけーです!)
ブランド:FIANCEE
ジャンル:育成型・同居イチャイチャADV
http://www.fiancee.jp/product/mi/c_1.html

薫風香る5月の末、未知の新ブランドFIANCEEから隠密刺客が推参した。
このゲームは一見すると、新ブランドが立ち上げたDTと処女から始まるステップアップイチャラブ同棲生活という鉄板ジャンルであるが……このゲームは販売前から話題が尽きなかった
公式サイトではマスターアップ告知後もゲームシステムが公開されず、登場人物紹介でも一人がcomming soonのまま、ブランドの制作意欲を疑うばかりである。(6/20段階)
※なお、ゲーム内にはマニュアルが同梱されているが、公式サイト+メインヒロイン美衣菜の能力値の一言解説があるだけで内容が無いようと言われたら弁明しきれないレベル
さて、このやる気ない仕事ぶりにデジャビュを感じちょっと調べだすとスタッフが“あの”アーベルであることが判明する。アーベルさん尻尾隠しきれてません!

[基本廻り]
さて、ゲーム概要は自称平凡でDT大学生の主人公が家庭教師先の学園生:美衣菜と恋仲になり、いよいよDT&処女の不慣れな初体験からスタートする
こういったヒロイン(&主人公)育成要素を含む作品の初体験は未熟なぎこちなさを強調するものだが……そこは安心のアーべr…おっと、フィアンセクオリティ!
500mlペットボトル級の惚れ惚れする巨根を迷うことなくインサートしヒロインを気遣う余裕すら見せ、萌えゲお約束の処女DT同時絶頂!!
そして後シャワー→ピロートークとヤリチンびっくりのテクを最初から披露してくれるがまぁそこまではエロゲ的ご都合と割り切れる。
が、この後どこに“育成型”があるのというクオリティをみせつけられる

[育成!]
翌日、美衣菜の能力値の解説があり、H内容や選択肢で高低することがわかる。
能力値が6個、各Lv1~5(スタートは全て3)しかないような気がするのは気のせいだろうか?
取り敢えずヤってみよう。 [愛撫][フェラ]が出た各々にレベルがついている(5回選択するとステップUP)
仮に選択するといきなりフェラをやってみせるヒロイン
なんかAVの企画もの見ているわざとらしさが沸々と……いやいや待て待て!二回目でAVビックリのテクを披露するのは萌えゲじゃ(ry
やる気を奮い起こしふと疑問 育成調教ものだとHPや調教回数の概念あるが見当たらない
フェラが終わるとまたHコマンドへ
愛撫、フェラに加え正常位 後背位 騎乗位が追加
どうやら前戯+本番だけで連続とか気絶するまで調教そういうのもできない
※尚主人公に能力値はない。昨日までDTだった癖にAV男優級のテクと余裕をみせるステップUPするのは美衣菜だけである。
さらに、ステップアップするとハードモードに互換されるが、初級モードが選べなくなる。愛撫を進化させると69になるが、
愛撫が出来なくなる謎使用。さらに、育成と言いつつCGはソフト・ハードで各1枚しかない
なお、当然ながらエリートDTの主人公は技術を訓練習得することもなく、ヒロインを調教すればSMもコスプレも余裕でこなすことができる
なお、アクションで能力値が高低するが、どう変わったかは表示されず一々メニュー→能力値コマンドで変化を見ないといけない
ついでに、攻撃性が高く女子力が低くなると暴力女に変わったり等々能力値が変わると性格に変化が出る何てこともない
能力がMAXまで成長するとご褒美イベントorH追加がある程度

[△関係です!]
公式サイトに明記されているように当然ながら、このゲームのもう一つの肝が必ず△関係になるということである。
どんなに純愛を貫こうとも必ずサブヒロインの誰かがやって来る(規定日の美衣菜の能力値で判定)
そしてHの回避手段がない辺りに製作の何時もの仕事ぶりを見受ける
△です! はカッケーではなく “さんかくかんけいです!”である。
終始水子を看取ったムードの工作スレでは「どこが△なの?」「美衣菜さんが、某サブヒロイン選ぶとEDで刺しに来ること(回避不可)位かな」という話題も出たほど

[△の逝く先]
結論からいうと、EDの分類は
  • 美衣菜を選ぶ
  • バッティングしたサブヒロインを選ぶ
この二種しかない
そこにハッピーもなければバッドもなければ、どっち付かずの後ろ黒い△関係も、仲良く3Pといった振り幅などない!
キャラによってはいきなりEDで刺される、勝手に3P関係になってFA、等々やっつけ観もただよう。

[実用度! ボリューム]
CGモードをひらくと、9×13頁というすてきなボリュームが!!!!!
しかしながら、普通は差分で済ます内容(外出汁/中出汁等々)をわざわざ1枚絵計算をしているだけでエロ絵は他社基準で逝くなら概算5枚で1枚と換算できる。
その基準で逝くとエロも1コマンドで実質2枚(ソフトとハードで各1枚)、他ヒロイン含めて30枚余りと少ない。一応、このゲームはフルプライスである
育成としてはDOSゲーの雛鳥系、無垢系、カクタム系と比較するのも失礼なレベルであり、はっきりいって能力値の形を取ったフラグ管理型ADVに近い。
育成SLGなら3k代の同人育成ゲーの方がよほどしっかり造られている。
過去現在未来アーベルが産み出した聳え立つようなクソの巨塔とは比べるべくもないが、萌・育成・寝取り…
ミックスした筈の全要素が求める要求を満たして居らず、稀釈しきった上に素材が分離して醜い積層化したミックスジュース状態である。

最後に釣られて買った諸氏、特攻した勇者達に心よりお見舞いの意を表する。


過去のコメントはコチラ

タグ アーベルのゲーム 2011年の作品