三極姫 ~乱世、天下三分の計~ 選評


概要

タイトル 三極姫 ~乱世、天下三分の計~
ジャンル 美少女歴史シミュレーションAVG
発売日 2010/12/17
ブランド げーせん18
価格 10290円(税抜き9800円)

要点

 KOTYではすっかりお馴染みとなったSSαエロ部門のひとつげーせん18が「戦極姫」シリーズに続き送り出す新作SLG。
 今回は戦国と同様に人気の三国志をモチーフとしているが、例によってこのメーカらしくバグ、仕様・ゲームバランスの不具合はは健在。
 システムが異なり簡素化されているのもあって、致命的なバグは少なく幾分マシになったが、その分ゲームそのものが抱える問題がより目立つ形に。また「戦極姫」と比べても悪くなっている。
(元々「戦極姫」が凡ゲー「天下統一アドバンス」をベースにしているのに対して「三極姫」がクソゲーとして評価が著しくない「三国志英雄伝」がベースとなっているのも一因に。)
 シナリオ、キャラ、グラフィックの不整合やフラグ管理の甘さなど前作のシステム面以外の悪い部分も引き継いでおり、全般的に細かく問題点をを重ねた満遍ないクソゲーとなってしまっている。
 上記の特徴や体験版だけならそれなりに遊べ、プレイして掘り下げていかないとクソ要素が伝わりにくい点などから一部スレ住人からはエロゲー版「ラストリベリオン」との意見も。

選評

  • 選評1
486 :名無しさん@初回限定:2010/12/31(金) 22:29:36 ID:HwLsbeat0
三極姫選評。

PCでもCSでも猛威を振るったクソゲー「戦極姫」シリーズ。
その同会社が出した作品、三国志の女体化エロゲ「三極姫」は、
CG・シナリオ・システムで戦極姫の欠点を全て受け継いたクソゲーであった。

【CG】
もはや伝統となった塗りの悪さは健在。
塗りが荒い・立ち絵とCGが別絵師のように変わっているなどに加え、
一部のCGはキャラの体型がクリーチャーと化している。

【シナリオ】
これも伝統の複数シナリオライター制度による弊害があちこちに見られる。
主人公の性格はイベントごとに違う多重人格者。
CGでは全裸なのに文中では服を着ていたり、
共通ルートでしゃべりあったキャラを「遠くから見ただけだった」などと言う矛盾が
至るところに見受けられる。

487 :名無しさん@初回限定:2010/12/31(金) 22:31:02 ID:HwLsbeat0
また魏ルートではメインヒロインのはずの曹操とほとんど会話すること無いまま、
いきなり「お前が好きだ」と言い出されエロを二回やって終了。
サブキャラの方が数倍イベントがあるという仕様。

呉ルートも最後は男キャラとの友情物語で終わり、これなんてBLゲー状態。

残る蜀ルートは、ソフマップ特典のデータをインストールすると、
イベントが消滅してまともに進めなくなるバグが有る。

そしてゲームをクリアすると「ぼおなすすてえじ」などと言って、
戦極姫のキャラのエロが発生する誰得展開が待っている。

  • SLG面
プレイ時間のほとんどを占めるであろうこの部分が一番問題である。
一言で言うと「テンポが悪い」。

戦闘はカットインなどのせいでテンポが悪く、
非公式な倍速ツールを使ってようやく快適という状態。
特にひどいのがターン終了時の経験値取得画面。
演出に加えていちいちキャラが台詞を言うため、
経験値取得者が多くなる中盤以降、毎ターン二、三分は経験値取得画面で待たされる。
(音声オフにしても二十秒はかかる)。

488 :名無しさん@初回限定:2010/12/31(金) 22:32:18 ID:HwLsbeat0
戦闘そのものも各武将が持つスキルに敵複数を瞬殺するような廃スペックが複数あり、
ひたすらスキルの強いキャラでゴリ押しする展開になる。

また戦闘中に撤退、データロードが出来ないため、明らかな負け戦でも最後までやらなければいけない。

システム設定で戦闘を全自動にして一瞬で終わらせることは可能だが、
そうするとただの作業ゲームになり、また一騎打ちで発生する脱衣CGが回収出来ない。

SLGパートには内政コマンドがあるが、内政で住民感情をMAXにしても、
普通に住民反乱や野盗が発生するため意味はない。

特に所持金を減らす野盗イベントはは減る金額が非常に高く、
「数国で野盗発生→所持金大激減→給料が払えず武将の忠誠ダウン→出奔祭り」
のコンボが中盤頻繁に起こる。

また、この手の国取りゲームにあるはずの「同盟」「敵将引きぬき」といった
外交・内政コマンドは全く存在しない。

他にも「開始すると主人公がおらずいきなりゲームオーバー」
「CPUがある都市を攻めると強制終了」などの細かいバグは無数にある。

489 :名無しさん@初回限定:2010/12/31(金) 23:10:24 ID:HwLsbeat0
以上です。
「敵部隊倒しても五ターンで復活する」とか「一騎打ちが拒否れない」
あたりの不便さを上手く内容に入れられなかった。
補完出来る人がいたらお願いします。

あと、「キャラに蒼天航路のインスパイアがいる。一部台詞や馬の名前がそのまま」が抜けてました。


  • 選評2
494 :名無しさん@初回限定:2010/12/31(金) 23:32:11 ID:MIAsgezR0
三極姫選評

■ シナリオ ■
プレイヤーは傭兵である銀河となる。
が、まずAVGパートでは銀河を中心に話を進めることになるが、SLGパートでは劉備と関羽と張飛(途中から曹操と夏侯惇追加)を操作して一本道の砦を落としていく。
その後、銀河が活躍したと言うことになり兵を貰うのと同時に、「劉備」「曹操」「その他(孫堅)」の三つのルートから選択することになる。
選択後のルートにより拠点とシナリオは全く変わるが、ここからSLGパートで軍備フェイズと政略フェイズが解禁される。
とりあえずここからが本番なのだが、経路はいくつもあるものの州を完全制覇した状態でなくては別の州に侵攻することができないためまずは自分の州を制覇することから始まる。
敵が退路を失うところまで攻め立てる(or挟み込む)とネームの有る武将が降伏し、味方となる。
各女サブキャラのイベントは3~5回程度、内1~3回程度がエロイベントとなる。
回数からも解るように、1キャラ当たりの内容は非常に希薄なものとなっている。
ただし、複数イベントを見るのには【[イベント閲覧数]×5】のCPを消費するため基本的に1ターン1~2シーン見るのが限界。
そして、エロイベントを見たからと言って信頼度を気にしないと容赦なく反乱することに注意。
メインキャラ扱いされている女キャラもエロイベントは2~3回程度と少なめ。
ストーリーとしても面白味に欠け、一部では「蒼天航路の二次創作」「蒼天航路を真似しようとして失敗しちゃったレベル」などと言われている。
プレイヤーが実は●●だったとか、史実の年齢におかしいんじゃないかとか気にしてはいけない、卑弥●と信●もいる。
そして戦極姫に引き続き、相変わらず主人公は多重人格の精神異常者(鬼畜だったり紳士だったり変態だったり)。

495 :名無しさん@初回限定:2010/12/31(金) 23:33:42 ID:MIAsgezR0
■ システム ■
戦極姫とは戦闘システムが違い、より簡略化されている。
経験値10でレベルが1あがり、MAXのレベルが4と育成の幅が非常に狭いため、レベルを上げて武将の性能強化というのもあまり出来ないためやりこみ度合いは低い(初期数値が低ければ育てても強くならない)。
経験値は戦闘や城郭拡張でも獲得できるが、練兵は確率での取得となるため、練兵でのCPの消費は激しい。
最大6対6の武将の戦闘になるが、兵数(HP)が0になると5ターン撤退した後に兵が全快した状態で復帰する。
兵数がたとえ1だろうが、攻撃力は用兵の値に起因するため相手へのダメージに兵数は関与しない。
城や兵糧(ターン)を攻撃するには武将の差が3キャラ以上無くてはならない。
このあたりを把握していれば、基本ただ兵数の低い敵を集中して攻撃して城を落とすor兵糧を無くすと言うことをすれば良いだけという、パワーゲームによるごり押し作業ゲーとなる。
戦闘中のエフェクトはカットできるが、カットしても台詞が流れている間は操作不能のため待ちゲーとなる。
戦闘時や経験値取得時などいちいちカットインが出てきてゲームの進行を邪魔するため非常にテンポが悪い。
そして、1度の戦闘で1度だけ武将同士による一騎打ちが発生するが、一騎打ちの発生は通常攻撃をした時に一定確率で発動するため指定ができず、また武勇(HP)が武将の性能に起因する以外は完全な運による勝負となる。
相手や味方の主要女キャラが一定ダメージを受けた際と敗北した際に脱衣CGが回収できる、敗北したキャラは5ターン撤退する。
一騎打ちは開いてからの攻撃でも発動し、モブキャラや男キャラだと脱衣CGの回収はできないためかなり面倒くさい(自動戦闘だと脱衣CGの回収は出来ない)。
脱衣シーンは不自然に服だけ破けていたり脱げていたりといった感じで非常につまらない、こんなの付けるならエロイベント増やせと。
操作も扱いにくく、軍備フェイズの練兵や武将移動などを他の州で行いたい場合には一度全国マップに戻ってから行わなくてはならず、州同士が繋がっていても直接移動することは出来ないなど不便である。

496 :名無しさん@初回限定:2010/12/31(金) 23:45:13 ID:pBrbJgMj0
また、武将の表示はマップで城の左上の旗の下に出る数字のみなので探すの>が非常に面倒くさい(いちいち武将一覧から地域を特定しないといけない)。
簡単な作業ゲーで待ちゲーで運ゲー、すごく面倒くさいというか萎える。
ちなみに外交や同盟といったシステムはないので、ちんたらやっていると四方八方から攻められて詰みゲーとなるのであしからず。

■ グラフィック ■
戦極姫に引き続き、多くの原画家を起用しているのが特徴、そして悪い部分もそのまま継承。
原画家としては、比良里氏が立ち絵=イベント絵といった感じで一番安定していて、かん奈氏が立ち絵≦イベント絵と言う具合だが不安定感が否めない。
それ以外の方の女キャラは……基本的に立ち絵>>>イベント絵といった感じで絵師が違うんじゃないかと思えるぐらい絵が違ったりする。
これは原画師だけの問題ではなく、グラフィッカーの方の統率がとれていないのも一因として考えられる。
特に主人公の体型や肌色がイベントCGを担当している絵師やグラフィッカーによって全く違う点は多重人格では説明できない。
ちなみに、男性キャラを担当したyomi氏はなにかしら他のBLゲーの原画を担当した方がいい気がした、男キャラはかっこいいから。
とりあえず、統率とれないのに方向性の違う原画家とグラフィッカーを多数起用しているあたりこのメーカーの欠点と言える。
そして、これはシナリオとも関わりがあるが、例えば馬超のイベントでCGでは巨乳なのにシナリオでは貧乳と自称したりと、キャラの設定をきちんと周知徹底ができていないままに制作が進んだために起きたのであろう不手際が山積していて、違和感を感じずにはいられない。
全体的に立ち絵とイベント絵双方に差分が少なく、また使い回しも非常に多いため粗悪と言われても仕方のないできとなっている。
p.s.1 「ぼうなすすてえじ」はおそらく絵師が違う、がっかりするほど絵が違う。
p.s.2 とりあえずエロシーンは裸で中出しが基本 着エロとぶっかけが好きな人にはがっかりな仕様。

497 :名無しさん@初回限定:2010/12/31(金) 23:45:58 ID:MIAsgezR0
■ バグ ■
  • ソフマップ特典の卑弥呼をいれると蜀のイベントフラグが潰される
  • 銀河が登場せず1~数ターン内に必ず滅亡(1ターン目に志願兵が来るとアウト?)
  • 劉備が君主じゃなくなっていていきなり馬騰が君主になる
  • CPUが公孫賛の拠点の薊県を普通に攻めると強制終了
  • 薊県に攻め込むと強制終了(再インストールで回避可能?)
  • 特定の武将を単体で攻め込ませたら強制終了になる
  • CG100%になっても回想が100%にならない
戦極姫と比較すれば圧倒的にバグは少ないが、それはシステム面で手を抜いているからと言う考え方もできる。
発売されてから間もないのでどのようなバグが何処で起きているかは把握できていない部分もある。

過去のコメントはコチラ

タグ 姫シリーズ unicorn-aのゲーム 2010年の作品